2024年6月14日

ビットコインキャッシュ(BTH)の買い方や購入できる取引所を解説!今後の価格は上がらない?将来性は?

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
ビットコインキャッシュ(BTH)は上がらない?
ビットコインキャッシュが購入できる取引所が知りたい!

ビットコインキャッシュ(BTH)に関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴将来性、購入におすすめの仮想通貨銘柄かどうかを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)はビットコインの初めてのハードフォークで誕生した通貨
  • ビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題を解消
  • マイニング難易度の自動調整アルゴリズムを導入
  • 基軸通貨としてのポジションの確立が将来性を左右する可能性がある
  • ビットコインキャッシュを含めた仮想通貨の購入方法がわかりやすいおすすめの仮想通貨取引所Coincheck
  • Coincheckはダウンロード数No.1(※)のアプリを使って、複雑な操作を必要とせずビットコインキャッシュを購入できる
  • 仮想通貨の始め方もわかりやすいため、初めての方でも利用しやすい取引所

※2024年6月時点 公式サイトに記載

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

この記事を最後まで読むことで、ビットコインキャッシュの将来性や買い方がわかります!

※ビットコインキャッシュは、比較的古くからある仮想通貨ですが、ここ数年は価格が低迷しています。ビットコインキャッシュ以外のおすすめの仮想通貨を知りたい方は、「仮想通貨おすすめ銘柄」を参考にしてください。

CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

仮想通貨(暗号資産)ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

基本情報

仮想通貨のビットコインキャッシュ(BCH)とは

上記の画像は、仮想通貨の銘柄であるビットコインキャッシュ(BCH)についてまとめたものです。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年にビットコインの初めてのハードフォークで誕生した仮想通貨です。

ハードフォークとは、ブロックチェーンのアップデートに伴う仕様の変更で仮想通貨の根本であるブロックチェーンが分岐し、新たな仮想通貨が誕生することです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解決した仮想通貨という特徴があります。

専門家のコメント

haku

Hakuさん

22歳/仮想通貨トレーダー×NFTクリエイター
Xで1.3万フォロワーを獲得している

ビットコインと連動して価格が推移する傾向にある仮想通貨です。ビットコインの値動きに注目すると良いでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

ビットコイン(BTC)との違い

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の違いを以下の表にまとめました。

名称 ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコイン(BTC)
ブロック数 32MB 1MB
Segwitの実装 未実装 実装済み
マイニングの難易度調整 10分毎 2週間毎
時価総額(2024年4月執筆時点) 2,061,452,581,654 199,924,805,738,676
ランキング(2024年3月執筆時点) 17位 1位

ビットコインキャッシュは、ビットコインの取引量の増加に伴って生じた処理速度の低下問題を解決するためのアップデートで誕生しました。

ビットコインキャッシュは、ブロック数の上限を32MBまで拡大することで、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決しています。

一方、ビットコインは、スケーラビリティ問題への対応策としてSegwitを実装しました。

Segwitは、取引データを収縮し、1ブロックあたりに記録可能なデータ量を拡大することで処理速度の低下問題に対応しています。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

ビットコインキャッシュの買い方・購入方法

ビットコインキャッシュの買い方

ビットコインキャッシュの買い方・購入方法を解説します。

ビットコインキャッシュの購入は上記の4ステップで完了します。

ビットコインキャッシュを買える取引所の口座開設をする

まずはビットコインキャッシュが購入できる取引所を見つけ、口座開設を行いましょう。

DMM Bitcoinの場合は、スマホひとつで口座開設が可能で、「スピード本人確認」を利用した場合は最短1時間(※)で開設が可能です。

※2024年2月時点 公式サイトに記載

本人確認には運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書が必要となるため、事前に準備しておくことをおすすめします。

購入資金を入金する

口座開設が完了したら、ビットコインキャッシュの購入に必要な日本円を口座に入金しましょう。

入金を行う際は、すぐに口座に反映される「クイック入金」と銀行振り込みで行う「振込入金」から選択することができます。

クイック入金の場合はすぐにビットコインキャッシュを購入することができるため、スピード感を求めている方はクイック入金を選択すると良いでしょう。

どちらの入金方法でも手数料は無料ですが、振込入金の場合は銀行側の手数料がかかる場合があるため注意が必要です。

ビットコインキャッシュの価格変動を確認する

入金が完了したら、DMMBitcoinのアプリを利用してビットコインキャッシュの価格をチェックしましょう。

仮想通貨取引は価格が低下している時に購入するケースが多いため、自身の投資方法に適したタイミングを見極めることが重要です。

ビットコインキャッシュのチャート確認画面
出典:DMM Bitcoin

なお、DMMBitcoinの場合は上記画像よりも、さらに高度なチャート分析ができます。自身に合ったチャートを利用しましょう。

ビットコインキャッシュを購入する

購入できるタイミングになったら、「購入」ボタンを押し、ビットコインキャッシュを買う段階に移ります。

ビットコインキャッシュの購入画面
出典:DMM Bitcoin

DMMBitcoinでは数量を入力するのみのシンプルな操作で、ビットコインキャッシュの購入が可能です。

購入が完了した際は、自身のウォレットの残高が変化しているか、ビットコインキャッシュが追加されているか確認しておくと良いでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの特徴を以下にまとめました。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)のハードフォークで派生した通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のハードフォークで派生した仮想通貨です。

ハードフォークとは、仮想通貨のブロックチェーンがアップデートすることで、これまでのチェーンとの互換性がなくなり、新たな仮想通貨が生まれることを意味します。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解消するためのアップデートにより、2017年8月に誕生しました。

ビットコインはこれまで様々なハードフォークをしており、ビットコインキャッシュは初めての分裂で誕生しました。

ビットコインのハードフォークで誕生した通貨

  • ビットコインキャッシュ(BCH):2017年8月
  • ビットコインゴールド(BTG):2017年10月
  • ビットコインダイヤモンド(BCD):2017年11月
  • スーパービットコイン(SBTC):2017年12月
  • ビットコインアトム(BTA):2018年1月
  • ビットコインプライベート(BTCP):2018年2月
ビットコインキャッシュは、ビットコインと似た仕組みを持っています。
発行上限枚数や半減期、マイニングによる報酬額はビットコインと同様です。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

スケーラビリティ問題を解消

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題を解消するために誕生しました。

スケーラビリティ問題とは、取引量の増加によってシステムに負荷がかかることで処理速度が低下し、手数料の高騰などの影響が生じる問題のことを指します。

ビットコインは、ブロック数が1MBと少なく、記録する取引データが限界に達しやすいことからスケーラビリティ問題を抱えていました。

ビットコインキャッシュは、このスケーラビリティ問題を解消するために、ブロック数を拡大するアップデートによって誕生しました。

そのため、ビットコインキャッシュはブロック数の上限を拡大し、処理速度の高速化と安価な手数料を実現しています。

ビットコインキャッシュが誕生した当初のブロック数は8MBでしたが、2018年にアップデートを行い、32MBへと拡大しています。

オンチェーン処理による取引の透明化

ビットコインキャッシュ(BCH)は、オンチェーン処理による取引の透明化を実現しています。

オンチェーン処理とは、全ての取引データの記録をブロックチェーン上で行う仕組みのことです。

従来の処理では、取引の一部をブロックチェーン上に記録し、それ以外は内部のデータベースや他のブロックチェーンに記録されていました。

ビットコインキャッシュは、ひとつのブロックチェーン上に全ての取引データが記録されているため、取引状況の確認が容易で改ざんが難しいことから透明性が高いと言えます。

また、ビットコインキャッシュはオンチェーン処理を使用することでセキュリティ面も向上したと言えるでしょう。

このオンチェーン処理は、ブロック数を拡大したことによって実現できた仕様です。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

マイニング難易度の自動調整アルゴリズムを導入

ビットコインキャッシュ(BCH)は、マイニング難易度の自動調整アルゴリズムを導入しています。

マイニングとは、新しいブロックの生成に必要な複雑な計算作業にユーザーが協力することで、報酬として仮想通貨が得られる仕組みのことです。

マイニングには難易度があり、難易度によって得られる報酬が異なります。

ビットコインキャッシュは、「DAA」というアルゴリズムを使用し、マイニングの難易度が10分毎に自動調整される仕組みを導入しています。

ビットコインは、「NDA」というアルゴリズムを使用しており、マイニングの難易度は2週間毎に調整されています。

ビットコインキャッシュも当初はNDAを導入しておりましたが、マイニングを行うマイナー数と計算処理速度が釣り合っておらず、マイニングの安定的な運営ができない状況でした。

そのため、マイニングの難易度調整の頻度を増やすことで上記の問題が発生した際にすぐに軌道修正できるようになり、現在は比較的安定した運営が行えています。

ビットコインキャッシュの価格動向をリアルタイムチャートで紹介!


2021年5月に16万を超える高値をつけてから、仮想通貨全体の不況の影響を受け下降傾向にありましたが、2024年3月執筆時点では65,000円程度の値を付けています。

今後は基軸通貨としてのポジションの確立や決済通貨としての需要が高まることで値上がりする可能性があると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

ビットコインキャッシュは上がらない?今後の見通しや将来性を予想!

ビットコインキャッシュの今後の見通しや将来性を予想するポイントを紹介します。

ビットコインキャッシュの今後の見通し・将来性

ポイントを押さえることで高いパフォーマンスでの取引が行える可能性があります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

基軸通貨としてのポジションの確立

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性は、基軸通貨としてのポジションが確立できるかどうかが分岐点になると言えるでしょう。

基軸通貨とは、法定通貨の円やユーロのように取引で主に使用される通貨のことを指します。

ビットコインキャッシュはいくつかの海外取引所で基軸通貨として既に用いられています。

一方で、多くの取引所はビットコイン(BTC)を基軸通貨として使用している現状があります。

しかし、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を解決し取引の透明性やセキュリティ面でも優れているビットコインキャッシュに今後移行する可能性は少なくないでしょう。

基軸通貨として採用されるということは、通貨としての信頼性と安定性が評価されていることを意味します。

基軸通貨として採用する取引所が増えることで、価格が高騰する可能性もあるでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

2024年に控える半減期

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性は、2024年4月に迎えた半減期の影響を受けると考えられます。

半減期とは、マイニングによる報酬が半分に減額される時期のことを指します。

半減期を設定することによって仮想通貨の発行枚数を調整し、インフレを抑制する仕組みとなっています。

半減期を迎えた仮想通貨は発行枚数が減ることで価格が上がる傾向にあるため、半減期のタイミングに高騰するのではないかと予想されていました。

結果的に半期期を迎えた直後は上昇し、10万円台に到達しています。

ビットコインキャッシュは2020年4月にも半減期を迎えており、その際も徐々に価格が高騰し、1年後には半減期の5倍近くの高値をつけていました。

ただし、半減期にはマイニングを行うマイナーが減少することで、マイニングが安定的に機能せず、セキュリティ面が下がる可能性があります。

その影響を受けて価格が下落することも、マイニングによる仮想通貨の流通が少なることで流動性が落ち、価値が下落してしまう可能性もあります。

ビットコインキャッシュは50万・100万に上がる?AIによるレート予想を紹介!

AIによるビットコインキャッシュ(BCH)のレート予想を以下にまとめました。

サイト名 DigitalCoinPrice Coin Price forecas Wallet Investor
2023年 256.82ドル 119ドル 222.625ドル
2024年 363.83ドル 144ドル 5.553ドル
2025年 459.59ドル 162ドル 4.928ドル
2026年 459.59ドル 167ドル 2.061ドル
2027年 548.85ドル 197ドル 1.384ドル

出典:DigitalCoinPriceCoin Price forecasWallet Investor

2024年3月執筆時点のビットコインキャッシュの価格は441.99ドルであるため、3社は全て2023年時点では価格は上昇すると予想しています。

2028年の予想を見ると、DigitalCoinPriceは548.85ドル(約72,600円)、Coin Price forecasは197ドル(約26,000円)と、価格は上昇していくと予想しています。

一方、Wallet Investorは、1.384ドル(約180円)と大きく下落すると予想しています。

両極端な予想結果が出ているため、仮想通貨ニュースやSNSをこまめにチェックするなどして最新の情報をもとに慎重に判断した方が良いでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

ビットコインキャッシュが購入できる取引所

ビットコインキャッシュが購入できる主な国内取引所は以下のとおりです。

  • BITPoint
  • Coincheck
  • bitFlyer

それぞれの取引所を詳しく紹介していきます。

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数 26種類(※2024年5月時点)
取引手数料(BCH) 販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.001 (BCH)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • アプリのダウンロード数が国内No.1(※)
  • 取り扱い銘柄数が国内最多級
  • 東証プライム上場企業マネックスグループが親会社

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckは、初心者でも使いやすいシンプルなアプリ設計というメリットがある取引所です。

アプリのダウンロード数が国内No.1(※)で、スマホでもストレスなく取引を行うことができます。

また、この取引所は取り扱い銘柄数が国内最多級というメリットもあります。

26種類(※2024年1月時点)の仮想通貨を取り扱っており、SANDのような珍しい仮想通貨の取引も可能です。

また、Coincheckは東証プライム上場企業マネックスグループが親会社のため信頼性やセキュリティ性が高く、安心感を持って取引できるでしょう。

Coincheckは仮想通貨を始める初心者の方におすすめの取引所です。

※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

BITPoint

BITPOINT
取り扱い銘柄数 22種類(※2024年5月時点)
取引手数料 無料
送金手数料 無料
最低取引額 500円

BITPointのメリット!

  • 取引所形式では手数料無料でビットコインキャッシュが購入できる
  • 新しい銘柄の上場が比較的早い
  • 銀行振り込みや送金の際の手数料がかからない

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

BITPointは新しい仮想通貨銘柄の取り扱いが比較的早い仮想通貨取引所です。

他の取引所では扱っていない仮想通貨の取引ができるため、ビットコインキャッシュ以外にも購入したい通貨がある方におすすめと言えます。

また、BITPointは取引所形式で仮想通貨取引が可能な「BITPOINT PRO」を提供しており、ビットコインキャッシュの購入で手数料がかかりません。

その他にも送金手数料や入金の際の振込手数料などもかからないため、コストを抑えつつビットコインキャッシュの取引を行える取引所となっています。

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

bitFlyer

取り扱い銘柄数 33種類(※2024年5月時点)
取引手数料(BCH) ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0002(BCH)
最低取引額 ・取引所:0.01 BCH
・販売所:0.00000001 BCH

bitFlyerのメリット!

  • ビットコイン(BTC)の取引量がNo.1(※1)
  • 口座開設が国内最速級の10分(※2)で可能

口座開設で、2,500円分のビットコインがもらえる!(※)

※ 公式サイトに記載


bitFlyerは、株式会社 bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

ビットコイン(BTC)の取引量がNo.1(※1)という特徴を持っています。

そのため、希望価格での売買成立の可能性が高くなり、安定した取引を行うことができるでしょう。

また、口座開設が国内最速級の10分(※2)で可能という特徴もあります。

「クイック本人確認」を利用すれば、本人確認書類の画像をアップロードするのみで完了するため、気軽に仮想通貨取引が始められるでしょう。

以上のことから、bitFlyerはビットコインとビットコインキャッシュの取引をすぐに始めたい方におすすめです。

※1: Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
※2:公式サイトに記載

口座開設で、2,500円分のビットコインがもらえる!(※)

※ 公式サイトに記載


ビットコインキャッシュに関するよくある質問

ビットコインキャッシュが上がらないと言われる理由は?

ビットコインキャッシュが上がらないと言われる理由として以下のことが挙げられます。

  • 様々な仮想通貨の誕生
  • ビットコイン関連の仮想通貨の不調
  • 仮想通貨に対する法規制の強化

ビットコインキャッシュに限らず、2022年以降仮想通貨市場は全体を通して下落傾向にあります。

その中でも、様々な仮想通貨が誕生しており、近年はDeFi(分散型金融)関連のトークンが強い傾向にあります。

一方でビットコインキャッシュはいくつかの海外取引所で基軸通貨として用いられており、今後も取り扱う取引所は増えると予想されています。

上記のことからビットコインキャッシュが上がらないとは一概に言えないでしょう。

ビットコインキャッシュを買える取引所を見てみる

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)