2022年6月8日

仮想通貨FLOW (フロー)とは?購入できる取引所や買い方、将来性を解説!

仮想通貨フロー
FLOWってどんな仮想通貨なの?
FLOWの今後の将来性も知りたいですよね!

この記事ではFLOWの特徴や今後の将来性、買い方などを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • FLOWは、ダッパー・ラボ社が開発したブロックチェーン
  • FLOWは、ブロックチェーンの性能が高いことやNFT銘柄として知られていることが特徴
  • 今後は、ロックアップが解除されるタイミングNFT分野の注目度などで価格に影響がある可能性がある
  • また、国内取引所への新規上場も今後の将来性に関わってくる
  • FLOW購入に必要なビットコインを購入するなら「Coincheck
  • Coincheckは、ビットコインを取引手数料無料で購入することができる

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、FLOWについて理解を深められるでしょう。

また、FLOW以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

FLOW(フロー/フロウ)とは?発行枚数や時価総額を紹介!

ティッカーシンボル FLOW
1FLOWあたりの価格 約725円(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2021年1月27日
発行上限 -

FLOWは、ブロックチェーンゲームの開発などで有名なダッパー・ラボ社が開発した通貨です。

この通貨には、ブロックチェーン技術の性能が高いというメリットがあります。シャーディングを必要としないため、処理速度が速いのが特徴です。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

FLOW(フロー/フロウ)の特徴5選

FLOW(フロー/フロウ)には、以下の特徴があります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ダッパー・ラボ社が開発したブロックチェーンである

FLOW(フロー/フロウ)は、ダッパー・ラボ社が開発したブロックチェーンです。

FLOWを開発しているダッパー・ラボ社(Dapper labs)は、さまざまなNFTゲームやそれに付随するアプリなどを提供しています。

例えば、クリプトキティなどの人気NFTゲームをリリースしたり、スペインのサッカーリーグ「LaLiga」と協力し、マーケットプレイスを提供したりしています。

利用者と開発者の双方の利益を追求しているという特徴もあります。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ブロックチェーン技術の性能が高い

FLOW(フロー/フロウ)は、ブロックチェーン技術の性能が高いことも特徴です。以下の2点においてFLOWのブロックチェーンは優れています。

ブロックチェーン技術の性能

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

シャーディングが不要である

FLOW(フロー/フロウ)は、シャーディングが不要です。

シャーディングとは、処理を分散し、その際の負担を軽減することが目的の手法です。

シャーディングは、処理の負荷が集中してしまい不具合が起こる「スケーラビリティ問題」の解決方法として、関心を集めています。

シャーディングを利用すると、処理速度が早くなる一方、エラーが発生しやすくなるというデメリットがあるのが特徴です。

FLOWはシャーディングとは異なる方法で、処理の効率化を実現しているため、シャーディングが必要ありません。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

処理速度が速い

処理速度が速いことも、FLOW(フロー/フロウ)の特徴です。

FLOWはデータベースの負荷軽減のために、4つの工程に作業を分類してデータ処理を行なっています。

FLOWは作業の工程を「Collection」「Consensus」「Execution」「Verification」に分けて処理を行います。

上記の手法で、通常よりもスピーディな決済処理が可能であり、従来と比較にならない早さでのデータ処理が実現可能とされています。

4つの工程に分類する仕組みなのですね!

利用者と開発者どちらにもメリットがある

FLOW(フロー/フロウ)には、利用者と開発者どちらにもメリットがあります。

それぞれの立場からのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

利用者のメリット

FLOWは、利用者にとって安全で安定した取引が可能というメリットがあります。

悪質なアプリなどから、利用者を保護するセキュリティシステムを導入しているため、利用者は安心して利用しやすいです。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

開発者のメリット

開発者には、開発に参入しやすいこというメリットがあります。

比較的容易な開発言語であるケイデンスが採用されており、開発の参入障壁が低い傾向にあります。

また、ソフトウェア開発に必要な要素がわかりやすくまとまったもの(SDK)の存在により、開発者は、より参入しやすい環境と言えるでしょう。

このようにFLOWには開発者にもメリットの多いブロックチェーンです。

NFT関連銘柄である

FLOWは、NFT関連銘柄です。

NFTとは、ブロックチェーン技術を利用して、代替不可能な唯一性のあるトークンのことです。

近年NFTは、ゲームやトレーディングカードをはじめ、美術品・アートなど多くの分野で関心を高めています。

NFTの注目度が高まることで、FLOWはNFT関連銘柄として相対的に注目を集める可能性もあるでしょう。

NFT銘柄として今後が期待できますね!

ステーブルコインをリリースしている

FLOW(フロー/フロウ)は、ステーブルコインをリリースしています。

FLOWでは、FUSDと呼ばれるステーブルコインを発行しています。

ステーブルコインとは、一定の安定した価格で決済を実現させるための通貨のことです。

FLOWでは、このステーブルコインを発行することでFLOWプラットフォームにおける経済圏に参加できない人への対策を講じることもできました。

なお、ステーブルコインは価格の安定が最大の目的のため、投資ではなく決済通貨としての利用が一般的です。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

FLOW(フロー/フロウ)に将来性はある?今後を左右するポイント

FLOW(フロー/フロウ)の今後を左右するポイントには、以下があります。

上記を知ることで、FLOWの将来性について予想することができるでしょう。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ロックアップが解除・アンロックされた際の売却

FLOW(フロー/フロウ)の今後を左右するポイントには、ロックアップが解除・アンロックされた際の売却があります。

ロックアップとは、開発・発行した企業が意図的に売却をしないことです(※一時的)。

ロックアップでは、上場前に保有していた者も取引を制限されるため、アンロック後に一気に売却され価格が下落する可能性があります。

ロックアップの解除時には価格が下落する可能性があるため、注意する必要があります。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ブロックチェーンを活用したNFTへの注目

FLOW(フロー/フロウ)の今後を左右するポイントには、ブロックチェーンを活用したNFTへの注目があると言えます。

先述の通り、FLOW(フロー/フロウ)は、NFT銘柄として注目されている銘柄の1つです。

例えば、人気なNFTゲームの代表的な例として「クリプトキティ」があります。このゲームは、FLOWを開発したダッパーラボ社が開発したゲームです。

現在このゲームはイーサリアムのブロックチェーン上にありますが、FLOWのブロックチェーン上に移行することで、FLOWの注目度が上がる可能性もあります。

また、上記に限らずNFT業界全体への注目度が高まることで、関連銘柄であるFLOWの価格が上昇する可能性もあり得るでしょう。

日本の取引所への上場

FLOW(フロー/フロウ)の今後を左右するポイントには、日本の取引所への上場もあります。日本では、現在FLOWを取り扱っている取引所はありません(※2022年3月執筆時点)。

そのため、日本国内での知名度は、比較的低いと言えるでしょう。今後、国内の取引所で上場されれば知名度が上がり、価格が上昇する可能性があると言えます。

国内での上場などの情報はいち早くキャッチアップすると良いでしょう。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

FLOW(フロー/フロウ)のこれまでの価格は?チャートで分析!


FLOWは、2021年8月末に約28ドルの高値をつけてから、下落傾向にあります。また、2022年1月に底値を記録した後、ゆるやかに上昇し、3月執筆時点では6~7ドル程度で落ち着いています。

今後、FLOWの認知が進み、取り扱い取引所が増えることで値上がりしていく可能性もあると言えます。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

FLOW(フロー/フロウ)購入に必要な通貨を買える取引所

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、FLOW購入に必要なビットコインが取引手数料無料で購入できるというメリットがあります。

手数料無料で購入できるため、購入に必要な費用を抑えてFLOWを手に入れることができるでしょう。

またこの取引所には、取り扱い通貨が17種類とビットコイン以外の通貨の取り扱いも充実しているというメリットもあります。(※2022年3月時点)

ビットコイン以外の取引をしたい場合にも多くの銘柄から選択できるため、他の銘柄も購入してたい方におすすめです。

FLOWを購入する際に必要なビットコインを手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

国内最多級の取り扱い通貨数!

FLOW(フロー/フロウ)の具体的な購入方法・買い方の手順

FLOW(フロー/フロウ)の具体的な購入方法・買い方の手順は、以下の通りです。

FLOW(フロー/フロウ)の具体的な購入方法・買い方の手順

  1. 国内取引所の口座を開設する
  2. 円を入金してビットコインを購入する
  3. 海外の取引所の口座にビットコインを送金する
  4. ビットコインでFLOWを購入する

まず、FLOWを購入する場合国内取引所の口座を開設する必要があります。口座を開設したら、ビットコインを購入します。

次に、FLOWを取り扱う海外取引所にビットコインを送金して、FLOWを購入できます。

ただし、海外の取引所は金融庁の認可を得られていないため、推奨しません。

FLOW購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

また、FLOWの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。