2022年5月31日

仮想通貨アルゴランド(ALGO・Algoland)とは?将来性や購入方法、取引所を紹介!

ALGO 仮想通貨
ALGO(アルゴランド)ってどんな通貨なの?
ALGOは今後値上がりするのかなあ。

上記のような悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では仮想通貨ALGOの特徴や将来性を予測するポイントを紹介していきます。

この記事のまとめ

  • ALGO(アルゴランド)はコンセンサスアルゴリズム「PPoS」が採用されている分散型のブロックチェーン
  • 1ALGOからガバナンスに参加することができる
  • ALGOはハードフォークが起こらない設計で低コストかつ高速な処理を実現している
  • ALGOの取引に必要なビットコインを購入するのにおすすめの取引所は、Coincheck
  • Coincheckでは取引手数料無料でビットコインを購入可能

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、ALGOの特徴や購入方法がわかります。

仮想通貨(暗号資産)ALGO(アルゴランド)とは?

ALGO フリー素材

ティッカーシンボル ALGO
1​​ALGOあたりの価格 57.11円(※2022年5月執筆時点)
取り扱い開始 2019年6月23日
発行上限 100億枚

ALGO(アルゴランド)はコンセンサスアルゴリズム「PPoS」を採用しているブロックチェーンです。

これによってセキュリティの強化や処理の分散化を実現しています。

また、ALGO(アルゴランド)はプライベートチェーンが実装されており、高いセキュリティ性を誇っています。

その他、アルゴリズムの構造上ハードフォークが起こらない設計になっています。

そのため、ハードフォークによるデメリットを受けにくいブロックチェーンだと言えるでしょう。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)ALGO(アルゴランド)の特徴

ALGO(アルゴランド)の特徴として以下があります。

上記の点を押さえることで、ALGO(アルゴランド)に投資する際の指針を知ることができます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

従来のブロックチェーンの問題を解決するコンセンサスアルゴリズム「PPoS」が採用されている

ALGO(アルゴランド)の特徴として、従来のブロックチェーンの問題を解決するコンセンサスアルゴリズム「PPoS」が採用されていることがあります。

従来のブロックチェーンでは主に、PoW(Proof of Work)、PoS(Proof of Steak)というコンセンサスアルゴリズムが採用されていました。

これらのアルゴリズムでは主にセキュリティの強化、スケーラビリティ問題の解決、処理の分散化を同時に実現することができませんでした。

上記の3つを同時に実現できないことはブロックチェーン・トリレンマとも呼ばれています。

ALGO(アルゴランド)で採用されているPPoS(Pure Proof of Stake)では3つを同時に実現することが可能です。

ALGO(アルゴランド)は、ブロックチェーン・トリレンマを解決できるパブリックブロックチェーンとも言われています。

PPoSは現在の課題を解決する画期的なアルゴリズムなんですね!

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

資産を統一することで低コスト・高速な取引を実現している

ALGO(アルゴランド)の特徴として、資産を統一することで低コスト・高速な取引を実現していることがあります。

Algorand上で発行されるトークンやNFTはASA(Algorand Standard Assets)として扱われます。

資産が統一されることにより、高速かつ低価格で取引が可能になります。

また、管理がしやすくなり、開発に参加した人が発行しやすくなるというメリットもあります。

「FutureFi」を実現できる可能性がある

ALGO(アルゴランド)には、「FutureFi」を実現できる可能性があるという特徴もあります。

「FutureFi」は管理者なしですべての取引を行うことができる金融モデルのことです。

分散型金融モデルは従来型の金融モデルからの移行が難しい傾向にありました。

しかし、ALGO(アルゴランド)のブロックチェーンによって「FutureFi」が実現できれば、既存の政府や金融機関がスムーズに移行できる可能性があります。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

プライベートチェーンが用意されている

ALGO(アルゴランド)の特徴として、プライベートチェーンが用意されていることがあります。

ALGO(アルゴランド)のプライベートチェーンは「コ・チェーン(Co-Chains)」と呼ばれています。

プライベートチェーンへの参入には許可が必要です。

そのため、プライベートチェーンはセキュリティ性能が高い特徴があります。

プライベートチェーンの存在により、中央銀行など重要な重要な機関も参加しやすくなる可能性があると言えるでしょう。

1ALGOからガバナンスに参加できる

ALGO(アルゴランド)の特徴として、1ALGOからガバナンスに参加できることがあります。

ガバナンスは、運営方針などを決める仕組みのことです。従来のブロックチェーンでは、通貨の保有量などによって運営方針などを決める投票券などの制限がありました。

しかし、ALGO(アルゴランド)では1ALGOの保有でもガバナンスに参加が可能です。

このことからも、ALGO(アルゴランド)にはユーザーと共にコミュニティを改善していく理念が感じられます。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ハードフォークが発生しない

ALGO(アルゴランド)の特徴として、ハードフォークが発生しないことがあります。

ハードフォークとは、ブロックチェーンの規格の変更・更新などによってブロックチェーンが分岐することです。

ハードフォークによって、一時的に取引が停止されてしまうなどデメリットが発生する場合もあると言われています。

ALGO(アルゴランド)ではアルゴリズムの構造上、分岐しない仕組みになっています。そのため、ハードフォークによるデメリットを受けないと言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)ALGO(アルゴランド)の将来性を予想するポイント

ALGO(アルゴランド)の将来性を予想するポイントには以下があります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

政府機関によるブロックチェーン技術の利用

ALGO(アルゴランド)の将来性を考えるポイントとして、政府機関によるブロックチェーン技術の利用があります。

ALGO(アルゴランド)はブロックチェーンの構造上、さまざまな金融サービスに活用しやすい可能性があります。

そのため、国のインフラへの活用に向けて、政府機関から注目を集めています。

すでに、エルサルバドルやコロンビア、マーシャル諸島などの政府と連携が進められています。

他にもオーストラリアの企業Meld Goldでは、金を売買するための新たなプラットフォームとして、アルゴランドを活用することを採用しました。

今後も国家レベルでの活用が増えるとALGO(アルゴランド)の注目度も高まると言えるでしょう。

ALGOは海外で金融インフラ化が進められています。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

独自のエコシステム

ALGO(アルゴランド)の将来性を考えるポイントとして、独自のエコシステムがあります。

エコシステムとは、ブロックチェーンを利用して作り出された経済圏のことです。

多くの仮想通貨はイーサリアムとの互換性をもたせることで、イーサリアムの経済圏からの移行がしやすいように作られています。

一方でALGO(アルゴランド)は、イーサリアムとの互換性を持ち合わせていません。

つまり、ALGO(アルゴランド)の成長にはALGO(アルゴランド)単体でのエコシステムの拡大が鍵になると言えます。

エンジニアが参加しやすい環境

ALGO(アルゴランド)の将来性を考えるポイントとして、エンジニアが参加しやすい環境があります。

ALGO(アルゴランド)はエンジニア支援に力を入れており、オープンソース(ソースコードを公開すること)の実装などAlgorandの開発に参加しやすい仕組みを構築しています。

そのため、世界中からALGO(アルゴランド)へ参加する人が増えることで、ALGO(アルゴランド)自体の発展にも繋がる可能性があると言えるでしょう。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

イーサ・キラーとしての地位

ALGO(アルゴランド)の将来性を考えるポイントとして、イーサ・キラーとしての地位があります。

ALGO(アルゴランド)はイーサリアムに取って代わる可能性のあるブロックチェーンとして、「イーサ・キラー」とも呼称されています。

ALGO(アルゴランド)はイーサリアムと似た仕組みを持ち合わせながら、イーサリアムよりもガス代が安いことや取引速度が早いという利点があります。

しかし、イーサリアムは時価総額が2位であることや2022年の大型アップグレードなど、まだまだ期待がかかっている銘柄です。

今後のイーサリアムの動向がALGO(アルゴランド)の発展に影響する可能性があると言えるでしょう。

その他仮想通貨(暗号資産)取引所への上場

ALGO(アルゴランド)の将来性を予想するポイントとして、その他仮想通貨(暗号資産)取引所への上場があります。

ALGO(アルゴランド)は国内の取引所で取り扱いがありません。

現在は海外のみの取り扱いとなっています(※2022年5月執筆時点)。

今後新しい仮想通貨(暗号資産)取引所へ上場することでALGO(アルゴランド)の注目度も高まる可能性があるでしょう。

アルゴランド購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ALGO(アルゴランド)購入に必要なビットコイン(BTC)を購入できる取引所

コインチェック

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ​​変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • ALGO(アルゴランド)購入に必要なBTC(ビットコイン)を500円から購入できる
  • その他アルトコインも購入できる
  • 初心者でも使いやすい

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、ALGO(アルゴランド)購入に必要なBTC(ビットコイン)を500円から購入できるというメリットがあります。

少額からの購入が可能なため、いきなり多額の取引をしたくないという方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

また、Coincheckには、その他アルトコインも購入できるというメリットもあります。

Coincheckでは18銘柄(2022年5月時点)と国内最大級の銘柄数を取り扱っています。

そのため、新たに購入したい通貨が出てきた場合でもCoincheckであれば取り扱っていないという可能性は低いと言えるでしょう。

Coincheckは初めて仮想通貨を購入する方におすすめの取引所となっています。

Coincheckは手頃な価格から通貨を購入できる取引所です。

国内最多級の取り扱い通貨数!

ALGO(アルゴランド)の買い方・購入方法

Coincheckで購入したBTC(ビットコイン)を海外取引所に送金し、海外取引所でALGO(アルゴランド)を購入する手順を解説します。

下記の手順通りに進めることで比較的スムーズに購入できるでしょう。

Coincheckの必要書類に使用できるものは以下になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書(外国人の方)など

具体的な手順は以下の通りです。

Coincheckを経由したアルゴランドの購入手順

  1. Coincheckで口座開設を行う
  2. 販売所または取引所でビットコインを購入する
  3. 海外取引所の口座にビットコインを送金する
  4. 送金したビットコインを使ってALGO(アルゴランド)を購入する

国内最多級の取り扱い通貨数!

コインチェックでの口座開設の際、虚偽の情報や誤った情報を入力すると開設が遅れることがあるため、注意しましょう。

また、当サイトでは安全性の観点から海外取引所の利用を推奨していません。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。