2024年7月7日

【2024年最新】Move to Earnのおすすめ10選!無料アプリや稼げる仕組み、やり方を解説

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
Move to Earnは稼げる?仕組みが気になる!
Move to Earnのおすすめアプリが知りたい!

Move to Earnに関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、Move to Earnの仕組みやおすすめのアプリ、使い方、初期費用を詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • Move to Earnは、歩く、走るなどの移動で仮想通貨が得られる仕組み
  • Move to Earnアプリ内のアイテムの多くはNFTとなる
  • 獲得した仮想通貨やNFTは取引が可能
  • Move to Earnで仮想通貨を得るには、まずは取引所の口座開設が必要
  • Move to Earnに必要な仮想通貨が購入できるおすすめの仮想通貨取引所は「GMOコイン
  • GMOコインでは、日本国内で利益を得やすいSTEPN(ステップン)」や「Walken(ウォーケン)」で必要な「ソラナ(SOL)」を取引できる

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

この記事を最後まで読むことで、Move to Earnの始め方や初期費用がわかります。
CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

Move to Earnとは?

Move to Earnとは、歩く・走るなどの動作をすることで仮想通貨が得られる仕組みのことを指します。

この仕組みは、ブロックチェーン技術を活用したNFTゲームから生まれました。

ブロックチェーン技術が持つ改ざんの難しさがこの仕組みを可能にしたと言えるでしょう。

Move to Earnで獲得した仮想通貨は取引所を使えば現金化することができます。

Move to Earnの代表的なNFTゲームとして、STEPN(ステップン)が挙げられます。STEPNは、大手スポーツメーカーが多く参画したことから脚光を浴びたアプリです。

Move to Earnは、日常的に行う動作で仮想通貨が獲得できることから、多くのメディアにも取り上げられ関心が集まっています。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Move to Earnはなぜ稼げる?仕組みを解説!

Move to Earnはなぜ稼げると言われているのでしょうか。

以下ではMove to Earnの仕組みを解説します。

Move to Earnの仕組みを知ることで、知っていたけど始められなかった方も、システムを把握して安心感を持って始めることができるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

歩く・走るなどの移動によって仮想通貨を獲得

Move to Earnは、歩く・走るなどの移動によって仮想通貨が獲得できる仕組みです。

Move to Earnに対応しているNFTゲームにはGPS機能が搭載されているため、移動を計測することができます。

計測した移動距離や速度、アクションに応じて報酬として仮想通貨が付与されます。

ゲームによっては、仮想通貨だけでなくゲーム内で使用できるNFTアイテムを獲得することもできます。

例えば、STEPN(ステップン)の場合は、特定の時間内に一定距離を移動することでGSTトークンが得られます。

獲得できるトークン量は、距離や移動速度、使用しているNFTアイテムの種類で変動します。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

アプリ内のアイテムの多くはNFT

Move to Earnは、アプリ内のアイテムの多くがNFTであるため、稼げる可能性のある仕組みとなっています。

NFTとは、ブロックチェーン上に記録された代替不可能なデジタルデータのことを指します。

デジタル資産として改ざんが極めて難しい唯一無二のものであり、「非代替性トークン」とも呼ばれています。

Move to Earnのアプリ内で使用されるアイテムの多くはNFTです。そのため、保有しているNFTアイテムは全てデジタル資産だと言えます。

NFTは購入するだけでなく、報酬として付与される場合もあります。

NFTのレアリティや価格はそれぞれ異なります。相場を知りたい場合は一度NFTマーケットを覗いてみると良いでしょう。

獲得した仮想通貨やNFTは売買が可能

Move to Earnは、獲得した仮想通貨やNFTの売買が可能なため、稼げる可能性のある仕組みとなっています。

前述したようにMove to Earnでは、報酬として仮想通貨やNFTを獲得することができます。

獲得した仮想通貨は、通常通り取引に用いることができ、取引所を経由して現金化することも可能です。

NFTもNFTマーケットプレイス上で取引することができ、売却だけでなくレンタルをして仮想通貨を得ることもできます。

そのため、Move to Earnアプリを一定期間使わない場合や複数のNFTを所持している場合には、レンタルによってコストをかけずに利益が得られる可能性があると言えるでしょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

【最新5選】おすすめのMove to Earnアプリ一覧

おすすめのMove to Earnアプリを5つ紹介します。

アプリの特徴を知ることで、自分のライフスタイルや好みに合ったアプリを見つけることができるでしょう。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

STEPN(ステップン)

STEPN

出典:https://stepn.com/

名称 STEPN(ステップン)
ブロックチェーン Solana(ソラナ)
トークン GST、GMT
日本語対応
リリースされた日 2021年12月

STEPN(ステップン)は、2021年12月にリリースされたNFTゲームです。ユーザーは、WalkerやJogger・Runnnerなど全4種類のNFTスニーカーを購入することで、ゲームを楽しめます。

SETEPNでは、ゲーム内でセットするスニーカーの種類によって移動速度が定められており、規定の速度内で歩いたり走ったりすることで、独自のトークンを稼ぐことが可能です。

STEPNは、2022年初頭にかけて「稼げるアプリ」として話題となり、Move to Earnの仕組みが世に広まる先駆けとなったアプリの1つです。

また、STEPN内のNFTスニーカーはレベルアップやリペアなどカスタマイズすることが可能なため、高額で取引されるNFTスニーカーも一部あります。

STEPNで稼ぐ手順

  1. NFTスニーカーを購入する
  2. スニーカーの種類ごとに定められた速度で移動する
  3. スニーカーのレベルやレア度に応じて一定のトークンを獲得する
STEPNは、asicsとのコラボスニーカーを販売したことでも関心を集めています。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

RUNBLOX(ランブロックス)

RUNBLOX

出典:https://runblox.io/

名称 RUNBLOX(ランブロックス)
ブロックチェーン Avalanche(アバランチ)
トークン RUX
日本語対応
リリースされた日 2022年6月

RUNBLOX(ランブロックス)は、2022年6月にリリースされたNFTゲームです。

3種類のNFTスニーカーを購入して歩いたり走ったりすることにより、RUXという独自トークンが獲得できます。

このゲームを開発したOpenBlox社に、元ZOZOの前澤友作氏が出資したことでSNSでも一時的に話題になりました。

なお、STEPNと同様に各スニーカーごとに規定の移動速度があるため注意する必要があります。

RUNBLOXで稼ぐ手順

  1. AVAXを入手し、NFTスニーカーを購入する
  2. 規定の速度で移動することでRUXを入手する

Fitmint(フィットミント)

FITMINT

出典:https://fitmint.io/

名称 Fitmint(フィットミント)
ブロックチェーン イーサリムブロックチェーン
トークン FITT
日本語対応
リリースされた日 2022年4月

Fitmint(フィットミント)は、2022年4月にリリースされたNFTゲームです。

Fitmintは、他のmove to earnゲームと同様に歩いたり走ったりして独自トークンのFITTを獲得できます。また、屋外での運動に限らず屋内で運動する場合にもトークン獲得の対象となることが特徴です。

また、報酬で得たFITTトークンはステーキングを行うことができます。

ステーキングとは、特定の仮想通貨を保有しておくことでリターンが得られる仕組みのことです。そのため、ステーキングを利用すれば運動すること以外でも、利益を得られる可能性があると言えるでしょう。

Fitmintで稼ぐ手順

  1. 暗号資産MATICを入手し、NFTスニーカーを購入する
  2. 屋内・屋外で運動をしてFITTを稼ぐ

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Calo Run(カロラン)

CALO RUN

出典:https://calo.run/

名称 Calo Run(カロラン)
ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
トークン CALO、FIT
日本語対応
リリースされた日 2022年5月

Calo Run(カロラン)は、シンガポールに拠点を置く「Metaverse Application Pte, Ltd.」が2022年5月にリリースしたNFTゲームです。

運動することで2種類のトークン「CALO」と「FIT」を獲得できます。

2つのトークンはそれぞれ役割があることが特徴です。例えばNFTスニーカーを強化する場合はFITを、ミントをする場合はCALOとFITの2つを用いるというように目的に応じて必要なトークンが異なります。

また、Calo Runではチャレンジモードで毎週や毎月更新されるミッションを達成することで報酬が得られるため、楽しみながら利用できるでしょう。

Dustland(ダストランド)

DUSTLAND

出典:https://www.thedustland.com/

名称 Dustland(ダストランド)
ブロックチェーン イーサリムブロックチェーン
トークン DOSE
日本語対応
リリースされた日 2022年3月

Dustland(ダストランド)は、2022年3月にリリースされたゲームです。

Dustlandは他のmove to earnと異なり、ストーリー設定があり、運動することでストーリーが進んでいくことが特徴です。

具体的なストーリーの内容は、荒廃した架空世界ダストランドで生き延びるために歩き回って秘密を探っていくという内容です。

オーディオフィットネスゲームとしての要素も持っており、ミッションを選んで動き、クリアすることで仮想通貨DOSEやNFTが獲得できる仕組みになっています。

ストーリーは移動中にオーディオで聴いて楽しむことができるため、世界観に浸りながらプレイすることができるでしょう。

DOSEトークンはすでに上場しているため取引所での購入が可能です。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

無料でできるMove to Earnアプリまとめ

Move to Earnアプリの多くは初期費用が発生します。その費用は仮想通貨の価格で変動し、ユーザーが増えるごとに高騰している傾向にあります。

そのような背景から、興味はあっても始められないという方も少なくないでしょう。

以下では無料でできるMove to Earnアプリを紹介します。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)

sweatcoin

出典:https://sweatco.in/

名称 Sweatcoin(スウェットコイン)
ブロックチェーン NEAR Protocol(ニア プロトコル)
トークン SWC
日本語対応

Sweatcoin(スウェットコイン)は、2022年9月にゲーム内のトークンが新規上場したことで注目されているゲームです。

Sweatcoinは、1,000歩歩くごとに1SWC獲得できる仕組みになっています。

獲得したSWCトークンはアプリ内のマーケットでAmazonのギフト券と交換することができるため、仮想通貨を利用したことがない方にとっても使いやすいでしょう。

既に1億人(※)以上のユーザ数を獲得しており、世界中でファンをつくっているゲームとも言えます。

(※公式サイトに記載)

また、アプリは日本語に対応しているため、言語の壁でストレスを感じることも少なそうです。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Aglet(アグレット)

Aglet

出典:https://aglet.app/

名称 Aglet(アグレット)
ブロックチェーン -
トークン Aglet、Gold Aglet
日本語対応
リリースされた日 2020年

Aglet(アグレット)は、2020年にリリースされたゲームです。

このゲームは、1,000歩ごとにゲーム内通貨のAgletが付与され、Agletを用いてスニーカーの売買が可能です。

また、運動することでスニーカーの耐久度が落ちていくため、アプリのマップ上に表示されるスポットに行ってアイテムの獲得やスニーカーの修理を行う必要があります。

なお、Agletは、adidasやNIKE、asicsなどの有名スポーツブランドが出資しており、比較的注目傾向にあるmove to earnゲームだと言えます。

ただし、Agletはまだ取引所に上場していないため仮想通貨や日本円に換金することはできません。

Move to Earn市場の拡大により今後上場される可能性もあるでしょう。

Genopets(ジェノペット)

Genopets

出典:https://www.genopets.me/

名称 Genopets(ジェノペット)
ブロックチェーン Solana(ソラナ)
トークン KI、GENE
日本語対応

Genopets(ジェノペット)は、サッカー選手の本田圭佑氏が出資していることで注目されているNFTゲームです。

Genopetsは、歩く・走るなどの移動によってアプリ内のNFTキャラクター「ジェノペット」を育成する仕組みになっています。

育てたキャラクターは進化や他のプレイヤーと対戦することができ、NFTマーケットプレイスで購入・売却することも可能です。

そのため、Genopetsはプレイすることで仮想通貨が得られるPlay to EarnとMove to Earnをミックスしたゲームだと言えるでしょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Bit Walk(ビットウォーク)

BitWALK

出典:https://www.bitwalk.jp/

名称 Bit Walk(ビットウォーク)
ブロックチェーン -
トークン BTC
日本語対応
リリースされた日 2022年8月

Bit Walk(ビットウォーク)は、2022年8月にリリースされたゲームです。

Bit Walkは、500歩ごとにスタンプが付与され、スタンプとBTC(ビットコイン)が交換できる仕組みになっています。

毎日BTCの価格予想ゲームが行われ、参加者にはBTCが付与されます。

また、1時間に1回CMを見ることでガチャを回すことができ、1等〜4等で配布されるBTCの量が異なります。

獲得したBTCは取引所を経由することで換金することができます。

無料で利用できるため、毎日コツコツ利用したい方におすすめのアプリです。

ステラウォーク

ステラウォーク

出典:https://twitter.com/Stellar_Walk_JP?s=20&t=3_HsIQQrNhjbCqkhYzw82g

名称 ステラウォーク
ブロックチェーン Stellar(ステラ)
トークン XLM
日本語対応
リリースされた日 2022年1月

ステラウォークは、2022年1月にリリースされたゲームです。

Iphoneのヘルスケアアプリと連動して歩数を計測し、歩数に応じて「ジェム」が貯まり、仮想通貨XLM(ステラルーメン)と交換することができます。

一定の歩数を達成した場合にはカプセルが付与され、当日中に開封した場合にさらにジェムが獲得できます。
Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Move to Earnのやり方・始め方を解説

Move to Earnのやり方・始め方を解説します。

ここでは、STEPN(ステップン)を例にとって解説します。

STEPNのプレイに必要な仮想通貨SOL(ソル)の購入には海外取引所の口座開設が必要です。

ただし、当サイトでは安全性の観点から海外取引所の利用を推奨していません

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

手順1. 国内取引所で口座開設をする

まずは国内取引所の口座開設を行いましょう。

GMOコインでは、最短10分(※)で取引が開始できます。

(※執筆時点 公式サイトに記載)

口座開設には本人確認書類の提出が必要です。事前に以下のいずれかの書類を用意しましょう。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート(日本国内発行のみ)
  • 在留カード など

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

手順2. 日本円を口座に入金する

次に、日本円を口座に入金します。

手順3. 交換用の仮想通貨を購入する

次に、交換用の仮想通貨を購入しましょう。

海外取引所で対応している仮想通貨であればどの通貨を選んでいただいても問題ありません。

迷うようでしたらBTC(ビットコイン)を購入すると良いでしょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

手順4. 海外取引所で口座開設する

次に、海外取引所で口座開設をします。

SOL(ソル)の取り扱いがある取引所であればどこでも問題ありません。

ただし、海外取引所は金融庁の認可を得ていないため、安全性の観点から当サイトでは利用を推奨しておりません

手順5. 海外取引所に仮想通貨を送金する

次に、海外取引所に仮想通貨を送金します。

送金時にはアドレスの入力を間違えないように注意しましょう。

入力不備で仮想通貨が届かなかった場合、自己責任となり戻ってくる確率は低いでしょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

手順6. 必要な仮想通貨を購入する

次に、海外取引所で必要な仮想通貨を購入します。

STEPNを始めるためにはSOL(ソル)を購入しましょう。

購入が完了したらMove to Earnアプリ内のウォレットに仮想通貨を送金します。

この際にも、送付先アドレスを間違えないように確認しながら入力しましょう。

基本的にコピー&ペーストで対応することをおすすめします。

手順7. 仮想通貨でアイテムを購入する

最後に、仮想通貨でアイテムを購入しましょう。

様々な価格のNFTスニーカーが販売されているため、事前に確認して必要な分の仮想通貨を送金するようにしましょう。

もし送金した仮想通貨が足りなかった場合には、再度送金する必要があり、その分手数料がかかることになってしまいます。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Move to Earnに必要な仮想通貨(暗号資産)が購入できる取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
取り扱い銘柄数 28種類(※2024年7月時点)
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、Move to Earn初心者でも使いやすいシンプルなアプリ設計というメリットがあります。

チャートも見やすく、取引金額が500円からと少額から利用できるため、仮想通貨取引になれていない方も安心感を持って利用できるでしょう。

また、この取引所には、取り扱い銘柄数が国内最大級というメリットもあります。

IOSTやXYMといった上場取引所数が少ない銘柄も扱っているため、多くの銘柄を取引したい人も満足した取引ができるでしょう。

Coincheckは使いやすいアプリで取引したい初心者の方におすすめします。

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

Move to Earnに必要な初期費用

Move to Earnに必要な初期費用を紹介します。

初期費用は日々変動しますのであくまで目安として参考にしてください。

それぞれのアプリの初期費用は以下の通りです。(2023年4月時点)

名称 初期費用
STEPN(ステップン) 約100,000円程度
Calo Run(カロラン) 約100,000円程度
Fitmint(フィットミント) 約15,000円程度
RUNBLOX(ランブロックス) 約12,000円程度
Dustland(ダストランド) 無料
Sweatcoin(スウェットコイン) 無料
Genopets(ジェノペット) 無料
Aglet(アグレット) 無料
Bit Walk(ビットウォーク) 無料
ステラウォーク 無料

※初期費用は日々変動

初期費用は仮想通貨の価値やスニーカーの価格で変動するため、購入時には事前にチャートを確認すると良いでしょう。

初めてMove to Earnを利用する方は、まずは初期費用のかからないサービスから利用してみることをおすすめします。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Move to Earnの今後の見通し

Move to Earnの今後の見通しの以下の点を踏まえて予測します。

  • 参入障壁の低さ
  • 仮想通貨やNFTの市場拡大
  • 初期費用の高騰

Move to Earnは歩く・走るといった日常的に取り入れやすい動作によって仮想通貨を獲得できるため、参入障壁が低いと言えるでしょう。

初期費用がかからないアプリも多く配信されているため、気軽に利用でき、普及が進みやすいと考えます。

また、仮想通貨全体は2022年以降停滞気味ですが、NFTやメタバースなど、ブロックチェーンを使用した技術は徐々に関心を集めています。

さらに、大手スポーツブランドも多数Move to Earnに出資していることから、今後市場は拡大していくと考えられるでしょう。

市場拡大によってユーザー数が増えることでNFTアイテムの需要が高まり、初期費用が高騰する恐れがあるので取引のタイミングに注意しましょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

Move to Earnについてよくある質問

複数アプリの併用はできる?

Move to Earnのアプリの多くが併用できる設計になっています。

併用可能なアプリを利用すると同じ移動距離で複数のアプリから仮想通貨が獲得できるため効率的だと言えるでしょう。

アプリが増えすぎた場合には、スマホの動作が重くなる可能性もあるため、比較的新しいOSのスマホを用意することをおすすめします。

Move to Earnのメリットは?

Move to Earnのメリットとして以下のことが挙げられます。

Move to Earnのメリット

  • 日々の移動で仮想通貨を獲得できる
  • 運動の習慣が身につく
  • 複数アプリの併用ができる
  • 気軽に仮想通貨が始められる

Move to Earnは歩く・走るといった日常の基本的な移動で仮想通貨が得られ、スマホひとつで完結する手軽さがメリットだと言えるでしょう。

また、仮想通貨獲得のために毎日動くことで運動の習慣を自然と身につけることができるのもデスクワークの多い現代では魅力かもしれません。

さらに、複数アプリの併用ができるため、効率的に仮想通貨の運用ができる点もメリットに挙げられるでしょう。

Move to Earnに必要な仮想通貨が買える取引所を見てみる

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)