2022年7月12日

メタバースの始め方・やり方|必要なもの・機材などを初心者向けに解説!

メアバース 始め方
メタバースはどうやって始めるの?
メタバースで利用する通貨を購入できる取引所を知りたい!

メタバースに興味があるけど、始め方がわからいという方は多いのではないでしょうか。

この記事ではメタバースを始める手順や、メタバースで利用できる通貨を購入できる取引所について解説していきます。

この記事のポイント

  • メタバースサービスによって利用する通貨が異なる
  • 国内で購入できるメタバース関連の通貨には、サンド(SAND)エンジンコイン(ENJ)などがある
  • メタバースサービスによっては国内取引所で完結させることができるものもある
  • Metamaskへの登録、送金、サービスとの連携でメタバースを始められる
  • メタバースで利用する通貨を購入するのにおすすめの取引所は、Coincheck
  • Coincheckでは、メタバースを始めるのに必要な通貨をわかりやすいアプリで簡単に購入できる

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

この記事を最後まで読むことで、メタバースの始め方がわかります。

メタバースとは?

メタバースとは仮想空間のことで、その仮想空間内は自身のアバターで動き回ることが可能です。

仮想空間内を自身のアバターで自由に動けることから、昨今はテレワークの際の会社のオフィスとして利用されるなどの例があります。

また、企業が販売店舗をメタバース内に出店するなど、実世界のような楽しみ方ができるようになってきています。

メタバースを始めるのに便利な取引所を見てみる

また、メタバースについて詳しく知りたい方は「メタバースとは?関連する仮想通貨銘柄も一覧で紹介!」も参考にしてください。

メタバースの始め方・やり方|初心者向けに解説!

ここからはメタバースの始め方を解説していきます。

今回は、国内取引所を利用する始め方はCoincheckを例に説明します。

利用するメタバースサービスによっては国内で完結する場合と海外取引所を利用する必要がある場合があるため、事前に確認するようにしましょう。

メタバースを始める手順

  1. 取引所の口座開設に必要なものを準備する
  2. スマホで国内取引所の口座開設を行う
  3. メタバースで利用する仮想通貨を購入する
  4. Metamaskに登録し、購入した通貨を送金する
  5. 利用したいメタバースサービスを始める

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

取引所の口座開設に必要なものを準備する

まず、国内取引所の口座開設に必要な書類などを準備する必要があります。

口座の開設には本人確認書類が必要です。

Coincheckにおいて本人確認書類として利用できる書類の例を以下にまとめました。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

手元に必要書類がない場合は開設できないので、事前に準備しておきましょう。

事前に準備しておくことでスムーズに手続きを進められます!

メタバースを始めるのに便利な取引所を見てみる

スマホで国内取引所の口座開設を行う

書類を準備したら、Coincheckの口座を開設します。

スマホアプリをダウンロードし、必要事項を入力してアカウント登録を済ませます。

コインチェック入力画面

出典:https://coincheck.com/ja/

次に、本人確認を行い、必要な情報を入力しましょう。

最後に本人確認書類の提出と、二段階認証設定をして開設完了です。

口座開設の際、虚偽の情報の入力や入力情報に間違いがあると、開設が遅れる可能性があるため注意するようにしましょう。

メタバースで利用する仮想通貨(暗号資産)を購入する

口座開設が完了したら、いよいよメタバースで利用する仮想通貨を購入していきます。

利用したいサービスによって使用する仮想通貨は変わるため、事前に何が必要か確認しておきましょう。

国内取引所で購入できるものもあれば、海外取引所でしか取り扱っていない通貨が必要なメタバースサービスもあります。

今回は国内・海外それぞれのパターンで解説していきます。

利用したいサービスによって通貨が異なるので、注意しましょう。

メタバースで利用する仮想通貨を購入する手順

  1. 国内取引所の場合
  2. 海外取引所の場合

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

国内取引所の場合

Coincheckの口座開設が完了したら、メタバースを始めるのに必要な通貨を購入する必要があります。

国内取引所で購入できるメタバース関連の通貨には、サンド(SAND)やエンジンコイン(ENJ)などがあります。

この時、自身の利用したいメタバースサービスで使用する通貨を購入するようにしましょう。

例えばコインチェックでは、The Sandbox内で利用できるLANDをCoincheck NFT β版で取り扱い可能です。

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

海外取引所の場合

まず、自身が取引したい通貨を扱っている海外取引所の口座を開設します。

口座開設が完了したら、国内取引所で購入した通貨を海外取引所の口座に送金しましょう。

送金した通貨を用いてメタバースを始めるのに必要な仮想通貨を購入します。

ただし、海外取引所は安全性の観点から当サイトではおすすめしていません。

メタバースを始めるのに便利な取引所を見てみる

Metamaskに登録し、購入した通貨を送金する

利用したい仮想通貨を購入したら、仮想通貨ウォレット「Metmask」アプリをダウンロードします。

ダウンロードが済んだら、アプリの案内に従ってパスワードとシードフレーズを登録しましょう。

ウォレットを利用できるようになったら購入した通貨を送金します。

ウォレット利用前に入力するシードフレーズは資産を守るために必要な重要なものなので大切に保管するようにしましょう。

利用したいメタバースサービスを始める

Metamaskへの送金が完了したら、利用したいメタバースサービスと連携しましょう。

連携することでメタバース内でMetamaskウォレットを利用することが可能です。

Metamaskの連携が完了したら、メタバース内でアイテムなどを購入ができるようになります。

これでメタバースを始めることができます。

メタバースを始めるのに便利な取引所を見てみる

なお、NFTの買い方についてさらに詳しく知りたい方は「NFTの買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

メタバースを始めるのに必要な通貨を購入できる取引所

コインチェック
取り扱い銘柄数 17種類
メタバースに関する特徴 サンド(SAND)やエンジンコイン(ENJ)など、メタバースで利用できる通貨が購入できる
取引手数料(ENJ) ・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料(ENJ) 30ENJ
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円

Coincheckのメリット!

  • サンド(SAND)やエンジンコイン(ENJ)などメタバース関連の通貨が購入可能
  • セキュリティ体制が整っている
  • 17種類もの通貨を取引できる

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、サンド(SAND)やエンジンコイン(ENJ)などメタバース関連の通貨が購入可能というメリットがあります。

そのため、これらの通貨が対応したメタバースサービスを始めたい方にはおすすめの取引所となっています。

また、Coincheckにはセキュリティ体制が整っているというメリットもあります。

CoincheckではSSL暗号化通信やマルチシグ、コールドウォレットなどさまざまなセキュリティ対策を講じています。

そのため、セキュリティ対策の豊富な取引所で取引したい方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

Coincheckはサンド(SAND)やエンジンコイン(ENJ)などメタバースで利用できる通貨をセキュリティレベルの高い取引所で購入したい方におすすめの取引所です。

Coincheckではサンドを購入できます。

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

また、Coincheckについて詳しく知りたい方は、「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

メタバースの始め方に関してよくある質問

メタバースは無料で始められる?

メタバースは無料で始められるものもあります。

ただし、メタバース空間で使用する仮想通貨は購入する必要がある場合が多いです。

そのため、関連する仮想通貨を一切保有していない場合は、一定の初期費用が必要になることは覚えておきましょう。

メタバースを始めるのに必要な機材・ものは?

メタバースを始める際は、以下のものが必要になります。

  • Metamask
  • パソコン(VRに対応しているもの)
  • 仮想通貨取引所の口座
  • VRゴーグル

パソコンはVR対応のものが必要で、高性能の方が快適にプレイできる可能性が高いです。

また、メタバース空間内のアイテムなどは基本的に仮想通貨で購入するため、取引所の口座は必須になることも覚えておきましょう。

メタバースを始めるのに便利な取引所を見てみる

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。