2022年5月17日

仮想通貨Vechain(VET/ヴィチェーン)とは?将来性や取引所、買い方を解説!

VET

VeChainってどんな通貨?

VeChainを取引するにはどうすればいいの?

仮想通貨VeChainに関して上記のような悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではVeChainの特徴やどういった分野で注目されているのかなどを解説していきます。

この記事のまとめ

  • VeChainは中国の企業「BitSE」の子会社が運営するプラットフォーム
  • サプライチェーンの明確化や情報の改ざん防止が可能
  • 偽造品の流通防止など、実生活で活躍が期待される面もある
  • 「Salesforce」などの大企業や、各国政府との提携を果たしている
  • VeChainの購入に必要なビットコイン(BTC)を購入するのにおすすめの取引所は「Coincheck
  • Coincheckでは、ビットコインを取引手数料無料で購入可能

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、VeChainの将来性を判断するポイントや通貨の購入方法などを知ることができます。

また、VeChain以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)VeChain(VET/ヴィチェーン)とは?基本情報や時価総額などを紹介!

ティッカーシンボル VET
1VETあたりの価格 5.98円(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2017年8月15日
発行上限 86,712,634,466枚

VeChainは、中国の企業「BitSE」の子会社が運営するプラットフォームのことです。

仮想通貨VeChain(VET)はサプライチェーンを明確化し、情報の改ざんの防止を目的としたブロックチェーンです。

そのため、改ざん問題の解決のために企業がVeChainを導入するという事例もあります。

VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

VeChain(VET)の特徴5選

VeChain(VET)の特徴には、以下があります。

上記を知ることで、VeChainに投資する際の指針を知ることができます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ブロックチェーン企業「BitSE」の子会社が設立した

VeChain(VET)は、ブロックチェーン企業「BitSE」の子会社が設立しました。

BitSEは、中国内での知名度が高く実用化が進んでおり、多くの顧客を持つプラットフォームとなっています。

VeChain(VET)の運営元は中国において影響力を持つ企業が親会社のため、主に中国内で強みのあるプラットフォームだと言えるでしょう。

VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

VETとVTHOの2種類のトークンが存在する

VeChain(VET)には、VETとVTHOの2種類のトークンが存在します。

デュアルトークンシステムを利用しており、「VET」と「VTHO」の2種類のトークンがあります。

VETは主に取引時に利用されるトークンであり、VTHOはブロックチェーン上での承認作業に必要なトークンです。

また、VETを所有しているだけで、VTHOが付与されるという特徴もあります。

1つのプラットフォームで2種類のトークンを扱っているんですね。
デュアルトークンシステムが特徴的です!

コンセンサスアルゴリズム「PoA」を活用している

VeChain(VET)の特徴として、コンセンサスアルゴリズム「PoA」を活用していることもあります。

PoA(Proof of Authority)とは、VETの保有数に応じてマイニング作業を承認するための投票権が付与されるアルゴリズムのことです。

この技術により、これまでのアルゴリズムよりも速く正確な取引が可能となっています。

取引速度が高速で正確な承認作業が可能となっています。

VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

各領域でのビジネスへの実用化が進んでいる

VeChain(VET)は、さまざまな領域のビジネスでの実用化が進んでいます。

VeChain(VET)が実用化されている例

上記を知ることで、VeChainがどういう分野で需要があるのかを知ることができます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

偽造判別

VeChain(VET)が実用化されている例として、偽造判別があります。

VeChainによって製品の製造過程が明確にできるため、製品の偽造品の判別が可能です。

また、部品など製造履歴を記録することで、故障が起きたときでも原因を突き止めることが簡単になるというメリットもあります。

アメリカ企業の「Salesforce」がトレーサビリティ問題の解決のためにVeChainの導入を発表するなど、需要が高まっています。

VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

物流工程の明確化

VeChain(VET)が実用化されている例として、物流工程の明確化もあります。

VeChainを導入することで、商品の物流過程を記録することができます。

これまでは消費者のもとに商品がどういった過程で届くのかが不透明という問題がありました。

そのため、物流記録が明確化されることによってこの問題が解決でき、生産者と消費者の間で信頼を生むことが可能になりました。

政府や企業との協力・提携をしている

VeChain(VET)の特徴として、政府や企業との協力・提携をしていることがあります。

仮想通貨は一般的に大企業や政府との提携の発表がされると、知名度が上がり価格が高騰する傾向にあります。

VeChainと提携している企業の例を以下にまとめたので、参考にしてください。

  • Salesforce
  • Grant Thornton Cyprus
  • PwC
  • BMW

    このようにさまざまな企業と提携していることから、VeChainは注目度が比較的高い通貨だと言えるでしょう。

    VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

    VeChain(VET)に将来性はある?チャートで価格を分析!


    2022年2月末に一度大きく下落しましたが、その後3月3日に大きく高騰し、現在は約5.5円前後に落ち着いています(※2022年3月執筆時点)。

    今後さらなる企業との提携や知名度の上昇によっては、値上がりする可能性もあると言えるでしょう。

    VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

    VeChain(VET)の購入に必要なビットコインを買える取引所

    取り扱い銘柄数 17種類
    VETに関する特徴 VETの購入に必要なビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入できる
    取引手数料(BTC) ・取引所:無料
    ・販売所:スプレッド
    送金手数料(仮想通貨) BTC:変動手数料制
    最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
    ・販売所:500円(0.001BTC以上)

    国内最多級の取り扱い通貨数!

    Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

    Coincheckには、VETの購入に必要なビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入できるというメリットがあります。

    仮想通貨を取引所で購入する場合、一般的に取引手数料が必要になります。

    しかし、Coincheckでは取引手数料無料でビットコインを購入できるため、取引コストを下げることが可能です。

    また、Coincheckには、ビットコイン以外にも多くの銘柄を取り扱っているというメリットもあります。

    そのため、他にも取引したい通貨が出てきた場合でもCoincheckであれば取り扱っている可能性があります。

    豊富な種類の通貨に投資してみたいという方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

    Coincheckは、取引手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

    国内最多級の取り扱い通貨数!

    VeChain(VET)の具体的な購入の手順

    VeChain(VET)は国内取引所では取り扱っておらず、国内取引所で仮想通貨(ビットコイン)を購入して、海外取引所に送金する手順を踏みます。

    なお、当サイトでは安全性の観点から海外取引所の利用は推奨しておりません。

    今回は、Coincheckでビットコイン(BTC)を購入する方法を紹介します。

    それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

    手順①Coincheckの口座を開設する

    VETを購入するために、はじめにCoincheckの口座開設を行う必要があります。

    Coincheckは、スマホアプリまたはWebサイトから登録することが可能です。

    口座開設の際に虚偽の情報の入力や提出書類に不備があると開設が遅れる場合があるため、注意してください。

    口座開設は間違えがないように慎重に行いましょう!

    国内最多級の取り扱い通貨数!

    また、Coincheck以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

    手順②開設した口座に日本円を入金する

    Coincheckの口座開設が終わったら、ご自身の指定の口座に日本円を入金します。

    ログイン後、「入出金」ボタンから好きな入金方法を選択し、希望する入金金額を入金します。

    なお、Coincheckでは、3種類の入金方法があります。

    手順③ビットコイン(BTC)を購入する

    次に、ビットコイン(BTC)を購入します。

    販売所で購入する場合、Coincheckアプリの左メニューから、購入したい通貨(ビットコイン)をタップします。

    購入数を入力し、確認画面をチェックすることで購入が完了です。

    手順④VeChainを取り扱っている海外の取引所の口座にビットコインを送金する

    国内取引所でビットコイン(BTC)の購入が完了したら、VeChainを取り扱っている海外の取引所の口座にビットコインを送金します。

    ただし、海外取引所の利用はセキュリティなどの観点から、本サイトでは推奨していません。

    手順⑤ビットコインでVeChainを購入する

    送金が完了したら、ビットコイン(BTC)を用いてVeChain(VET)を購入し、完了です。

    VeChainを買うのに必要なビットコインを購入できる取引所を見てみる

    また、VeChainの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

    この記事の監修者

    佐野 孝矩

    佐野 孝矩

    詳しく見る ▼

    プロフィール

    一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
    趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
    仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
    資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
    保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

    保有資格

    監修者の身元

    この記事を書いた人

    ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

    ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

    ※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

    ※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

    ※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

    ※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。