2022年5月17日

仮想通貨ATOM(コスモス・アトムコイン)とは?将来性や評判、取引所、買い方を解説!

ATOM(コスモス)仮想通貨
コスモスってどんな仮想通貨?
コスモスは今後価格が上がるの?

上記のような疑問を持っている方はいるのではないでしょうか。

この記事ではコスモス(ATOM)の特徴や将来性について紹介していきます。

この記事のまとめ

  • コスモス(ATOM)はCosmosブロックチェーン内で用いられる通貨
  • Cosmosは異なるブロックチェーンを接続して運用するためのプロジェクト
  • コスモスはスマートコントラクト機能を採用している
  • コスモスを利用したアプリやサービスが多くローンチされている
  • コスモスを購入するのにおすすめの取引所はGMOコイン
  • GMOコインコスモスを取引できる国内で唯一の取引所(※2022年4月時点)

最短10分で簡単に口座開設ができる!

この記事を読むことで、コスモスに投資する際に見るべきポイントなどがわかります。

仮想通貨(暗号資産)コスモス(ATOM/アトムコイン)とは?基本情報を紹介!

コスモス フリー素材

ティッカーシンボル ATOM
1ATOMあたりの価格 3,051.64円(※2022年4月執筆時点)
取り扱い開始 2019年3月19日(COSMOS公式サイト)
発行上限 259,572,057ATOM

コスモス(ATOM)は、Cosmosブロックチェーン内で用いられる仮想通貨です。

Cosmosブロックチェーンとは、異なるブロックチェーン同士を接続し運用するためのプロジェクトです。

ブロックチェーン同士の接続を実現することで、分散型社会を構築することを目指しています。

コスモスは上記の他にも多くの特徴を持っている仮想通貨です!

コスモスを購入できる取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)コスモス(ATOM)の特徴5選

コスモス(ATOM)の特徴として、主に以下の5つがあります。

通貨の特徴を知ると、他の通貨との比較もでき、自身の投資スタイルに合った通貨を選択しやすくなります。

では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

異なるブロックチェーン同士を接続することができる

コスモス(ATOM)には、異なるブロックチェーン同士を接続することができるという特徴があります。

本来、互換性のないブロックチェーン同士は接続できず、「ブロックチェーン上のサービスや通貨は属しているチェーン上でしか利用できない」という性質があります。

しかし、Cosmosはその接続を可能とする「Cosmos hub」と呼ばれるハブ(中継地点)を持っています。

このCosmos hubを介することによって他ブロックチェーンとの接続が可能となり、データの転送ができるようになります。

これにより異なるブロックチェーン間での通信が可能となるため、取引所を介さない通貨の取引や他サービスとの連携が可能になると予想されています。

コスモスを購入できる取引所を見てみる

スマートコントラクト機能を採用している

コスモス(ATOM)は、スマートコントラクト機能を採用しています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上の取引の実行を自動化するシステムのことです。

この仕組みを採用すると、第三者の介入がなくなることで、取引の信頼性が上がるというメリットがあります。

また、取引コストの削減も可能になります。

加えて、取引は即時に行われ取引内容も暗号化されるため、セキュリティレベルの向上も期待できます。

このシステムにより取引者が直接繋がり、高い信頼性と処理速度を持ったスマートな取引が可能となります。

ブロックチェーンを比較的簡単に作成できる

コスモス(ATOM)では、ブロックチェーンを比較的簡単に作成することが可能です。

Cosmosには「Cosmos SDK」というオープンソースのソフトウェア開発ツールがあり、これによってブロックチェーンを比較的簡単に作成することができます。

また、Cosmos上で開発できるため、他ブロックチェーンとの相互運用が可能な独自のブロックチェーンを作成することもできます。

なお、Cosmos SDKはすでに多くのアプリで利用されており、263のアプリとサービスが実現しています。(※2022年4月現在)

アプリやサービスの注目度はコスモスの価格にも影響を及ぼす可能性があると言えるでしょう。

コスモスを購入できる取引所を見てみる

スケーラビリティ問題を解消できる可能性がある

また、コスモス(ATOM)によって、スケーラビリティ問題を解消できる可能性があります。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン上の処理データ量が多くなり、取引の遅延などの障害が起こることです。

仮想通貨の利用者が増えたことなどが主な原因となっています。

Cosmos hubを用いて他チェーンとの接続が可能になれば、各ブロックチェーン上での処理量を分散させ、処理データの負担を軽減させることが可能になります。

Cosmosはスケーラビリティ問題の解決の面でも大きく期待されています。

今後、Cosmosの利用者が増え注目が集まることによって、コスモス(ATOM)の価格が上昇する可能性もあります。

ステーキングに対応している

コスモス(ATOM)は、ステーキングに対応しているという特徴もあります。

ステーキングとは、仮想通貨をウォレット内で持つことにより、ブロックチェーンコミュニティでの承認や貢献に応じて報酬が払われる仕組みのことです。

通貨の売買によって生じるキャピタルゲイン(売却益)に対して、ステーキングはインカムゲイン(配当所得)に当たるものです。

一般的に、通貨を多く・長く所持しているほどもらえる対価は高くなります。

コスモスを保有するだけで報酬が得られるため、比較的価格変動による影響を受けずに仮想通貨投資による利益を狙うことが可能だと言えます。

コスモスを購入できる取引所を見てみる

コスモス(ATOM)の将来性を予測するポイント3選

コスモス(ATOM)の将来性を予測するポイントには、以下の3つがあります。

上記の点から通貨の持つ将来性を予測し、ぜひ仮想通貨投資に役立ててください。

では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

企業や公的機関との提携

コスモス(ATOM)の将来性を予測するポイントとして、まず企業や公的機関との提携があります。

Cosmosブロックチェーンは多くのサービスや企業に利用されており、例として大手の海外取引所などでも採用されています。

また、国内においては株式会社CauchyeがCosmos SDKを活用した企業へのブロックチェーン開発サービスを手掛けるなど、注目が高まっています。

その他、大手自動車メーカーであるTOYOTAもCosmosを活用した車両の価値証明や所有権に関する実験を開始しています。

今後、新たな提携が発表されると注目度がさらに上がり通貨の価格が上昇する可能性があるため、企業との提携に注目しておくことが重要と言えるでしょう。

コスモスはすでに多くの企業との提携を果たしているんですね!

コスモスを購入できる取引所を見てみる

新しい取引所への上場

コスモス(ATOM)の将来性を予測する際には、新しい取引所への上場に注意しておくことも重要です。

仮想通貨は一般的に、新たな取引所に上場することで注目度が高まり、価格が上昇する傾向にあります。

現在、コスモスは世界的には多くの取引所に上場していますが、国内で取り扱いが開始されているのはGMOコインのみです。(※2022年4月現在)

今後コスモスが新たな取引所に上場すると、そのタイミングで価格が上がる可能性があると言えます。

そのため、コスモスの購入を考えている場合は取引所への新規上場に注目しておくのが良いでしょう。

コスモス(ATOM)を利用したサービスが増えるかどうか

現在、コスモス(ATOM)を利用したサービスの一例として、以下の2つがあります。

コスモス(ATOM)を利用したサービスが増えるかどうか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

GAME(Cosmos Gaming Hub)

コスモス(ATOM)を利用したサービスにはGAMEがあります。

GAMEとはCosmosブロックチェーンを元に作られた分散型ゲームプラットフォームです。

GAMEのユーザーは、ゲーム開発キット「GAME SDK」を用いて簡単にゲームを作成することが可能です。

また、ユーザーはゲーム内の武器などのデータを、管理者を介さずに取引することができます。

GAMEでは分散型ゲームの開発が可能であり、ユーザーは自由にゲーム内のデータ管理や取引をすることが可能となります。

Terra Money

コスモス(ATOM)を利用したサービスにはTerra Moneyもあります。

Terra Moneyはステーブルコインプロジェクトであり、ステーブルコインとは、価格の安定化を図るために設計された暗号資産のことです。

Terra MoneyはECの決済システムでの利用を目指しています。

韓国の大手通話アプリ「カカオ」との提携を発表するなど、Terraへの注目度は高まっています。

TerraなどCosmos SDKを用いて開発されたプロジェクトが注目されることで、Cosmosへの関心も高くなる可能性があります。
コスモスを購入できる取引所を見てみる

コスモス(ATOM)の現在の価格は?チャートで見る将来性


上記のチャートから、3月末から4月初旬にかけて大きく価格が上昇し、その後大きく価格が下落していることがわかります。

今後、Cosmosを用いたプロジェクトの注目度の上昇や新規取引所への上場によっては値上がりする可能性もあります。

コスモスを購入できる取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)コスモス(ATOM)を購入できる取引所

GMOコイン

取り扱い銘柄数 20種類
取引手数料 ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料(ATOM) 無料
最低取引額(ATOM) 販売所:0.000001ATOM

GMOコインのメリット!

  • 国内取引所で唯一コスモス(ATOM)を取引できる(※2022年4月執筆時点)
  • GMOインターネットグループの傘下であり、セキュリティが充実している
  • 20銘柄もの仮想通貨を取引できる

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインには、コスモス(ATOM)を取引できるというメリットがあります。2022年4月の執筆時点で、国内でコスモスを取り扱っている取引所はGMOコインのみです。

そのため、将来性を期待できる可能性があるコスモスを今のうちに購入しておきたい場合におすすめの取引所です。

また、この取引所はGMOインターネットグループの傘下であり、セキュリティが充実しているというメリットもあります。

仮想通貨取引ではセキュリティが重要なので、親会社が東証一部上場しており信頼できる企業だと、安心して取引を開始できます。

GMOコインは国内で唯一コスモスを取引できる取引所です!(※2022年4月執筆時点)

最短10分で簡単に口座開設ができる!

コスモス(ATOM)の買い方・購入方法

コスモス(ATOM)の購入方法について解説していきます。

コスモス(ATOM)は、GMOコインにて購入することができます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

①GMOコインの口座開設をする

まずは、GMOコインの口座開設をしましょう。

始めに、口座開設フォームから、画面の指示に従ってメールアドレスを登録し、二段階認証の設定などを完了させます。

その後、必要情報を入力し、本人確認を済ませます。

個人情報を入力する際、虚偽の情報や誤った情報を入力すると開設が遅れることがあるため、十分に注意しましょう。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

また、GMOコイン以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

②GMOコインの口座に日本円を入金する

次に、会員サイトにログインし、開設した口座に日本円を入金します。

入金方法は「即時入金」「振込入金」の2種類から選べます。

いずれも入金手数料は無料のため、自身に合った入金方法を選択しましょう。

ただし、銀行振込の場合振込手数料は個人負担となるため、注意してください。

その後、メニュー画面の「入出金」を選択し、入金額を入力して完了です。

③販売所でコスモス(ATOM)を選択する

日本円を入金したら、販売所で「コスモス(ATOM)」を選択します。

④数量を指定して購入する

最後に、数量を指定して購入します。

「コスモス(ATOM)」を選択したら、購入したい金額、または数量を入力します。

入力できたら「購入」ボタンを押して確認画面に進み、「確定」を押すと購入完了です。

以上が、コスモス(ATOM)を購入する手順です。

仮想通貨(暗号資産)コスモス(ATOM)の評判を解説!

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。