2022年7月7日

ビットコイン ・仮想通貨はいくらから購入できる?何円から買えるか最小購入単位・最低購入金額を解説!

ビットコインいくらから
ビットコインはいくらから購入できるの?
具体的にどのくらい用意したら良いか知りたいですよね!

ビットコインをはじめとした仮想通貨がいくらから買えるのか、上記のような疑問を持っている方は多いでしょう。

この記事では、仮想通貨の最低購入金額や、比較的最低購入金額の低い取引所を詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • ビットコインは1,000~2,000円程度から購入できる取引所もある(現物取引の場合)
  • ビットコインを購入する場合、主にかかる費用は「元手資金」「入金手数料」「取引手数料」の3種類
  • 最小購入単位・最低購入金額は取引所ごとに異なる
  • 費用を算出する場合、元手資金以外にも手数料を考慮する必要がある
  • 数ある取引所の中でも、おすすめの取引所はCoincheck
  • Coincheckビットコインを500円という少額から購入でき、仮想通貨の取り扱い銘柄数が多い取引所

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

この記事を最後まで読むことで、各取引所でのビットコイン取引がいくらから始められるかがわかります。

また、仮想通貨取引の始め方やおすすめの取引所について詳しく知りたい方は、「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」や「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ15選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)はいくらから買える?

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)は1,000~2,000円程度から購入できることが多いです。(現物取引の場合)

ビットコインを購入する場合、主にかかる費用は以下の3種類です。

  • 元手資金(仮想通貨購入資金)
  • 入金手数料
  • 取引手数料

例えばCoincheckで、最小購入単位でビットコインを購入する場合、以下の金額がかかります。

項目 金額目安
元手資金(最小購入単位) ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円(※50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円)
取引手数料 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
合計 500~1,500円程度

取引所によってそれぞれの手数料の金額は異なるため、購入前に確認する必要があります。

最低購入金額が比較的低い取引所を見てみる

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)はいくらから始める?注意点を紹介!

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)を始めるときの注意点には、下記の2点があります。

取引所ごとの最小購入単位と最低購入金額を知ることで、具体的にいくら用意すべきかわかります。

では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

最小購入単位・最低購入金額は取引所ごとに異なる

ビットコインの最小購入単位・最低購入金額は取引所ごとに異なります。

各取引所の最小購入単位・最低購入金額を、仮想通貨の銘柄ごとに下記にまとめました。

取引所名 最低購入金額・単位
Coincheck ・BTC:0.005BTCかつ日本円で500円相当額以上
・ETH:円建てで500円相当額、BTC建てで0.001BTC相当額
・XRP:円建てで500円相当額、BTC建てで0.001BTC相当額
・BCH:円建てで500円相当額、BTC建てで0.001BTC相当額
DMM Bitcoin ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:10XRP
・BCH:0.01BCH
bitFlyer ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.000001XRP
・BCH:0.00000001BCH

取引所ごとに金額は異なりますが、いずれも比較的少額から購入できます。ただし、少額での購入は利益も少額になる傾向があります。

最低購入金額が比較的低い取引所を見てみる

元手資金以外にも手数料を考慮する必要がある

ビットコイン・仮想通貨を始める際は、元手資金(仮想通貨購入資金)の他に、手数料がかかる場合があります。

購入する際にかかる手数料には、主に入金手数料と取引手数料があります。

入金手数料は入金する手段によって異なります。また、取引手数料も取引所形式で買う場合と販売所形式で買う場合で異なりますので、ご注意ください。

例えば、Coincheckで1BTCを購入した場合の手数料は以下の通りです。

項目 金額
取引手数料 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円(※50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円)
取引所によっても手数料の額は変わります!

最低購入金額が比較的低い取引所3選

Coincheck DMM Bitcoin bitFlyer
コインチェック DMM Bitcoin bitflyer
最低購入金額(BTC) 0.005BTCかつ日本円で500円相当額以上 0.001BTC 0.001BTC
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・取引所:無料(※BitMatch手数料を除く)
・販売所:スプレッド
・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 17種類 20種類 15種類
送金手数料(BTC) 変動手数料制 無料 0.0004BTC
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

また、上記取引所のお得なキャンペーン情報を知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所のキャンペーンを一覧で紹介!」も参考にしてください。

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数 17種類
最低購入単位(BTCの場合) 0.005BTCかつ日本円で500円相当額以上
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • ビットコインを500円という少額から購入できる
  • 取り扱い銘柄数が国内最多クラスの17種類
  • アプリダウンロード数No.1(※)で使いやすい
    ※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、ビットコインを500円という少額から購入できるというメリットがあります。

手数料を含めても1,000円以下で購入できるケースもあるため、誰でも取引を始めやすいでしょう。

また、この取引所には、取り扱い銘柄数が国内最多クラスの17種類であるというメリットもあります。

さまざまな銘柄を扱っているため、購入したい仮想通貨銘柄が見つかりやすいでしょう。

ワンコインの少額からでも、ビットコインが買えるんですね!

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

また、Coincheckについて詳しく知りたい方は、「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 20種類
最低購入単位(BTCの場合) 0.001BTC
取引手数料(BTC) ・取引所:無料(※BitMatch手数料を除く)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料(BTC)
最低取引額 販売所:0.001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • ビットコインの場合、0.001BTCから購入できる
  • ビットコインをわかりやすい取引アプリで取引できる
  • 24時間365日サポート対応がある

口座開設で全員が2,000円もらえる!

DMM Bitcoinは、株式会社 DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、ビットコインの場合0.001BTCから購入できるというメリットがあります。

購入する際は「BitMatch形式」という形式を用いることで、売値と買値の中間の価格(仲値)で購入することが可能です。

また、この取引所には、ビットコインをわかりやすい取引アプリで取引できるというメリットもあります。

1つのアプリで、シンプルで初心者でもわかりやすいモード(STモード)と、本格的なトレードができるモード(EXモード)を切り替えられます。

BitMatchはお得感がありますね!
アプリの使い勝手が良く、初心者にもおすすめです。

口座開設で全員が2,000円もらえる!

また、DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

bitFlyer

bitflyer
取り扱い銘柄数 15種類
最低購入単位(BTCの場合) 0.001BTC
取引手数料(BTC) ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0004BTC(BTC)
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC

bitFlyerのメリット!

  • ビットコインの取引が1円相当の少額からできる
  • ビットコイン取引量国内No.1(※)
    ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
  • 3大メガバンクである三井住友銀行が出資しているため、安心感がある

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyerには、ビットコインの取引が1円相当の少額からできるというメリットがあります。販売所を選択することで、ビットコインを少額から購入できるため、誰でも費用を抑えた取引がしやすいでしょう。

また、この取引所には、ビットコイン取引量が国内No.1(※)いうメリットもあります(※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む))。

取引量が大切な取引所形式での取引が比較的成り立ちやすいため、ご自身の希望する金額での取引ができる可能性があります。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

また、bitFlyerについてさらに詳しく知りたい方は「bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミは?メリット・デメリットも紹介!」や「ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設手順|新規登録方法や申し込み時の本人確認書類も解説」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。