2022年11月20日

【11月最新】ビットコイン・仮想通貨の今後はどうなる?どこまで上がるか5年後・10年後の将来性・展望を予測!

仮想通貨今後
仮想通貨の今後について知りたいです!
今後仮想通貨(暗号資産)が伸びる理由なんかも知りたいですね!

この記事では仮想通貨(暗号資産)の今後の価格や将来的に伸びていくとされる理由、おすすめの取引所について解説していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨(暗号資産)はAIや著名人によって今後も価格が上昇していくと予想されている
  • 決済手段として利用されるなど、需要も増加している
  • ビットコイン連動型ETFなど金融市場にも取り入れられている
  • 仮想通貨(暗号資産)の購入はCoincheckがおすすめ
  • Coincheck500円からビットコイン(BTC)を購入できるため初心者でも始めやすい

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

この記事を最後まで読むことで、仮想通貨(暗号資産)の今後の価格や将来性、おすすめの取引所がわかります。

また、上記以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ15選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの今後はどうなる?価格・展望・見通しを予想!

ビットコイン(BTC)の今後の予想として、以下のものがあります。

ビットコイン(BTC)の今後の予想

ビットコイン(BTC)の今後の予想を知ることにより、より具体的に投資計画を立てられます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

AI・格付け機関による予想

ビットコイン(BTC)の今後の予想として、AI・格付け機関による予想があります。

AIによるビットコインの予想は、以下の通りです。

Coin Price Forecas Digitalcoin Wallet Investor
2022年 41,818ドル 54,992.13ドル 44895.70ドル
2023年 43,836ドル 60,760.24ドル 58004.40ドル
2024年 63,365ドル 62,018.38ドル 79798.90ドル
2025年 78,538ドル 76,728.41ドル 102,120ドル
2026年 96,111ドル 73,992ドル 124,242ドル
2027年 113,332ドル 93,351.13ドル 146,355ドル

参照:Coin Price ForecasDigitalcoinWallet Investor

上記からわかる通り、価格は上昇し続けるとAIでは予想されています。

2027年にはCoin Price Forecasの予想では113,332ドル(約1,470万円)、Digitalcoinによる予想では93,351.13ドル(約1億2,135万円))、Wallet Investorでは146,355ドル(約1,900万円)に到達すると予想されています(※為替レートは2022年4月執筆時点)。

ただし、変動によって一時的に予想よりも価格が低くなることがあるので注意が必要です。

長期的な見立てでは今後価格が上昇していくと見込まれていますね!

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

著名人による予想

ビットコイン(BTC)の今後の予想として、著名人による予想があります。

著名人の予想は、以下の通りです。

有識者 肩書き 予想内容
Thomas J. Lee Fundstrat Global Advisors共同創業者、機関投資家 2022年には20万ドルに達する可能性があると予想している
Michael J. Saylor MicroStrategy社CEO ビットコインの価格は最終的に1000万ドルになると予想している
Catherine Duddy Wood ARK Investment Managementの創設者兼投資家 今後の5年間でビットコインの価格は50万ドルに到達すると予想している

上記からわかる通り、ほとんどの有識者がビットコインの価格が今後上昇すると予想しています。

ただし、長い目で見た場合の価格予想である場合が多いため、短期間での予想については不明確な部分もあります。

ビットコイン(BTC)は今後伸びしろがあるとされる根拠

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠として、以下のようなものがあります。

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠を知ることにより、より具体的に投資計画を立てられます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

最大発行枚数が決められている

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠は、最大発行枚数が決められているためです。

ビットコイン(BTC)の最大の発行上限は、2,100万BTCと決められています。仮想通貨(暗号資産)は、発行枚数が多くなると希少性の観点から価値が目減りしやすい点が特徴の1つです。

しかし、発行上限が定められているビットコイン(BTC)は、希少性の観点から価格が下落しにくいと考えることができます。

ただし、その他の外的要因によって価値が下がる場合があるので、必ずしも価値が下がらないという訳ではありません。

発行枚数が一定数に決められています。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

他サービスへ幅広く活用されている

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠は、他サービスへ幅広く活用されているためです。

ビットコイン(BTC)で支払いができる国内サービスの例は、以下の通りです。

  • ビックカメラ
  • IMB
  • CAMPFIRE
  • LINE
  • スターバックス
  • ソフマップ
  • 楽天
  • リクルート
  • ペイパル
  • メルカリ(※予定)

上記からわかる通り、大手企業がビットコイン(BTC)を導入しています。今後連携サービスが増えると、ビットコイン(BTC)の需要も増える可能性があります。

2022年7月時点では、大手会計事務所のデロイトがNYDIG(金融サービス会社)と提携して、ビットコインの普及を進めていくというニュースもありました。

大手会計事務所のデロイトは、市場の低迷が続く中、ビットコイン(BTC)に対する本気度を高めており、BTCの導入を促進するための大規模なイニシアチブを立ち上げた。

ただし、一般に広く普及するかは定かではありません。まだまだ一般社会では、仮想通貨は浸透しているとは言いにくいため、今後の展開をよく確認しておく必要があります。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

少額投資が可能なため市場参加者が増えやすい

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠には、少額投資が可能なため市場参加者が増えやすいこともあります。

国内取引所におけるビットコイン(BTC)の最少購入額は以下の通りです。

取引所 最少購入額
Coincheck ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
GMOコイン ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00001BTC
bitFlyer ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
DMM Bitcoin 販売所:0.0001BTC

例えばコインチェックでは、ビットコイン(BTC)は500円または0.0001BTC(1BTC=500万円の場合約500円)から購入可能です。

そのため、まとまった資金を持っていなくてもビットコイン(BTC)を購入することが可能です。

無理のない範囲でビットコイン(BTC)を購入できるのはありがたいですね!

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

ビットコイン連動型ETFへの期待が高まっている

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠は、ビットコイン連動型ETFへの期待も考えられます。

ビットコイン連動型ETFは、ビットコイン(BTC)の価格変動と連動して値が動く上場投資信託です。現在は先物取引のETFのみ、アメリカやカナダで承認されています。

今後承認が増えていけば、ビットコイン(BTC)そのものの信用度が高くなる可能性があります。また、大きなお金がビットコイン(BTC)に投資されやすくなるため、価格が大きく動く可能性もあります。

ビットコイン連動型ETFの承認はビットコイン(BTC)の今後を左右する大きなポイントと言えるでしょう。

法定通貨として導入され始めている

ビットコイン(BTC)は、法定通貨として導入され始めていることも期待できる点の1つです。

2021年にエルサルバドルにて、ビットコイン(BTC)が法定通貨化されました。

エルサルバドルは中南米に位置する国で、法定通貨化された際には、1人当たり3,000円相当のビットコイン(BTC)が配布され、エルサルバドル国内で使用されています。

今後も法定通貨化されると、ビットコイン(BTC)の信用度も高まる可能性があります。エルサルバドルで法定通貨に導入された際には、ビットコイン(BTC)の価格が高まり、関心を集めました。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)界隈の基軸通貨の地位を確立している

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠は、仮想通貨(暗号資産)界隈の基軸通貨の地位を確立しているためです。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨(暗号資産)において時価総額がトップです(※2022年4月執筆時点)。

そのため、仮想通貨といえばビットコイン(BTC)というイメージも強く、仮想通貨取引を始めたい初心者の方にも比較的聞き覚えがあることが想像できます。

現在もアルトコイン購入のためにビットコイン(BTC)が必要な場合があるなど、仮想通貨(暗号資産)界の基軸通貨とも言えます。そのため、今後も一定の需要があると考えられます。

ライトニングネットワークの搭載によって関心を集めている

ビットコイン(BTC)は、ライトニングネットワークの搭載によって関心を集めていることも見逃せません。

ライトニングネットワークとは、オフチェーンで取引が行われる送金方法になります。

オフチェーンで取引が行われると送金速度が改善されたり、ロットの小さい決済にも対応できたりなどのメリットがあります。

ビットコイン(BTC)の利便性向上によって、さらに実店舗の取引などでも活用されていく可能性があります。

そのようになった場合、仮想通貨が電子マネーなどのキャッシュレス決済のように、一般社会に浸透していく可能性もあると言えるでしょう。

技術的な発展だけでなく、その後の需要にも注目していきたいですね。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

半減期で価値が高まる場合がある

ビットコイン(BTC)が今後伸びしろがあるとされる根拠は、半減期で価値が高まる場合があるためです。

半減期とは、マイニングの報酬として新しく発行されるビットコイン(BTC)が半分に減ることです。

新規発行数が半分に減ると希少性が高まる傾向にあるため、価格が上昇しやすいと言われています。

具体的にビットコイン(BTC)では、半減期は約4年に1回のペースで訪れており、今後、訪れる半減期でも価格が上昇する可能性があるでしょう。

なお、半減期はある程度価格の予想がしやすく、多くの人が投資する機会があると言えます。

ビットコイン(BTC)は急落するに将来性はないとする根拠

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠として、以下のものがあります。

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠を知ることにより、投資する際のデメリットや注意点について確認できます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

価格が安定しづらい

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠として、価格が安定しづらいことがあります。

価格が安定しづらい点について、以下のポイントがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仮想通貨(暗号資産)バブル

価格が安定しづらいポイントとして、仮想通貨(暗号資産)バブルがあります。

例えば2017~8年などにビットコイン(BTC)の価格が高騰した際に、ビットコイン(BTC)バブルと呼ばれました。

ビットコイン(BTC)バブルが起こった要因としては、アメリカの先物取引所がビットコインを取り扱い始めたことなどが挙げられています。

今後も、さまざまな外的要因によって大きく価格が上がる可能性があるので、世界の情勢を把握しておく必要があります。

なお、「バブルが弾ける」という言い方もあるように、高騰した後価格が急落するケースも考えられるため、注意が必要です。

高騰時も注意しながらビットコイン(BTC)を購入していくと良いですね!

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

大口売り

価格が安定しづらいポイントとして、大口売りがあることです。

ビットコイン(BTC)を大量に保有している人が、利益確定のために売却する可能性があります。

ビットコイン(BTC)の市場に出回っている量のうちの多くは、上位数%の人々によって保有されていると言われています。大量保有者の売却は、価格の下落要因になる可能性があるでしょう。

大量保有者の動向をできるだけチェックしておく必要があります。

著名人の影響力

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠は、著名人の影響力があることです。

ビットコイン(BTC)の価格は、著名人の発言によって変動する傾向にあります。代表的な例として、イーロン・マスク氏の発言が挙げられます。

テスラ社のCEOである彼の環境問題を危惧する発言によって、2021年5月からはビットコイン(BTC)の価格が下降傾向に変わりました。

著名人1人の発言によって、価格が左右される可能性があるため、ビットコイン(BTC)は不安定とも言えます。

今後も著名人が揃ってビットコイン(BTC)のネガティブな発言をした場合には、価格が大きく下落する場合もあるでしょう。

サイバー攻撃の対象になりやすい

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠は、サイバー攻撃の対象になりやすいためです。

ビットコイン(BTC)は、過去にもハッキングの被害を受けてきました。2016年には香港の仮想通貨取引所において、数万件ものビットコイン(BTC)がハッキングによって盗まれ、犯人が逮捕されています。

ハッキングを受けることで、ビットコイン(BTC)の信用が落ちる傾向にあり、価格が大きく変動する可能性があります。

ただし、ハッキングは、ビットコイン(BTC)そのものの問題ではなく、取引所の問題でもあると言えます。そのため、安全性の高い取引所を選択する必要もあると言えるでしょう。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

規制が強化される可能性がある

ビットコイン(BTC)は、規制が強化される可能性があることも懸念点です。

各国の仮想通貨(暗号資産)に対するスタンスについて、以下にまとめました。

国名 規制内容
日本 ・仮想通貨(暗号資産)取引業者は金融庁の認可が必要である
・レバレッジは最大で2倍まで
アメリカ ・ビットコイン(BTC)ETFが承認されるなど徐々に受けいれられつつある(※先物のみで、現物は非承認)
・米連邦準備制度理事会(FRB)や通貨監督庁(OCC)などは1.5兆ドル規模の規制について協議している
中国 ・金融機関へ仮想通貨(暗号資産)の取り扱いを禁止している
韓国 ・違法取引を取り締まるための法整備を検討中
・過去には韓国内に存在する取引所をすべて閉鎖すると発表したこともある

上記からわかる通り、仮想通貨(暗号資産)に対するスタンスはさまざまです。

今後、規制が強化されれば、ビットコイン(BTC)の価格も暴落する可能性があります。

ビットコイン(BTC)規制に関するニュースはチェックしておくと良いですね。

技術的な課題が残っている

ビットコイン(BTC)に将来性はないとする根拠は、技術的な課題が残っているためです。

ビットコイン(BTC)の技術的な課題として、スケーラビリティ問題が挙げられます。スケーラビリティ問題とは、取引するユーザーの過密度合いと取引速度に関する課題です。

仮想通貨で現在使われている技術では、1つのブロックに書き込める取引データが限られているため、取引量が大量になってしまうと、取引速度が遅くなってしまいます。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の中でも取引量が多いため、スケーラビリティ問題がネックであると言えます。

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)を今後購入できる取引所

Coincheck DMM Bitcoin
コインチェック DMM Bitcoin
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・取引所:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 17種類 24種類
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制 無料
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印

Coincheck

​​コインチェック

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 500円からビットコイン(BTC)を購入できる
  • その他取り扱い通貨数が国内トップクラスである
  • 取引所の信頼性が高い

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、500円からビットコイン(BTC)を購入できるというメリットがあります。少額の500円から仮想通貨取引ができるため、取引をしたことがない初心者の方でもすぐに簡単に始められます。

また、Coincheckには、その他取り扱い通貨数が国内トップクラスであるというメリットもあります。国内トップクラスの17種類の仮想通貨を取り扱っているため、さまざまな仮想通貨に分散して投資することも可能です。

こういったことから、Coincheckは少額からビットコイン(BTC)を購入したい方や、リスク分散のため複数の仮想通貨に投資したい方におすすめです。

少額からビットコイン(BTC)を購入できるのは初心者向けとも言えますね!

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

また、コインチェックについてさらに詳しく知りたい方は「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 24種類
取引手数料(BTC) ・取引所:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.0001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • Bitmatch取引によりビットコイン(BTC)の取引手数料を抑えやすい
  • ビットコイン(BTC)購入に必要な日本円の入出金手数料が無料である
  • 365日サポートが受けられる

口座開設で全員が2,000円もらえる!(※)

※2023年2月1日6:59まで

DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、Bitmatch取引によりビットコイン(BTC)がお得に購入しやすいというメリットがあります。

取引方法のわかりやすいBitMatch形式での実質的なコストを抑えやすいため、仮想通貨取引を今後始めたい方にもおすすめです。

また、DMM Bitcoinには、ビットコイン(BTC)購入に必要な日本円の入出金手数料が無料であるというメリットもあります。

入出金手数料が無料なため、初心者の方でも手数料を気にせずに安心して取引を始めやすいでしょう。

こういったことから、DMM Bitcoinは初めてビットコイン(BTC)を購入する方におすすめです。

投資に慣れてきた方であればDMM Bitcoinを利用してレバレッジ取引をするのも良いでしょう。

口座開設で全員が2,000円もらえる!(※)

※2023年2月1日6:59まで

また、DMM Bitcoinについてさらに詳しく知りたい方は「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

bitFlyer

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0004(BTC)
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC

bitFlyerのメリット!

  • ビットコイン(BTC)の取引量が国内トップクラスである
  • ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能である
  • メガバンクが出資している安心感がある

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyerには、ビットコイン(BTC)の取引量が国内トップクラスであるというメリットがあります。取引量が国内トップクラスであるため、初心者の方でも仮想通貨取引にすぐにチャレンジできるでしょう。

また、bitFlyerには、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能であるというメリットもあります。レバレッジ取引ができるため、仮想通貨に投資できる金額が少額であっても、大きな利益を狙うこともできます。

こういったことから、bitFlyerは取引量の多い取引所でビットコイン(BTC)を購入したい方におすすめです。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

なお、bitFlyerについてさらに詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設手順|新規登録方法や申し込み時の本人確認書類も解説」や「bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミは?メリット・デメリットも紹介!」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)についてよくある質問

ビットコイン(BTC)は5年後、10年後はどうなる?

AIによる、ビットコイン(BTC)の5年後、10年後の予想価格は以下の通りです。

Coin Price Forecas Digitalcoin Wallet Investor
2022年 41,818ドル 54,992.13ドル 44895.70ドル
2027年 113,332ドル 93,351.13ドル 146,355ドル
2032年 112,963ドル - -

参照:Coin Price ForecasDigitalcoinWallet Investor
ただし、予想価格ははずれる場合もあり、予想価格に到達する前に大きく変動する場合もあるので、投資は自己責任で行いましょう。

ビットコイン(BTC)の将来の時価総額は?

ビットコイン(BTC)の現在の時価総額は¥98,278,316,048,198です。(※2022年4月執筆時点)

AIや格付け機関、著名人による予想ではビットコイン(BTC)の価格は上昇すると予想されています。そのため、今後新規発行や価格変動によって時価総額も大きく変動していく可能性があります。

ただし、長い目で見た場合の価格予想である場合が多いので、ビットコイン(BTC)への投資は計画性を持って行いましょう。

今後ビットコインを購入できる取引所を見てみる

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)