2022年5月17日

仮想通貨Bitdao(ビットダオ)とは?チャートや購入方法・買い方、取引所を解説!

Bitdao(ビットダオ)仮想通貨
ビットダオってどんな通貨なの?
ビットダオの購入方法を知りたい!

上記のような悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では仮想通貨ビットダオ(Bitdao/BIT)の特徴や将来性を予測するポイントなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

この記事のまとめ

  • Bitdaoは取引所「Bybit」主導のDeFiプロジェクト
  • ビットダオはBitdaoプロジェクトのガバナンストークン
  • BitdaoはDAO(分散型自立組織)である
  • ビットダオはDeFi市場の動向に影響される可能性がある
  • ビットダオの購入に必要なビットコイン(BTC)の購入におすすめの取引所はCoincheck
  • Coincheckでは取引手数料無料でビットコインを購入可能

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を読むことで、ビットダオの特徴や購入方法などがわかります。

BitDAO(BIT/ビットダオ)とは?基本情報や時価総額を紹介!

ティッカーシンボル BIT
1BITあたりの価格 約150円
時価総額 87,958,725,05円(2022年4月執筆時点)
取り扱い開始 2021年9月
発行上限 100億枚

ビットダオ(BIT)とは、シンガポールの仮想通貨取引所Bybitが支援する DAOプロジェクト「BitDAO」のガバナンストークンのことです。

BitDAOは分散型金融を示すDeFi市場の活性化を目指しており、Bybitより多額の投資を得ているプロジェクトです。

DeFi市場の拡大とともにこれまでの集権型金融であるCeFi市場と連携し市場の発展に貢献するプロジェクトです。

ビットダオは期待されているプロジェクト内のトークンであり、DeFi市場の活性化に応じて価格が高騰する可能性があると言えるでしょう。

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

BitDAO(BIT/ビットダオ)の特徴3選

BitDAO(BIT/ビットダオ)の特徴には、以下があります。

上記を知ることで、BitDAOプロジェクトの目標や詳細を知ることができます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

取引所「Bybit」が企画したDeFi関連プロジェクトである

BitDAO(BIT/ビットダオ)には、取引所「Bybit」が企画したDeFi関連プロジェクトであるという特徴があります。

Bybitはシンガポールの大手仮想通貨取引所であり、DeFi市場の活性化を目的としてBitDAOプロジェクトを支援しています。

また、Bybitの他にも多くの企業から投資されており、比較的関心を集めているプロジェクトとなっています。

投資企業の一例を以下にまとめたので、参考にしてください。

  • AMBER
  • MYFOREX
  • ROVIDA
  • PEAK CAPITAL

上記の他にも多くの企業や人物から投資を受けていることから、大きな期待を寄せられていると言えるでしょう。

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

ガバナンストークン「BIT」を発行している

BitDAO(BIT/ビットダオ)の特徴として、ガバナンストークン「BIT」を発行しているということがあります。

ガバナンストークンとは、分散型ネットワークにおける運用方針を決定する投票に用いるトークンのことです。

分散型ネットワークでは管理者がいないことから、ガバナンストークンの所持者がアプリのアップデートに関する投票などを行います。

所持量に応じて投票権が大きくなるというのがガバナンストークンの特徴です。

ビットダオ(BIT)は取引所で売買されているだけでなく、BitDAOプロジェクトへの出資者にリターンとして配られています。

中央に管理者のいない分散型自律組織である

BitDAO(BIT/ビットダオ)は、中央に管理者のいない分散型自立組織であるという特徴があります。

DAO(Decentralized Automous Organization)とは、自律分散型組織を意味する管理者を必要としない分散型の組織のことです。

DAOは管理者を必要としないため、比較的公平性の高い体系であるという特徴があります。

また、人による管理が必要ないということから取引スピードが早い他、低コストでの運営が可能となっています。

DAOはこれまでの中央集権型の組織と比較して自動運営が可能な組織だと言えるでしょう。

DAOは自立運営が可能で、公平性のある組織なんですね!

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイント

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイントには、以下があります。

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイント

上記を知ることで、今後ビットダオ(BIT)に投資する際の指針を知ることができます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

プロジェクトの進捗

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイント1つ目は、プロジェクトの進捗です。

BitDAOは多くの投資家や企業から投資を受けており、Bybitからも巨額の投資がされています。

BitDAOは受けた投資を元に、支援分野であるDeFi市場へ出資を行い、出資先のプロジェクトが成功することでさらなる利益が見込めるようになっています。

また、同時にガバナンストークンであるビットダオ(BIT)の知名度が上がり、価格が上昇する可能性があると言えるでしょう。

そのため、ビットダオに投資する際はBitDAOプロジェクトの進捗に注目するのも良いでしょう。

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

DeFiへの注目

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイントとして、DeFiへの注目があります。

DeFi(分散型金融)は、運用形態や公平性の点から現在注目が集まっている分野です。

日本でも分散型金融を推進する組織JDA(Japan DeFi Alliance)が発足するなど、DeFiの普及への関心が高まっています。

そのため、BitDAOが出資しているDeFi市場が活性化することでBitDAOの利益が高まると同時にビットダオ(BIT)へ注目が集まる可能性があると言えるでしょう。

今後のDeFi市場の動きはビットダオの価格に大きく影響を及ぼす可能性があるので、投資を考えている場合は注目しておくことをおすすめします。

DeFi市場活性化のためのプロジェクトなので、市場の動向に影響を受ける可能性があります。

新たな提携企業

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイントとして、新たな提携企業があります。

BitDAOは現在PayPalを創業したのPeter Thiel氏やAMBERなど、多くの投資家や企業から支援されています。

今後提携企業が増えることでさらに出資額が増え、より一層DeFi分野の発展が見込まれるでしょう。

加えて、出資者へビットダオが分配されるため、出資企業が増えることは通貨の流動性の向上にもつながるというメリットもあります。

提携企業の増加はBitDAOプロジェクトの注目度に影響するため、ビットダオ(BIT)への投資において重要なポイントだと言えるでしょう。

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

国内取引所への上場

BitDAO(BIT/ビットダオ)の今後の将来性を予想するポイントとして、国内取引所への上場があります。

仮想通貨は一般的に新たな取引所に上場することで注目が高まり、価格が上昇する傾向にあります。

ビットダオ(BIT)は国内ではまだ上場しておらず、今後の動きによっては国内取引所への上場が実現する可能性もゼロではないという状態です。

仮想通貨投資において取引所への上場は重要であるため、ビットダオ(BIT)に投資する際も動向を追うようにしましょう。

BitDAO(BIT/ビットダオ)のこれまでの価格動向は?チャートで分析!


ビットダオ(BIT)は2022年3月末に約164円まで上がった後、2022年4月執筆時点で現在152円で落ち着いています。

ビットダオはDeFi市場の活性化やプロジェクトの注目度、投資家の増加など値動きに影響するポイントが多くある仮想通貨です。

そのため、今後 BitDAOプロジェクトへの新たな投資や新規取引所への上場などによっては値上がりする可能性もあると言えるでしょう。

Bitdao購入に必要なビットコインを買える取引所を見てみる

BitDAO(BIT/ビットダオ)の購入に必要なビットコインを購入できる取引所

コインチェック

取り扱い銘柄数 18種類
BITに関する特徴 ビットダオ(BIT)の購入に必要なビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入できる
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(BTC) 無料
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、ビットダオ(BIT)の購入に必要なビットコイン(BTC)を取引手数料無料で購入できるというメリットがあります。

ビットダオは国内取引所では取り扱っていないため、まず国内取引所でビットコインなどの通貨を購入し、海外取引所へ送金する必要があります。

Coincheckでは購入に用いるビットコインを取引手数料無料で購入できるため、取引コストを抑えて通貨を購入したい方にはおすすめの取引所となっています。

また、Coincheckには、ビットコイン以外にも多くの銘柄を取り扱っているというメリットもあります。

この取引所ではビットコインを含めた18種類もの仮想通貨を取引可能です。

そのため、ビットコインの他に新たに取引したい通貨が出てきた場合でもCoincheckであれば取り扱っていないという可能性は低いと言えるでしょう。

Coincheckはビットダオの購入に必要なビットコインの他にも多くの通貨を取引したい方におすすめの仮想通貨取引所です。

Coincheckではコストを抑えつつビットコインを購入できます!

国内最多級の取り扱い通貨数!

BitDAO(BIT/ビットダオ)の具体的な購入方法・買い方の手順

ビットダオ(BIT)は現在(2022年4月時点)、国内取引所での取り扱いが開始されていません。

そのため、国内取引所でビットコイン(BTC)など仮想通貨を購入して、海外取引所に送金して購入する必要があります。

今回はCoincheckを例にビットダオの購入方法を解説していきます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

手順①国内取引所の口座を開設する

まず、Coincheckの口座開設をする必要があります。

CoincheckはスマホアプリまたはPCサイトから口座開設することができます。

口座開設の際に虚偽の情報や誤った情報を入力してしまった場合、開設が遅れることもあるので、気をつけるようにしましょう。

国内最多級の取り扱い通貨数!

また、Coincheck以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

手順②ビットコインを購入する

口座開設を完了させ、Coincheckでビットダオ(BIT)の購入に必要なビットコインを購入しましょう。

また、手持ち資金以上の購入はできないようになっていますが、金額を誤入力して思わず損をしてしまう可能性があるため、購入の際は気をつけるようにしましょう。

手順③BitDAOの取り扱いのある海外取引所で購入する

最後に、ビットダオ(BIT)の取り扱いのある海外取引所で通貨を購入します。

海外取引所で購入するために、Coincheckで購入したビットコインの送金が必要になります。

そして、送金したビットコインを用いて海外取引所でビットダオ(BIT)を購入して完了です。

ただし、海外取引所はセキュリティなどの観点から、当サイトでは利用を推奨していません。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。