2022年5月17日

仮想通貨THEATA(シータコイン) とは?取引所や買い方・購入方法を解説!

THETA(シータ) 今後
THETA(シータ)の特徴が知りたいです!
THETA(シータ)の購入方法なども知りたいですね!

仮想通貨(暗号資産)のTHETA(シータ)について、このように思われている方も多いでしょう。

この記事ではTHETA(シータ)の特徴や今後についてのポイント、THETA(シータ)の購入方法をご紹介していきます。

この記事のまとめ

  • THETA(シータ)は非中央集権的動画プラットフォームのプロジェクトである
  • ブロックチェーン技術を利用し高画質な動画を提供している
  • 高画質な動画の需要にマッチしているプロジェクトと言える
  • ステーキングサービスなど仮想通貨(暗号資産)の獲得もしやすい
  • THETA(シータ)購入に必要なビットコイン(BTC)を買うにはCoincheckがおすすめ
  • Coincheckではビットコイン(BTC)を500円から購入可能

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、THETA(シータ)の特徴や今後の予想ポイント、購入方法がわかります。

仮想通貨(暗号資産)THETA(シータ)とは?

ティッカーシンボル THEATA
1THEATAあたりの価格 399円(※2022年4月執筆時点)
取り扱い開始 2018年1月19日
発行上限 10億枚

THETA(シータ)は非中央集権的な動画サイト「THETA.tv」の構築、運営をするプラットーフォーム上のトークンです。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)THETA(シータ)の特徴

THETA(シータ)の特徴は以下の通りです。

THETA(シータ)に興味のある方は、まずはこれらを押さえておくと恩恵を受けやすくなる可能性があります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

分散型動画プラットフォームである

THETA(シータ)の特徴として、分散型動画プラットフォームであるという点があります。

THETA(シータ)の分散型動画プラットフォームとしての特徴は、以下の通りです。

こちらについても一つ一つ説明していきます。

高画質な動画を視聴できる

THETA(シータ)の分散型動画プラットフォームとしての特徴として、1つ目に高画質な動画を視聴できる点があります。

THETA(シータ)はブロックチェーンを利用した動画プラットフォームを構築するプロジェクトです。

ブロックチェーンを利用することで動画プラットフォームのサーバーの集中を防ぐことができるため、画質の高い動画視聴が可能となります。

既存のプラットフォームよりも、より高画質な動画を視聴しやすいプラットフォームと言えるでしょう。

サーバーの負荷を分散する、ブロックチェーン技術を有効活用したプロジェクトと言えますね!

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

すでに実用化されている

THETA(シータ)の分散型動画プラットフォームとしての2つ目の特徴は、すでに実用化されていることです。

たとえば、アメリカ発のeスポーツ配信プラットフォームであるSLIVER.tvではTHETA(シータ)のブロックチェーンを利用した動画プラットフォームが利用されています。

SLIVER.tvはeスポーツの観客へ360度(パノラマ)のVRを提供していることで注目を集めています。

今後、SLIVER.tvの人気が高まることでTHETA(シータ)そのものにも注目が集まる可能性は高いと言えるでしょう。

セキュリティ機能が高い

THETA(シータ)はセキュリティ機能が高いことも特徴的です。

THETA(シータ)のコンセンサスアルゴリズムには「Multi-Level BFT」という技術が用いられています。

「Multi-Level BFT」は大量のノードに負荷を分散させる仕組みです。

これによってTHETA(シータ)は高速化と高いセキュリティの2つを実現しています。

これまでの仮想通貨(暗号資産)の課題点を克服しているとも言えるでしょう。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

仮想通貨を獲得しやすい

またTHETA(シータ)は、仮想通貨を獲得しやすいという特徴もあります。

THETA(シータ)の分散型動画プラットフォームとしての特徴は以下の通りです。

それでは1つずつ説明していきます。

ステーキングサービスによる報酬

仮想通貨を獲得しやすい特徴として、ステーキングサービスによる報酬があります。

ステーキングサービスは、THETA(シータ)を一定以上保有しているだけで報酬が得られる仕組みのことを指します。

ステーキングサービスでは、保有しているTHETA(シータ)が多いほど報酬も得やすくなります。

反対に、ビットコイン(BTC)などのアルゴリズムであるPoW(Proof of Work)で報酬を得るためには、マイニングが必要です。

マイニングのための労力や高性能なコンピューターが不要なため、THETA(シータ)の方が比較的報酬を得やすいと言えるでしょう。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

動画が観られた際の報酬

仮想通貨を獲得しやすい特徴として、動画が観られた際に報酬を得られる点があります。

THETA(シータ)の動画プラットフォームでは、動画視聴した人はTHETA(シータ)を支払う必要があります。

支払われたTHETA(シータ)は動画を作った人やチームに対価として支払われるという仕組みになっているのです。

また非中央集権的なシステムにより、広告を排除することもできます。

広告料を省略できることでより多くの収益が期待できそうですね!

THETA(シータ)の今後を予想するポイント

THETA(シータ)の今後を予想するポイントは、以下の通りです。

THETA(シータ)の購入やTHETA(シータ)を利用した取引を検討している方は、その将来性についてもしっかり押さえておきましょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

大手のファンドや企業との連携

THETA(シータ)の今後を予想するポイントとして、大手のファンドや企業との連携という点があります。

THETA(シータ)が提携している企業やファンドは以下の通りです。

  • BINANCE
  • SONY
  • CAA
  • DHVC
  • PRIVATE EQUITY INTERNATIONAL GROUP
  • Google

このような大手企業と連携しているということは、THETA(シータ)が注目されているとも言えるでしょう。

今後他の企業との連携が増えればTHETA(シータ)への期待度も更に高まっていく可能性があります。

注目度が増すことで価値も増加していく可能性があるでしょう。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

動画プラットフォームの需要拡大

THETA(シータ)の今後を予想するポイントとして、動画プラットフォームの需要拡大も重要です。

THETA(シータ)プロジェクトは、動画プラットフォームの需要が拡大している風潮とマッチしている可能性もあります。

さまざまな動画プラットフォームの中でも、高画質な動画サービスが提供できるため、THETA(シータ)の需要が増えることも考えられるでしょう。

今後の動画市場の動向によってTHETA(シータ)の注目度も変動するかもしれません。

NFT市場の盛り上がり

THETA(シータ)の今後を予想するポイントとして、NFT市場の盛り上がりにも注目です。

THETA(シータ)はNFTの開発も進めています。

具体的には、THETA(シータ)のブロックチェーン上にNFTのマーケットプレイスを構築しています。

2021年の12月にはアメリカの著名な歌手であるケイティ・ペリー氏がTHETAネットワーク上でNFTを発行して話題になりました。

今後のNFT市場の盛り上がりが、THETA(シータ)にとって追い風になる可能性も高いと言えるでしょう。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

日本語への対応

THETA(シータ)の今後を予想するポイントとして、日本語への対応についても注目です。

THETA(シータ)の公式サイトは現在日本語に対応しておらず、英語・韓国語・中国語のみ対応しています。

今後日本語への対応も可能になった場合、日本人ユーザーのTHETA(シータ)への関心が高まることが期待されます。

高画質な動画は日本でも需要が伸びる可能性があるかもしれませんね!

国内取引所への上場

THETA(シータ)の今後を予想するポイントとして、国内取引所への上場があります。

現在THETA(シータ)は国内取引所へ上場していません。

海外の取引所のみ取り扱いがあるため、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。

国内取引所へ上場した場合、通貨の価値だけでなく動画プラットフォームとしての日本における需要も高まる可能性があると言えるでしょう。

なお、海外取引所の利用は安全性の観点から当サイトでは非推奨です。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)THETA(シータ)の価格は?現在のチャート



現在は下落傾向にあり、3.1ドル付近で推移しています(※2022年4月執筆時点)。

今後動画市場の盛り上がりや国内取引所への上場などによっては、値上がりする可能性もあると言えます。

シータ購入に必要な仮想通貨を買える取引所を見てみる

THETA(シータ)購入に必要なビットコイン(BTC)を購入できる取引所

コインチェック

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料性(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • THETA(シータ)購入に必要なビットコイン(BTC)を500円から購入できる
  • 取引ツールが初心者でも扱いやすい
  • 一部上場企業を親会社に持つ安心感がある

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、THETA(シータ)購入に必要なビットコイン(BTC)を500円から購入できるというメリットがあります。

比較的少額からの購入が可能なため、まとまった資金を用意しなくても取引を始めることができるでしょう。

また、この取引所には、取引ツールが初心者でも扱いやすいというメリットもあります。

Coincheckの取引ツールの1つであるスマホアプリはその使いやすさの評価が高いため、初心者の方でも簡単に取引を始めることができるでしょう。

THETA(シータ)購入に必要なビットコイン(BTC)を少額から買いたい方におすすめですね。

国内最多級の取り扱い通貨数!

仮想通貨(暗号資産)THETA(シータ)の買い方・購入方法

THETA(シータ)を購入するには、国内取引所でビットコイン(BTC)などを購入し、海外取引所へ送金する必要があります。

下記手順に沿って進めることで比較的スムーズにTHETA(シータ)を購入することができます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

国内取引所で口座開設する

まずは、国内取引所で口座を開設します。

Coincheckでは、メールアドレスの入力や本人確認書類の提出をするだけで簡単に登録、口座開設が可能です。

本人確認書類の例は以下の通りです。

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • 個人番号カード/住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード/特別永住者証明書 (外国籍の方)

国内最多級の取り扱い通貨数!

また、Coincheck以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

ビットコイン(BTC)を購入する

口座が開設できたら、次はビットコイン(BTC)を購入します。

ビットコインの購入手順は以下の通りです。

ビットコイン(BTC)を購入する手順

  1. 日本円を「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つのうちいずれかの方法で入金する
  2. 「販売所」で「ビットコイン」を選択する
  3. 購入金額を入力する
  4. 「日本円で購入する」を選択する

海外の取引所へ送金してTHETA(シータ)を購入する

ビットコイン(BTC)を購入することができたら、いよいよTHETA(シータ)の購入へ移ります。

購入手順は以下の通りです。

THETA(シータ)を購入する手順

  1. 「コイン送金」を選択する
  2. 送金するコインの銘柄として「ビットコイン」を選択する
  3. 送金する宛先、金額を入力し「送金する」を選択
  4. 送金した海外取引所の案内に従ってTHETA(シータ)を購入する

なお、海外取引所は金融庁の認可が下りておらず、セキュリティなどの観点から当サイトでは推奨しておりません。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。