2022年11月14日

コインチェックの評判・口コミはどう?デメリットや安全性についても紹介!

Coincheck口コミ
仮想通貨取引所の名前で「Coincheck」とよく聞くけれど、評判が気になる!
Coincheckにはメリットやデメリットも含め、どんな評判があるのか知りたい!

仮想通貨取引所を検討するにあたって、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、Coincheck(コインチェック)の評判をメリットやデメリットだけでなく実際の声も含めて詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所
  • 国内最大級の18種類の銘柄の取り扱いがある(※2022年4月現在)
  • 仮想通貨取引初心者でも、アプリが使いやすいという評判もある
  • また、取引所を利用した場合、取引手数料が無料
  • さらに、仮想通貨の取扱銘柄のすべてを日本円から直接購入が可能で、公共料金の支払いなどでビットコインの還元を受けられる
  • Coincheck(コインチェック)のキャンペーン情報を知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所のキャンペーンを一覧で紹介!」も参考にしてください。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

この記事を最後まで読むことで、Coincheck(コインチェック)の詳しい特徴がわかります。

Coincheck(コインチェック)の基本情報や特徴を紹介

コインチェック
取り扱い銘柄数 18種類
取引手数料 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckの特徴

  • 初心者でも使いやすいアプリ
  • 取り扱い通貨数が国内最多クラス
  • アプリダウンロード数No.1(※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie))

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckは、初心者でも使いやすいのが特徴です。取り扱い通貨数も18種類と国内トップクラスであるのもメリットの1つと言えるでしょう。

Coincheckは、多くの種類のアルトコインを購入したい方や使いやすいサイト、アプリで取引したい方におすすめの取引所です。

なお、ザ・サンドボックス(The Sandbox)で使用できるLANDをCoincheck NFT β版での販売や、BAYCメタバース「Otherside」の土地の販売など、NFT領域でも注目の取引所と言えます。

上記以外にも「Joyfa」が提供するNFTスニーカーもCoincheck NFT β版での取り扱いを開始しています。

初心者でも使いやすいのは嬉しいです!
取り扱い通貨数が多いので中〜上級者の方も満足できますね!

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

また、Coincheck以外にもおすすめの取引所について詳しく知りたい方は、「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ15選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)の評判は大丈夫?評判・口コミを解説!

良い口コミ・評判

Coincheckの口コミ・評判

20代 / 男性

1.口座開設のきっかけ

「ダウンロード数No.1 ※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)」の文字を見て、みんなが使っているなら使いやすいと考えました。

2.使ってみた感想
実際に使ってみると、スマホアプリがとても操作しやすかったです。
特に販売所の方は、「購入する」のボタン1つで初心者でも迷わず操作できると思います。
また、たくさんの銘柄を扱っているので、値下がりしているアルトコインを複数種類購入できるのも良い点です。

30代 / 女性

1.口座開設のきっかけ

ちょうどキャンペーン中だったので始めました。ほかの取引所と比較してもお得なキャンペーンをやっていたので、深く考えずにこの取引所を選びました。

2.使ってみた感想
ワンコイン(500円)からビットコインを購入できるので、お試しで始められました。
また、最短1日で口座開設もできたので、忘れないうちに取引を始められたことも良いポイントだったと思います。
取引所の手数料は無料なので、ビットコインを買う際は嬉しい点です。

30代 / 男性

1.口座開設のきっかけ

LANDのお得なキャンペーンを見て選びました。全員に5万円分のイーサリアムをプレゼントしてくれるため、正直一択でした。

2.使ってみた感想
コインチェックでもNFTを取引できるので良かったです。
The Sandboxなど、比較的有名なゲームの土地(LAND)も取り扱っているので、今後も使っていきたいです。
アプリも基本的には使いやすいので、困ることもありません。

30代 / 男性

1.口座開設のきっかけ

CMを見て始めようと思いました。ちょうど仮想通貨が値上がりてニュースになったタイミングだったので、気になっていました。

2.使ってみた感想
アプリは誰でも使えるくらいわかりやすいです。取引所の取引手数料が無料なところも良いですね。
ただ、販売所でしか扱っていない銘柄も結構あるので、取引予定の通貨は要チェックだと思います。

良くない口コミ・評判

Coincheckの口コミ・評判

40代 / 男性

取引画面のわかりやすさが気に入って使っています。ただ、スプレッドが少し広いことが気になっています。

30代 / 女性

アルトコインが上場した時のお知らせがもう少し早いと嬉しい。SANDなどコインチェック限定銘柄がある点はメリットですが。。

30代 / 男性

レバレッジ取引にはどの銘柄も対応していないため、現物のみの取引になる点が残念です。NFTを取引できるサービスもあるので、NFTやメタバースなどに関心がある人にはおすすめかもしれません

20代 / 女性

取引所で扱っている銘柄が少ない。数種類を除き、基本的には販売所での取引になるので、手数料が気になる方は注意です。

Coincheck(コインチェック)のメリット9個を紹介

Coincheck(コインチェック)のメリットとして以下があります。

これらのメリットを知ることでよりCoincheckを最大限に活かすことができるでしょう。それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

国内仮想通貨取引所の中で最多級の取扱銘柄数を誇る

Coincheck(コインチェック)には、国内仮想通貨取引所の中で最多級の取扱銘柄数を誇るというメリットがあります。

Coincheckは現在、18種類の仮想通貨を取り扱っています(2022年4月時点)。以下が取り扱っている銘柄です。

Coincheck 取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • シンボル(XYM)

Coincheck(コインチェック)では、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など代表的な仮想通貨だけでなく、草コインと呼ばれる比較的マイナーな仮想通貨も取り扱っているのが特徴です。

また、エンジンコイン(ENJ)やステラルーメン(XLM)など比較的日本での取り扱いが少ない仮想通貨も積極的に取り入れているため、今後も取り扱いが増える可能性があると言えるでしょう。

30代 / 女性

コインチェックは国内でも取り扱い銘柄が多い取引所です。操作しやすい販売所での取り扱いなので、初めて購入する通貨でも迷わずに買うことができました。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

初心者でもアプリが使いやすい

Coincheckを利用することのメリットとして、仮想通貨取引初心者の方でも専用アプリが使いやすく設計されていることがあります。

以前より「日本で一番簡単にビットコイン(BTC)を買える取引所」を掲げていたこともあり、操作方法がわからないはじめての人でも容易に操作できるデザインになっています。

Coincheckの専用アプリでは、トレードビュー機能で好みに合わせた形でチャートをカスタマイズでき、簡単に仮想通貨の値動きを確認することが可能です。

テクニカル分析機能も豊富に取り揃えられており、専用アプリ1つでマーケット分析から売買取引までカバーできます。

また、仮想通貨を購入する際は、購入ボタンを押して購入金額を入力するのみで約定が完了するため、初心者の方にもわかりやすい設計となっています。

当サイト運営部が独自に実施したアンケート調査でも「スマホアプリが使いやすいイメージの仮想通貨取引所」として、最も多くの方が回答していたのがコインチェックでした。

スマホアプリが使いやすい取引所

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

さらに「総資産」ボタンでは、現状のポートフォリオが一目でわかるため、保有資産の運用状況をすぐに把握できます。

専用アプリを利用することで、初心者の方でも操作に悩むことなく利用できるでしょう。

なお、おすすめの仮想通貨アプリについて詳しく知りたい方は、「仮想通貨・ビットコインアプリおすすめ5選!」も参考にしてください。

取引所の場合、取引手数料が無料である

Coincheck(コインチェック)は、取引所を利用した場合の取引手数料が無料です。

ビットコインを購入する際の取引手数料を、他取引所と比較して以下の表でまとめています。

取引所名 取引手数料(取引所形式でBTCを取引した場合)
Coincheck 無料
GMOコイン -0.01%(Maker)0.05%(Taker)
bitFlyer 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)

CoincheckではMaker・Takerのいずれにおいても手数料がかからないため、取引所で取引をした場合はお得と言えます。

ただし、取引所では、手続きがやや複雑になることや売買したい価格で取引がすぐに成立しない場合がある点に注意が必要です。

取引所形式では手数料が無料です!

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

東証プライム上場企業を親会社に持つため安全性が高い

Coincheck(コインチェック)を利用することのメリットとして、東証プライム上場企業を親会社に持つため安全性が高いこともあります。

Coincheckの現在の代表取締役は、大手金融会社出身の蓮尾聡氏が務めています。

金融業界に関する幅広い知識や、ノウハウが豊富な会社によって運営されていることは安心材料の一つと言えるでしょう。

また、Coincheckの専用アプリは、国内の仮想通貨取引アプリのなかでダウンロード数がNo.1(※)であり、利用者からも人気が高いことがわかります。

国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1
※2020年1月~12月(データ協力:App Annie)

アプリの利用者が多いことや取引所の運営体制が安心できるバックグラウンドであることは、初心者でも安心して取引を行える要因と言えるでしょう。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

取り扱い銘柄すべてを日本円から購入できる

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨の取扱銘柄のすべてを日本円から直接購入できます。

Coincheckでは、ビットコイン以外にもアルトコインも直接日本円から購入することが可能となっています。

従ってアルトコインを買うためにわざわざビットコインの購入を経由する必要がなく、余計な取引手数料や手間をかけずに済みます。

仮想通貨の購入取引を行うにあたって、運用コストを抑えられるというのは魅力的なポイントです。

貸仮想通貨(レンディング)サービスがある

Coincheck(コインチェック)を利用することのメリットとして、貸仮想通貨(レンディング)サービスがあることがあります。

貸仮想通貨(レンディング)サービスについて、以下に概要をまとめています。

「貸仮想通貨サービス」とは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。

Coincheckの貸仮想通貨(レンディング)サービスでは、Coincheckで取扱う全ての仮想通貨から4つの期間を選んで貸し出しが可能です。貸出期間によっては最大で年率5.0%の利回りを実現できる可能性もあります。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

ただし、貸出期間中においても仮想通貨の時価は変動するため、価格変動リスクは通常の取引と同様に存在します。

貸出中の通貨は動かすことができないので、値上がりした際に売却して利益を確定させたり、暴落時に損切りしたりすることもできません。

また、万が一取引所が倒産した場合において、貸し出している仮想通貨の一部もしくは全額が返ってこないというリスクもあります。

なお、レンディングについてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨/lending)の意味は?レンディングができる取引所も比較!」も参考にしてください。

積み立て投資により長期的な取引ができる

Coincheck(コインチェック)を利用することのメリットとして、積立投資により長期的な取引ができる点もあります。

Coincheckでは毎月1万円から積立投資が可能です。以下に積立投資の概要をまとめています。

Coincheckつみたてとは
毎月一定額を自動で積み立て、安定した仮想通貨投資ができるサービスです

積立投資では毎月決められた日に仮想通貨を購入するため、時間を分散することでリスクを分散することが可能です。

また、Coincheckでは毎月1万円から積立投資を行うことが可能であり、初心者の方でも着実に積立投資を始められます。

積立投資は長期運用が前提の投資手法になるため、日々の価格変動を必要以上に意識する必要がなくなるでしょう。

なお、Coincheckでは積立を行う金額を途中で変更することも可能となっています。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

公共料金の支払いでビットコインによる還元がある

Coincheck(コインチェック)では、公共料金の支払いでビットコインの還元を受けられます。

公共料金の支払いでは「Coincheckでんき」を契約した場合に適用されます。

Coincheckでんきとは、株式会社イーネットワークシステムズとCoincheckが提携し、電力の供給とビットコインの還元を行うサービスのことです。

Coincheckでんきでは、以下の二つのプランが展開されています。

プラン 概要
ビットコイン付与プラン 通常の電気料金から安くなった差額分(1~7%)がビットコインとして付与される
ビットコイン決済プラン ビットコインで電気代を支払うと、通常の電気代よりも1~7%安くなる

現在利用している電力会社から乗り換えることによって月々の電気代を抑えられる可能性があり、ビットコインの還元も受けられるためお得なサービスと言えます。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

2022年4月現在、Coincheckでんきのサービスは、沖縄県内とその他離島以外の地域にて展開されています。

現在の電力会社からの乗り換えに係る諸手続きは全てCoincheckが代行してくれるため、煩わしい手続きも発生しません。

日々の暮らしの支払いからビットコインの還元を受けられるのはお得ですね!
ガス料金の支払いでビットコインの還元が受けられる「Coincheckガス」もあります!

大口OTC取引に対応している

Coincheck(コインチェック)を利用することのメリットとして、大口OTC取引サービスに対応していることがあります。

大口OTC取引サービスについては以下の通りです。

大口OTC取引サービスとは
数千万以上の大口取引をされるお客様が、優遇レートで取引できるサービスです。

上記のように、仮想通貨の大量注文を行う場合は、顧客にとって有利なレートで取引ができるサービスです。

大口OTC取引サービスが利用できる仮想通貨は以下の5種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

なお、大口OTC取引サービスは一度に数千万円以上の仮想通貨を購入した場合にのみ適用されるため、通常の取引の場合は意識する必要はないでしょう。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

Coincheck(コインチェック)のデメリット3個を紹介

Coincheck(コインチェック)のデメリットとして以下があります。

これらのデメリットを押さえることでCoincheckを理解したうえで取引を行うことはできます。それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

ビットコインと一部のアルトコイン以外は販売所形式での取引になる

Coincheck(コインチェック)では、ビットコインと一部のアルトコイン以外は販売所形式での取引に限定されます。

Coincheckの取引所で取引ができる仮想通貨は以下の通りです。

取引所ではどの仮想通貨を取引できますか

ビットコイン(BTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・パレットトークン(PLT)・リスク(LSK)・オーエムジー(OMG)

上記以外の仮想通貨については販売所での取引となるため、実質的に割高な取引になる傾向があります。

仮想通貨の取引において、なるべくコストを抑えたいという方にとってはデメリットに感じるでしょう。

ただし、ビットコインをメインに投資したいという方にとっては、問題なく手数料無料で取引ができるため、手数料を心配する必要はありません。

家族や友達を招待すると1,000円がもらえる!

信用取引・FX取引に対応していない

Coincheckのデメリットとして、信用取引・FX取引に対応していないことが考えられます。

Coincheckではレバレッジをかけた信用取引・FX取引の取り扱いがありません。ただし、レバレッジをかけた取引は、リターンが大きい分リスクも比例して大きくなります。

仮想通貨投資の初心者の場合は、現物取引から始めて仮想通貨取引に慣れるのも良いでしょう。

スプレッドが比較的広めに設定されている

Coincheck(コインチェック)は、スプレッドが比較的広めに設定されていることもデメリットでしょう。

スプレッドとは買値と売値の差額のことであり、この差額は顧客が負担する実質的な手数料になります。

仮想通貨スプレッド

短期的な取引を頻繁に行いたい方にとっては、売買の都度手数料が発生することとなります。大きな利益が出なければ利益率は低くなるでしょう。

スプレッドは日々変化するので毎日のチェックが大切です!

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)