2022年5月31日

コインチェックの取り扱い通貨・銘柄を一覧で紹介!

コインチェック 取り扱い通貨
Coincheckはビットコインの他にどの通貨を取引できるの?
Coincheckではさまざまなアルトコインも取引可能です。

Coincheckで取引できる銘柄を知りたいという方は多くいるのではないでしょうか。

この記事ではCoincheckで取り扱っている銘柄とその特徴を紹介していきます。

この記事のまとめ

  • Coincheckでは17種類もの銘柄を取引できる(2022年5月現在)
  • なお取り扱う銘柄はすべて500円相当の少額から通貨を購入することができる
  • また、Coincheckは口座開設から取引までを比較的簡単に行えることも特徴

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、Coincheckで取り扱う銘柄の種類や特徴を知ることができます。

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨一覧

通貨名 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) リスク(LSK) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) ベーシックアテンショントークン(BAT) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) モナコイン(MONA) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) オーエムジー(OMG) サンド(SAND) パレットトークン(PLT)
取引所での取り扱い
販売所での取り扱い
価格(※2022年5月執筆時点) 1BTC=3,753,918円 1ETH=251,569円 1XRP=52円 1ETC=2,577円 1XEM=6円 1LSK=146円 1LTC=8,697円 1BCH=24,116円 1BAT=48円 1XLM=16円 1QTUM=488円 1MONA=82円 1IOST=2円 1ENJ=84円 1OMG=366円 1SAND=183円 1PLT=27円
発行上限 ​​2100万枚 - 1,000億枚 210,700,000枚 8,999,999,999枚 - 8400万枚 2100万枚 15億枚 50,001,806,812枚 107,822,406枚 105,120,000枚 900億枚 10億枚 140,245,399枚 30億枚 10億枚

以下では、国内取引所の中でもコインチェックでのみ取り扱い可能(※2022年5月執筆時点)な特徴的な2銘柄を紹介していきます。

サンド

ティッカーシンボル SAND
取引所での取り扱い
販売所での取り扱い
1SANDあたりの価格 183円
(※2022年5月執筆時点)
発行上限 30億枚

SANDは、NFTゲームのThe Sandboxで利用できる仮想通貨です。

The Sandboxとは、メタバース空間で楽しめるゲームの1つです。

The Sandbox上で使用できるSANDは、2022年4月までは海外取引所のみでの取り扱いでしたが、2022年5月にCoincheckに上場したことで、知られています。

SANDを購入できる国内の取引所はCoincheckのみです!(※2022年5月執筆時点)。

国内最多級の取り扱い通貨数!

パレットトークン

ティッカーシンボル PLT
取引所での取り扱い
販売所での取り扱い
1PLTあたりの価格 27円
(※2022年5月執筆時点)
発行上限 10億枚

パレットトークンは、NFT(Non-Fungible-Token)に関連する銘柄です。

パレットトークンを利用できるプラットフォーム「Palette」は、NFTコンテンツを比較的安全に取引できることが特徴です。

今後NFTの知名度や関心が高まると、Paletteを利用するユーザーが増え、パレットトークンの価格も上昇する可能性もあるでしょう。

なお、国内取引所でパレットトークンを取引できるのはCoincheckのみのため、取引をしたい方はCoincheckで口座開設をすると良いでしょう。

国内最多級の取り扱い通貨数!

多くの銘柄を取引したいならCoincheckがおすすめ

コインチェック

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 豊富な種類(17種類)から選んで購入できる
  • 500円から仮想通貨(暗号資産)を購入できる
  • 口座開設から購入までが比較的わかりやすい

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、豊富な種類から選んで購入できるというメリットがあります。

17種類の仮想通貨から選んで購入できるため、分散投資をしやすいでしょう。

また、Coincheckには、少額から仮想通貨(暗号資産)を購入できるというメリットもあります。

500円という少額から仮想通貨に投資できるため、初心者の方でもすぐに簡単に取引できます。

こういったことから、多くの銘柄の中からご自身の選んだものを少額から購入したい方におすすめです。

Coincheckでは少額から多くの銘柄を取引できます。

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckで仮想通貨(暗号資産)を購入する方法

Coincheckで仮想通貨(暗号資産)を購入する手順について解説していきます。

下記手順通りに沿っていくと、迷わずに口座開設まで進められます。

なお、Coincheckで口座開設をする際は、以下の書類が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カードなど

Coincheckで仮想通貨(暗号資産)を購入する手順

  1. Coincheckで口座を開設する
  2. 各種重要事項の確認をする
  3. 電話番号の認証(SMS認証)をする
  4. 必要事項を入力する
  5. 本人確認書類を提出する

Coincheckで口座を開設するためには、メールアドレスとパスワードが必要です。

ブラウザからはもちろん、スマートフォンのアプリからもアカウント登録や本人確認などの手続きが行えます。

また、現在は20歳未満の方や75歳以上の方、海外に住んでいる方は登録できないので注意してください。

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckの取り扱い銘柄についてよくある質問

取引所で売買できる銘柄は?

Coincheckの取引所取引で売買できる銘柄は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • パレットトークン(PLT)

取引手数料はいくら?

Coincheckの取引手数料は以下の通りです。

販売所 ・取引手数料:無料
・手数料相当額:0.1〜5.0%
取引所 Taker 手数料:0.000 %
Maker 手数料: 0.000 %

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。