2022年5月24日

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは?今後の将来性や取引所、購入方法を解説!

リスク仮想通貨
リスクってどのような特徴があるの?
リスクの今後の予想するポイントも知りたいですよね!

この記事ではリスクの特徴や将来性について詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • リスクは、非中央集権型アプリケーションを開発できるプラットフォーム
  • コンセンサスアルゴリズムとして「DPoS」を採用している
  • 「リスクSDK」の完全版が発表されることで、開発がさらに進む可能性がある
  • また、スマートコントラクトサイドチェーンの搭載も今後の将来性を左右するポイントと言える
  • リスクを購入するのにおすすめの取引所は「Coincheck
  • Coincheckでは、リスクを少額から、操作性の高いアプリで購入できる

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、リスクについて理解を深められるでしょう。

また、リスクに限定せずおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)リスク(LSK/Lisk)とは?時価総額・発行枚数などを紹介

ティッカーシンボル LSK
1LSKあたりの価格 262.36円(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2016年4月9日
発行上限 -

リスクは、非中央集権型アプリケーションを開発するために作られたプラットフォームです。

JavaScriptで開発可能なことやステーキングサービスを利用できることなどの特徴があります。

リスクを購入できる取引所を見てみる

リスク(LSK/Lisk)の特徴4選

リスク(LSK/Lisk)の特徴には、以下があります。

上記の特徴を知ることでリスクがどのような通貨であるのか理解することができます。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

JavaScriptに対応しているため、開発の参入障壁が比較的低い

リスク(LSK/Lisk)の特徴には、JavaScriptに対応しているため、開発の参入障壁が比較的低いことがあります。

JavaScriptとは、プログラミング言語の一種です。この言語は、有名なプログラミング言語であり、プログラミングを知っている方には、認知度は高いです。

扱える技術者も多いため、開発への参入障壁が低く開発が進みやすいと言えるでしょう。開発者が増えると今後の開発やアップデートが進展しやすい可能性があります。

リスクを購入できる取引所を見てみる

「リスクSDK」の公開で今後の見通しが把握しやすい

リスク(LSK/Lisk)の特徴には「リスクSDK」の公開で今後の見通しが把握しやすいという特徴があります。

「リスクSDK」とは、開発者の方に向けて提供されている開発環境のことです。

この環境の完全版はまだ発表されていませんが、完全版が公開されることで開発がさらに進む可能性があります。

完全版が発表されると開発が進展する可能性があるのですね!

国内の取引所でもステーキングサービスを利用できる

国内の取引所でもステーキングサービスを利用できる点もリスク(LSK/Lisk)の特徴です。

ステーキングとは、指定の仮想通貨を保有することで報酬がもらえるサービスのことです。

基本的にステーキングは、その通貨を保有しているのみで配当がもらえるため、安定した利益を狙える可能性があります。

日本では、CoincheckやbitFlyerなど、本記事で紹介している取引所において、リスクのステーキングサービスが提供されています。

リスクを購入できる取引所を見てみる

コンセンサスアルゴリズム「DPoS」を活用している

リスク(LSK/Lisk)には、コンセンサスアルゴリズム「DPoS」を活用しているという特徴もあります。

DPoSとは、通貨の保有量によって投票者が選ばれ、承認を進めていく仕組みです。

承認者は、承認作業の対価として、新たに発行されるリスクを取得することが可能です。

また、このアルゴリズムの採用により、ほかの暗号資産のようなマイニングが不要になっていることも、リスクの特徴と言えるでしょう。

リスク(LSK/Lisk)は終わった?今後の将来性を予想!

リスク(LSK/Lisk)の将来性を予想するポイントには、以下があります。

上記のポイントを知ることで、リスクの今後について予想しやすくなるでしょう。それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

スマートコントラクト機能の搭載

リスク(LSK/Lisk)の今後の将来性を予想するポイントとしては、スマートコントラクト機能の搭載があります。

スマートコントラクトとは、自動的にブロックチェーン上の契約を完了させる仕組みです。

この機能はセキュリティ性の高さなどから、NFT分野などで関心を集めています。

今後スマートコントラクト機能が搭載されることで、期待が高まり、価格が上昇する可能性があると言えるでしょう。

リスクを購入できる取引所を見てみる

サイドチェーンの開発・アップデート

リスク(LSK/Lisk)の今後の将来性を予想するポイントには、サイドチェーンの開発・アップデートもあります。

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは別のブロックチェーンを備え付け、トランザクションを処理します。

この機能を備え付けることで、トランザクションの処理能力が向上する可能性があります。

また、メインチェーンのトラブルにも対応できるようになるため、リスク分散の観点からも優れた機能と言えるでしょう。

今後、サイドチェーンの開発・アップデートが進むことで、リスクの今後の期待値が高まり価格の上昇につながる可能性もあります。

リスクSDK完全版の発表

リスク(LSK/Lisk)の今後の将来性を予想するポイントは、リスクSDK完全版の発表です。

先述の通り、リスクSDKとは開発者向けの開発環境のことです。この完全版が発表されることで、今後の開発が進みやすくなると言えるでしょう。

今後、リスクSDK完全版の発表などの情報は注目ですね。

リスクを購入できる取引所を見てみる

業界全体の動向

業界全体の動向も、リスク(LSK/Lisk)の今後の将来性を予想するポイントです。

リスクは、現時点では時価総額の高い通貨とは言えません(※2022年3月執筆時点)。そのため、仮想通貨全体の価格変動に対して影響を受ける可能性もあります。

例えば、ビットコインなど時価総額が高く、影響力の強い通貨の価格が下落することで、同時にリスクも価格が下落してしまう可能性があります。

仮想通貨業界全体の動向に左右される可能性もあるため、業界全体のニュースなどにも注目しておくと良いでしょう。

リスク(LSK/Lisk)の価格・値段は高騰する?チャートで解説!



LSKは2021年5月に最高値である約1,013円を記録しています。その後7月までにかけて下落が続き、一時は200円程度まで下落しました。

2022年3月の執筆時点では、約200円前後を記録しています。

今後、スマートコントラクトやサイドチェーンが実装されるようになれば、価格は上昇する可能性があると言えるでしょう。

リスクを購入できる取引所を見てみる

リスク(LSK/Lisk)を購入できる取引所2選

Coincheck bitFlyer
リスクに関する特徴 操作性の高いアプリで500円から購入できる LSKでステーキングサービスを利用できる
取引手数料(LSK) 販売所:スプレッド 販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 17種類 14種類
送金手数料(仮想通貨) 0.1 LSK(LSK) 0.1 LSK(LSK)
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印

なお、上記以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(LSK) 販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.1 LSK(LSK)
最低取引額 販売所:500円

Coincheckのメリット!

  • リスクをわかりやすい取引アプリで少額から購入できる
  • 初心者でもわかりやすい取引画面である
  • 東証一部上場企業マネックスグループが親会社であるため、安心して取引できる

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、リスクを操作性の高いアプリで少額から購入できるメリットがあります。

Coincheckでは500円という少額から、リスクを購入できます。また、アプリの操作性は高く、ダウンロード数は国内最多級なため、初めてリスクを購入する方でも比較的始めやすいと言えます。

またこの取引所には、マネックスグループが親会社のため安心して取引できるというメリットもあります。

東証一部上場企業のマネックス企業が親会社となっており、金融庁からも認可を得ている取引所のため、比較的安心して取引しやすいでしょう。

初めてリスクを購入する方におすすめな取引所です。

国内最多級の取り扱い通貨数!

bitFlyer(ビットフライヤー)

取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料(LSK) 販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.1 LSK(LSK)
最低取引額 販売所:0.00000001 LSK

bitFlyerのメリット!

  • リスクのステーキングサービスが提供されている
  • ビットコインの取引所が多い
  • 主要メガバンクや生命保険会社などが出資しているため、安心感がある

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、リスクのステーキングサービスが提供されているメリットがあります。

リスクでステーキング報酬がもらえる取引所は国内でも比較的少ないため、リスクを保有して利益を狙いたい方にはおすすめと言えるでしょう。

また、この取引所には、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引量が多いというメリットもあります。

取引量が多いと取引所形式での取引が成立しやすいなどのメリットが多いため、リスク以外にもビットコインを購入したい方におすすめと言えます。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

リスク(LSK/Lisk)の買い方・購入方法を解説!

リスク(LSK/Lisk)の買い方の手順について解説していきます。ここでは、Coincheckで購入する具体的な手順を紹介します。

リスク(LSK/Lisk)の買い方・購入方法

  1. Coincheckの口座を開設する
  2. 開設した口座に日本円を入金する
  3. 販売所を選択し、リスクを指定する
  4. 数量を決定して購入する

まず、Coincheckの口座を開設します。その際の本人確認は、アプリで完結するかんたん本人確認などを利用するのも良いでしょう。

日本円の入金完了後、リスクを選択して数量を決定すれば、購入することができます。

国内最多級の取り扱い通貨数!

また、リスクの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。