2022年5月12日

LINE BITMAX(ビットマックス)の評判や口コミは?評価や各手数料についても解説!

LINE BITMAX 評判
LINE BITMAXってどんな特徴があるんだろう・・・
LINE BITMAXは使いやすいの?

上記のような悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事ではLINE BITMAXの特徴などについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。


この記事のまとめ

  • LINE BITMAXは運営している会社の親会社がLINE株式会社であり、セキュリティレベルが比較的高いことが期待できる
  • また、支払い方法としてLINE Payと連携が可能でスマホで簡単に売買ができる
  • 最低1円相当の少額からの投資が可能
  • LINE BITMAXはLINEアプリから口座開設できるため、「使いやすい」「LINE Payとの連携が便利!」などの良い評判もある

    LINEアプリで簡単に取引できる!

    この記事を最後まで読むことで、LINE BITMAXのメリットや評判がわかります。

    LINE BITMAX(LINEビットマックス)とは?基本情報や取扱銘柄などを紹介!

    取り扱い銘柄数 6種類
    取引手数料 ・販売所:無料
    ・取引所:ー
    送金手数料(仮想通貨) 0.001 BTC(BTC)
    0.005 ETH(ETH)
    0.15 XRP(XRP)
    最低取引額 ・販売所:0.00000001BTC
    ・取引所:ー

    LINE BITMAXのメリット!

    • LINEグループが運営しているためセキュリティ体制が整っている
    • 取引や入金にかかる手数料が無料
    • LINE Payと連携することで利便性が上がる

    LINEアプリで簡単に取引できる!

    LINE BITMAXは、LINE株式会社のグループ会社であるLINE Xenesis株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

    スマホのLINEアプリ上から簡単に取引を始めることができるので、仮想通貨取引初心者にも比較的使いやすい取引所と言えます。

    LINEグループが運営しているため、強固なセキュリティ体制やLINE関連サービスとの相性の良さが特徴です。

    日頃からLINE PayやLINE関連サービスをよく利用している方や、仮想通貨取引を簡単に始めたい方におすすめです。

    LINE Payとの連携ができるんですね。
    LINEサービスとの相性が良く、LINEアプリで手軽に取引を始められます!

    LINEアプリで簡単に取引できる!

    LINE BITMAXのメリット5選

    LINE BITMAXのメリットは、主に5つあります。

    それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

    安心感を持って取引ができる

    LINE BITMAXを安心して利用できる理由として、以下の2つがあります。

    LINE BITMAXは安心感を持って取引できる

    それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

    親会社がLINEである

    LINE BITMAXは親会社がLINEであるため、安心して利用できると言えます。

    LINE BITMAXは国内最大規模のSNSアプリ「LINE」のグループ会社が運営しています。

    そのため、普段利用しているLINEアプリから簡単に口座開設をし、取引を始めることが可能です。

    使い慣れた環境で取引開始できるので、安心感もあります。

    これから仮想通貨取引を始める方にとっても、よく知っているLINEアプリのグループ会社が運営している、比較的信頼性の高い取引所であると言えます。

    日常的にLINEアプリを利用する方にとっては、信頼性の面でもLINEが親会社であるメリットは大きいでしょう。

    普段から使い慣れた環境で取引を開始したい人には、おすすめできます。

    LINEアプリで簡単に取引できる!

    セキュリティ機能を追及している

    LINE BITMAXはセキュリティ機能を追求しているため、安心して利用することができます。

    LINEは日本だけでなく全世界でサービス展開しているので、世界水準のセキュリティ体制が整っています。

    具体例としては、資産をインターネットから分断したエリアで保管する「コールドウォレット」や、複数の秘密鍵を用いる「マルチシグ」などの対策を講じています。

    そのため、セキュリティの面でも比較的安心して取引ができます。

    実際にLINE BITMAXが実施しているセキュリティ対策を下記にまとめました。

    • コールドウォレット
    • 顧客と会社の資産を分別管理
    • HSM(Hardware Security Module)
    • マルチシグ

      LINE BITMAXは上記のようにさまざまな対策を講じているセキュリティレベルに期待できる取引所となっています。

      LINE Payと連動して手数料を抑えられる場合がある

      LINE BITMAXでは、LINE Payと連携すると手数料を抑えられる場合があります。

      LINE Payとの連携によって、LINE Payの残高をLINE BITMAXに送金することができます。また、LINE Payを利用することで入金手数料が無料になり、出金手数料も抑えられます。

      LINE BITMAXはLINE Payと連携することで手軽に利用できる上に、手数料を気にせず入金することができる取引所です。

      LINE BITMAXはLINE Payと連携すると利便性が上がるので、LINE Payを利用している方には便利な取引所です。

      手数料が抑えられるのは嬉しいポイントですね!

      LINEアプリで簡単に取引できる!

      オリジナルの仮想通貨「リンク(LN)」を取引できる

      LINE BITMAXでは、オリジナルの仮想通貨「リンク(LN)」を取引できます。

      リンクとは、LINE Blockchain内で用いられる暗号資産です。

      今後、リンクを扱う取引所の決済手数料としての利用や、LINEサービス全般での利用を目指しています。

      将来、LINE BITMAX以外でも広く流通すれば、価格の上昇も見込めます。

      LINE BITMAXでしか取引できない独自仮想通貨リンクを取り扱っており、LINEの市場規模や今後の価格変動を見越して購入しておきたい方にはおすすめの取引所です(※2022年4月執筆時点)。

      スマホで簡単に売買ができる

      LINE BITMAXでは、スマホひとつで簡単に売買ができるので、初めての方でも安心して操作しやすいです。

      LINE BITMAXは、口座開設や取引をすべてLINE上で行うことができます。

      本人確認もLINEのアプリから簡単に行えるため、スムーズに開設を済ますことが可能です。

      専用アプリは無く、LINEアプリの「LINEウォレット」からすぐにログインできるので、普段からLINEアプリを利用している方にはおすすめです。

      LINEアプリで簡単に取引できる!

      少額からの購入ができる

      LINE BITMAXでは、少額から取引を始めることができます。

      具体的には、LINE BITMAXでは最低1円から仮想通貨取引を開始することが可能です。

      「まずは少額から投資を始めたい」という方には嬉しいシステムです。

      操作画面もシンプルなので、これまで仮想通貨取引をしたことがない方でも手軽にチャレンジできます。

      1円という少額から取引を開始できる上に、取引は使い慣れたLINEアプリからの簡単な操作のみでできるので、ひとまず投資を始めてみたいという仮想通貨初心者にはおすすめです。

      少しずつ投資を始めたい方には嬉しいポイントだと言えます!

      LINE BITMAXのデメリット3選

      LINE BITMAXには、デメリットとして主に以下の3つがあります。

      メリットだけでなくデメリットもきちんと理解することで、自身に合った取引所や取引の仕方を選べるようになります。

      では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

      取引できる銘柄が比較的少ない

      LINE BITMAXでは取引できる銘柄が比較的少ないことがデメリットと言えます。

      LINE BITMAXの取扱通貨は、ビットコイン(BTC)や前述のリンク(LN)を含めた6種類しかありません。

      そのため、新たに取引したい通貨が出てきた場合でも、LINE BITMAXでは取り扱っていない可能性が高いです。

      LINE BITMAXでの取扱通貨を以下にまとめたのでチェックしてみてください。

      • リンク(LN)
      • ビットコイン(BTC)
      • イーサリアム(ETH)
      • リップル(XRP)
      • ビットコインキャッシュ(BCH)
      • ライトコイン(LTC)

      独自通貨であるリンクの他にもビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)など比較的主要な通貨も取り扱っています。

      種類が多くないので迷うことも少なく、ひとまず手軽に始めてみたいという初心者にはおすすめの取引所だと言えます。

      なお、Coincheckでは17種類と国内最多クラスの取り扱い銘柄を誇っているため、多くの銘柄を取引し分散投資をしたい方はCoincheckも検討してみると良いでしょう。

      国内最多級の取り扱い通貨数!

      レバレッジ取引に対応していない

      LINE BITMAXでは、レバレッジ取引に対応していないこともデメリットになると言えるでしょう。

      レバレッジ取引とは、自身の口座に保有している額以上の金額で取引を行うことです。レバレッジ取引は、リスクが大きくなる分、大きな利益を得られる可能性があります。

      そのため、堅実に取引したい方や仮想通貨初心者にとっては、レバレッジ取引ができないことはデメリットにならない可能性があります。

      なお、DMM Bitcoinでは国内最多クラスの15種類の銘柄でレバレッジ取引が可能です。レバレッジ取引でより大きな利益をを狙いたいという方はDMM Bitcoinも検討してみると良いでしょう。

      多くのアルトコインのレバレッジ取引に対応!

      割高な取引になる可能性がある

      LINE BITMAXには、他の取引所に比べて割高な取引になる可能性がある点もデメリットです。

      LINE BITMAXでは、仮想通貨はすべて販売所での売買であり、取引所での売買はありません。

      販売所では仮想通貨業者が決めた価格で売買するので、ユーザー同士で注文する取引所とは違い、スプレッドが生じます。

      スプレッドとは仮想通貨の売値と買値の差分のことで、販売所では取引所と比較して割高になってしまう可能性があります。

      ただし、販売所の取引は比較的初心者にもわかりやすい傾向があるため、仮想通貨取引を始めたばかりの方にはメリットともいえるでしょう。

      LINEアプリで簡単に取引できる!

      LINE BITMAXの口コミ・評判

      【一覧】LINE BITMAXの手数料|入金・出金・取引手数料など

      LINE BITMAXの手数料を表にまとめました。

      取引手数料 無料
      (※ただし、販売価格にスプレッドが含まれている)

      <日本円の入出金手数料>

      入金手数料 出金手数料
      LINE Pay(手数料) 無料
      (※一部条件あり、入金限度額は100万円)
      110円(税込)
      (※一部条件あり、出金限度額は100万円)
      銀行口座(手数料) 無料
      (※各銀行所定の振込手数料が別途かかる、入金限度額は無制限)
      400円(税込)
      (※一部条件あり、出金限度額は1,000万円)

      <暗号資産の入出庫手数料>

      通貨 入庫 出庫 ユーザー間入庫 ユーザー間出庫
      リンク(LN) 入出庫機能未実装 入出庫機能未実装 入出庫機能未実装 入出庫機能未実装
      ビットコイン(BTC) 無料 0.001BTC 無料 無料
      イーサリアム(ETH) 無料 0.005ETH 無料 無料
      リップル(XRP) 無料 0.15XRP 無料 無料
      ビットコインキャッシュ(BCH) 無料 0.001BCH 無料 無料
      ライトコイン(LTC) 無料 0.001LTC 無料 無料

      参照:https://terms2.line.me/lvc_outline

      上表のように、LINE BITMAXではさまざまな暗号資産の入庫手数料が無料になっています。

      入出金手数料も無料であるため、これから仮想通貨投資を始めたいという方にはおすすめの取引所となっています。

      LINEアプリで簡単に取引できる!

      この記事の監修者

      佐野 孝矩

      佐野 孝矩

      詳しく見る ▼

      プロフィール

      一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
      趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
      仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
      資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
      保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

      保有資格

      監修者の身元

      この記事を書いた人

      ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

      ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

      ※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

      ※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

      ※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

      ※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。