2022年6月22日

仮想通貨アヴァランチ(Avalanche/AVAX) とは?将来性や購入できる取引所、買い方を解説!

仮想通貨アヴァランチ
Avalanche(アバランチ)という仮想通貨について知りたい!
実際に購入するにはどうしたらいいの?

Avalanche(アバランチ)に対して、上記のように感じている方も多いでしょう。

この記事ではAvalanche(アバランチ)の特徴や始め方、将来性などについて詳しく解説していきます。

この記事のまとめ

  • Avalanche(アバランチ)はアプリを構築するためのプラットフォーム
  • Avalanche(アバランチ)で使える独自のトークンを「AVAX」と呼ぶ
  • ブロックチェーン技術が優れており、スケーラビリティ問題の解決も期待できる
  • 主な将来性を左右するポイントは、「イーサリアムキラーとしての注目度」や「バーンの実施時期」
  • Avalanche(アバランチ)の購入に必要なビットコインを買える取引所は「Coincheck
  • Coincheckは、アバランチの購入に必要なビットコインを取引手数料無料で購入できる

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことでAvalanche(アバランチ)の特徴や将来性を左右するポイント、おすすめの取引所や具体的な購入方法についてわかります。

また、アバランチ以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)Avalanche(AVAX/アバランチ)とは?特徴を紹介!

ティッカーシンボル AVAX
1AVAXあたりの価格 ¥10,674.54(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2020年9月
発行上限 7,200,000,000枚

仮想通貨Avalanche(AVAX/アバランチ)とは、アプリ構築・制作のためのプラットフォームの独自トークンです。

スケーラビリティ問題やインターオペラビリティ問題を解決できることを期待されています。

また、2022年6月には国内取引所であるOKCoinJapanで、アバランチの取り扱いを開始することが発表されました。

Avalanche(AVAX/アバランチ)の特徴には以下があります。

それでは、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

エコシステムを用いて分散型金融(DeFi)を構築できる

Avalanche(アバランチ)の特徴として、エコシステムを用いて分散型金融(DeFi)を構築できるという点があります。

分散型金融(DeFi)とは、銀行や取引所などの中央管理者不要で取引が可能な金融システムのことです。

分散型金融(DeFi)は、コスト削減やセキュリティ機能向上などの観点から、将来性が注目されています。

このようなプラットフォームになることを目指しているAvalancheの将来性も期待できる可能性があるでしょう

DeFiとしての将来性にも注目です。

Avalancheの購入に必要なイーサリアムを購入できる取引所を見てみる

スケーラビリティ問題が解決されている

Avalanche(アバランチ)の特徴として、スケーラビリティ問題が解決されているという点があります。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンで膨大な取引を処理するにあたり、多くの時間やガス代がかかってしまう問題のことです。

ブロックチェーンとして、比較的メジャーなイーサリアムもこの問題を抱える中で、Avalanche(アバランチ)はこれを克服しています。

Avalanche(アバランチ)は計算処理能力に長けており、ビットコインや他のアルトコインなどと比べても、数十倍から数百倍の圧倒的な処理速度を誇っています。

インターオペラビリティ問題を心配する必要がない

Avalanche(アバランチ)の特徴として、インターオペラビリティ問題を心配する必要がないという点もあります。

日々様々なブロックチェーンが開発されていく中で、先程のスケーラビリティ問題と同じように問題視されているのが「インターオペラビリティ問題」です。

インターオペラビリティ問題とは、別々のブロックチェーン同士に相互運用性がなく、その垣根を超えたデータや取引などのやりとりをすることができないというものです。

しかし、Avalanche(アバランチ)はブリッジという機能によりイーサリアムとの互換性を持つため、この問題を心配する必要がありません。

イーサリアムのブロックチェーンを基盤としたアプリなどが増えている中で、Avalanche(アバランチ)が「インターオペラビリティ問題」の影響を受けないということは多くの利用者にとってメリットになる可能性があります。

Avalancheの購入に必要なイーサリアムを購入できる取引所を見てみる

処理能力の正確性が高い

処理能力の正確性が高いという点も、Avalanche(アバランチ)の特徴です。

Avalanche(アバランチ)は、同時に複数のコンピュータで処理を行うことができるため、単一のコンピュータで計算するより精密な処理結果を得やすい傾向があります。

またAvalanche(アバランチ)の複数のコンピュータによる計算や検証は一定の段階を踏むまで繰り返し行われます。

Avalanche(アバランチ)の今後の将来性を左右するポイント

Avalanche(アバランチ)の今後の将来性を左右するポイントは、以下の通りです。

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

イーサリアムキラーとして注目を浴びる可能性がある

Avalanche(アバランチ)は今後、イーサリアムキラーとして注目を浴びる可能性があります。

その理由は、先述の「スケーラビリティ問題」や「インターオペラビリティ問題」をAvalanche(アバランチ)が克服したことです。

イーサリアムはスケーラビリティ問題を解決するに至っていないため、Avalanche(アバランチ)のイーサリアムキラーとしての台頭に期待が集まっています。

また、ブロックチェーンを移管する場合にも相互運用性のあるアバランチであれば、アプリ上での問題も起きにくいことが想定できるでしょう。

Avalancheの購入に必要なイーサリアムを購入できる取引所を見てみる

バーンにより価格が高まる可能性がある

またAvalanche(アバランチ)は今後、バーンにより価格が高まる可能性があるともいわれています。

バーンとは、仮想通貨の流通量を意図的に減らすことです。

これにより供給量が減少するため、相対的に需要が高まり通貨の価値が上がる傾向があります。

Avalanche(アバランチ)はマイニングをしない代わりに、このバーンを定期的に行うことで、市場の価値を保っているのです。

Avalanche(アバランチ)の将来性はある?チャートで分析!


2021年8月から9月にかけて、Avalanche(アバランチ)は上昇傾向にありました。

Avalanche(アバランチ)は、今後もイーサリアムキラーとしての躍進やバーンにより値上がりする可能性もあります。

Avalancheの購入に必要なイーサリアムを購入できる取引所を見てみる

Avalanche(アバランチ)の購入に必要なビットコインを買える取引所

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円かつ0.001BTC以上

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、アバランチの購入に必要なビットコインを手数料無料で購入できるというメリットがあります。

取引所によっては毎回発生してしまうこともある手数料ですが、コインチェックではそれがカットできるため、大切な資金を少しでも多く取引に利用することができます。

またこの取引所には、全ての銘柄の仮想通貨を500円という少額から購入することができるというメリットもあります。

まとまった多額の資金を用意する必要がなく、ワンコインからの購入が可能なため、初心者の方でも気軽に仮想通貨取引にチャレンジすることができるでしょう。

公式アプリも使いやすいと高評価なため、初心者の方でも安心して取引を行うことができます!

国内最多級の取り扱い通貨数!

Avalanche(アバランチ)の具体的な購入方法・買い方

ここからはAvalanche(アバランチ)の具体的な購入方法と買い方について解説していきます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

手順①国内の取引所で口座開設をする

まずはじめに、国内の取引所で口座を開設します。

口座開設の際は、以下のような本人確認書類が必要になるケースが多いため、事前に準備しておくと良いでしょう。

  • パスポート
  • 運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

Avalancheの購入に必要なイーサリアムを購入できる取引所を見てみる

なお、おすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

手順②ビットコインを購入する

口座を開設することができたら、ビットコインを購入します。

取引所ごとに入金方法や手数料が異なるため、ご注意ください。

入金が完了したら、「販売所」か「取引所」からビットコインを選び、購入に進みます。

手順③Avalancheが上場している海外の取引所にビットコインを送金する

購入したビットコインをAvalanche(アバランチ)が上場している海外の取引所に送金します。

なお海外の取引所は、安全性や信頼性で劣るため、当サイトでは非推奨とさせていただいております。

送金の際には手数料が発生することがあるので注意しましょう。

手順④ビットコインでAvalancheを購入する

送金が完了したら、いよいよビットコインでAvalanche(アバランチ)を購入することができます。

ウォレットに送金したビットコインが反映されていることを確認し、「AVAX/BTC」で購入手続きを行いましょう。

また、アバランチの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • Avalanche(アバランチ)はアプリを構築するためのプラットフォーム
  • Avalanche(アバランチ)で使える独自のトークンを「AVAX」と呼ぶ
  • ブロックチェーン技術が優れており、スケーラビリティ問題の解決も期待できる
  • 主な将来性を左右するポイントは、「イーサリアムキラーとしての注目度」や「バーンの実施時期」
  • Avalanche(アバランチ)の購入に必要なビットコインを買える取引所は「Coincheck
  • Coincheckは、アバランチの購入に必要なビットコインを取引手数料無料で購入できる

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。