2022年6月8日

仮想通貨IOTAとは?将来性や購入方法・買い方、取引所を紹介!

仮想通貨IOTA
IOTA(アイオタ)ってどんな仮想通貨?
IOTA(アイオタ)の特徴や将来性も気になりますよね

この記事では、アイオタの特徴や今後について紹介しています。

まだアイオタについてよく知らない方も、記事を最後まで読むことで理解を深めることができます。

この記事のまとめ

  • IOTA(アイオタ)はブロックチェーン技術を用いていない仮想通貨
  • アイオタは多くの大手企業と共同でIoT開発を行っている
  • アイオタは送金時の手数料が無料
  • アイオタの購入の際は、国内取引所でビットコインを購入し、そのコインを使って海外取引所で購入する方法がある
  • アイオタ購入用のビットコインを買うなら「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckならビットコインを取引手数料無料の取引所形式で購入可能

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、アイオタの特徴がわかります。

また、アイオタ以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)IOTA(アイオタ)とは?特徴を紹介!

ティッカーシンボル MIOTA
1MIOTAあたりの価格 約89円(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2016年7月
発行上限 約27.8億枚(※ただし、1単位あたり100万枚として扱われる)

アイオタはブロックチェーンを用いておらず、IoT化において強みのあるのが特徴的な仮想通貨です。

アイオタの個別の特徴としては、以下のような例があります。

それぞれの特徴を把握することで、アイオタについてより理解を深められるでしょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ブロックチェーン技術を用いていない

アイオタの特徴として、ブロックチェーン技術を用いていない点があります。そして、その影響としては以下のような内容があります。

両方のポイントを確認することで、アイオタの技術について詳しく理解することができます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

トランザクションを早く処理できる

アイオタはブロックチェーン技術を用いていないことで、トランザクションの処理を早めています。

トランザクションとは仮想通貨取引に関する用語で、取引に関連した一連の処理のことを指します。

アイオタはブロックチェーン技術を用いない代わりに、ブロックチェーン技術を利用した独自技術「Tangle」(独自の分散型台帳)を使用しています。

この「Tangle」を利用することで、マイナーを介さないトランザクションの処理を実現しています。

アイオタではこのトランザクションの承認を取引者が行うため、高速かつマイニング不要の取引が実現しています。

マイニング不要は、アイオタの大きな特徴と言えますね。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ハッキングなどによる影響が大きくなる傾向がある

ハッキングなどの影響が大きくなる傾向がある点も、ブロックチェーン技術を使用していないことによる影響としては無視できません。

アイオタの仕組みでは、「コーディネーター」が取引内容を確認する役目を担っています。

そのため、もし仮にハッキングによりコーディネーターが停止すると取引全体の遅滞が発生する可能性があります。

もちろん、一概にTangleが危険なものであるということではありません。

しかし、Tangleは比較的新しい技術であるため、システムの欠陥などに関してまだ明確ではない部分があることも否めない点には注意を払う必要があるでしょう。

多くの大手企業とIoT開発を進めている

多くの大手企業とIoT開発を進めている点もアイオタの強みであると言えるでしょう。

アイオタは、世界中のIoTシーンで利用されることを目標としています。

そのため、すでに数多くの企業と協力してIoTの開発体制を進めています。そして、中には世界的に有名な大企業も存在しています。

次のような企業は、その一例です。

アイオタと協力している企業の例

  • フォルクスワーゲン社
  • マイクロソフト社
  • 富士通株式会社

いずれも名実ともに大企業として有名な企業です。もちろん、ここに例示した企業は一例であり、他にも多くの企業がアイオタと提携・協力しています。

豊富な企業との繋がりは、アイオタの強みであると言えるでしょう。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

送金時に手数料が発生しない

送金時に手数料が発生しないこともアイオタの特徴です。

送金手数料無料の背景には、独自技術Tangleが関連しています。先述の通り、Tangleでは、トランザクションの承認を取引者が行う仕組みのため、マイニングを必要としません。

そのため、必然的にマイナーに支払う手数料も発生しません。

これが、アイオタの送金手数料が無料であることの理由となっています。

仮想通貨(暗号資産)IOTA(アイオタ)の今後の将来性を予想するポイント

アイオタの今後の将来性を予想するポイントには、以下のようなものがあります。

仮想通貨(暗号資産)IOTA(アイオタ)の今後の将来性を予想するポイント

各ポイントを把握することで、アイオタの今後の予想がより立てやすくなるでしょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

国内の取引所に上場し、知名度が上がるか

国内の取引所に上場し、知名度が上がるかはアイオタの今後の将来性を予想するポイントの1つです。

2022年3月執筆時点では、国内でアイオタを扱う取引所はありません。そのため、国内での知名度はあまり高いとは言い難いでしょう。

しかし今後、国内で新規に上場することができれば知名度が向上し、将来性が期待されることで価値が高まる可能性があります。

上場はいつ実現するのでしょうか?
現在のところ、明確な発表はありません。今後に注目ですね。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

IoTの実用化が進むか

IoTの実用化が進むかも、アイオタの今後の将来性を予想する上で重要なポイントになってきます。

そもそもIoT(Internet of Things)とは、今までインターネットと切り離されていた日常の様々なもの(家具・家電など)がインターネットに接続されることを指します。

IoTの発想から多くのものがインターネットと接続することで、新しい利用方法を生み出し、暮らしをより便利で豊かにすることが構想されています。

アイオタはIoT社会を見据えた仮想通貨ですので、IoTそのものの社会への浸透度は当然アイオタにも影響してきます。

今後IoTへの注目度がさらに高まれば、アイオタにも良い影響がある可能性があると言えるでしょう。

IOTA(アイオタ)の今後は?リアルタイムチャートを紹介!


チャートを確認すると、2021年4月と9月に200円台まで高騰したものの、その後段階的に下落し現在は2021年6~7月と同じ80円程度の価格で推移していることが分かります。

今後、新たな企業提携の発表や、国内の取引所への上場によっては値上がりする可能性もあるでしょう。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

IOTA(アイオタ)購入に必要なビットコインを買える取引所

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0005 BTC
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、アイオタ購入に必要なビットコインを取引手数料無料の取引所形式で購入できるというメリットがあります。

購入に必要な費用を抑えられるため、より効率的な取引が期待できるでしょう。

また、この取引所には、東証一部上場企業マネックスグループが親会社のため、安心感があるというメリットもあります。

名実ともに信頼に足る企業であるため、安心して取引にあたることができます。

経営母体の信頼感は大切ですね!
取引手数料無料なため、アイオタ購入に使うビットコインをお得に入手できます!

国内最多級の取り扱い通貨数!

IOTA(アイオタ)の購入方法・買い方を解説!

それでは、IOTA(アイオタ)の購入の手順について解説していきます。

実際に手順を実行する際、以下のようなものが必要になります。

アイオタの購入に必要なもの

  • 海外へ送金するための国内取引所の口座
  • アイオタを購入する海外取引所の口座
  • アイオタを購入するためのビットコインなどの仮想通貨

具体的な手順は次の通りです。

IOTA(アイオタ)の購入の手順

  1. 国内取引所で口座を開設する
  2. 国内取引所で海外でアイオタを購入するための仮想通貨を購入する
  3. 海外取引所の口座を開設する
  4. 国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所の口座へ送金する
  5. 海外取引所でアイオタを購入する

ただし、海外取引所の口座開設は金融庁の認可がないことやセキュリティの観点から、当サイトでは非推奨です。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

また、おすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)IOTA(アイオタ)に関するよくある質問

IOTAの発行枚数は?

アイオタの発行枚数は約27.8億枚です。

一方で、アイオタの発行上限は約2,780兆枚とされていますが、アイオタは1取引単位100万枚として扱われるため、実質的に全量が発行されています。

IOTAが上場している国内取引所はない?

2022年3月現在、アイオタが上場している国内取引所はありません。

そのため、アイオタは現状上記のように国内取引所を経由して海外取引所で購入する形でのみ入手することができます。

ただし、繰り返しになりますが海外での取引はセキュリティ性などの観点から当サイトでは推奨していませんので、ご注意ください。

アイオタ購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

また、アイオタの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。