2024年2月21日

仮想通貨エイダコイン(ADA・カルダノ)の買い方・始め方!どこの取引所で購入できる?将来性も解説

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。

この記事では、エイダコイン(ADA)の買い方や将来性、現在の価格、購入できる取引所などについて、詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

※2024年2月時点 公式サイトに記載
ADAの特徴とおすすめの取引所

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年3月1日6:59まで


この記事を最後まで読むことで、エイダコイン(ADA)の基本情報や、今後の予想などを押さえることができます!
CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

目次

仮想通貨(暗号資産)エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)とは?基本情報を解説

以下画像は、エイダコインの概要を表に示したものです。

ADAの基本情報

1ADAあたりの価格 89.37
時価総額 3,169,152,795,464円
発行上限 450億ADA

※2024年2月21日時点

エイダコイン(ADA)は、Cardano「カルダノ」と呼ばれるオンラインカジノプラットフォームで利用できる仮想通貨です。

エイダコイン(ADA)は、ブロックチェーン技術が取り入れられており公平性、安全性が高い点が特徴です。

後ほど詳しく記載しますが、従来のオンラインカジノではユーザー側にとって不利になる可能性もあり、公平性に欠けるケースもありました。

エイダコイン(ADA)は独自の技術により、こういった問題を解決することを可能にしています。

またエイダコイン(ADA)は開発が進められており、オンラインカジノCardanoでの利用目的を越え、様々な業界において将来性があると言われています。

専門家のコメント

haku

Hakuさん

22歳/仮想通貨トレーダー×NFTクリエイター
Xで1.3万フォロワーを獲得している

海外のインフルエンサーや、プレセールで購入した投資家の動向・発言によって影響を受けやすい通貨と言われています。

エイダコイン(ADA)を購入するのにおすすめの取引所はBITPointです。

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

それでは、エイダコイン(ADA)について、以下で詳しく見ていきましょう。

【最新】仮想通貨エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)の価格チャート

エイダコイン(ADA)は、2023年以降1ADA0.35ドル(約50円)あたりで比較的穏やかに推移しています。

2023年12月に入ってからは大きな上昇を見せ、1ADAあたり約95円の高値をつけています。

現在は、1ADA約90円の値段で推移しており、時価総額ランキングでは8位についています。(2024年2月16日執筆時点)

今後セキュリティ面の強化や企業や教育機関との提携が進めば、値上がりする可能性もあると言えるでしょう。

仮想通貨エイダコイン(ADA/Cardano)の今後の価格を現役トレーダーが予想

現役トレーダーのコメント

haku

Hakuさん
22歳/仮想通貨トレーダー×NFTクリエイター
Xで1.3万フォロワーを獲得している

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格は、現状維持と予想します。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格予想の理由

下落相場でも価格を維持することが多い不思議なコインです。

予測は難しいですが、どこかしらで需要が高まり、高騰する可能性はあると言えます。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格予想のチェックポイント

最初は詐欺コインと言われていたコインになります。

しかし、プレセールで数十万円買った人は今では数億円の価値になっています。

これから購入を検討する場合は、価格変動をよく確認しておきましょう。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

エイダコイン(ADA/Cardano)の買い方・購入方法・始め方

エイダコインの買い方
ここからは実際にエイダコイン(ADA)を購入する方法について説明します。

今回はDMMビットコインを例に、手順を紹介していきます。

エイダコイン(ADA/Cardano)を買える取引所の口座開設をする

まずはエイダコイン(ADA/Cardano)の購入が可能な、DMM Bitcoinで口座開設を行います。

DMMBitcoinでは、「スピード本人確認」を利用することで、最短1時間(※)での口座開設が可能です。

※2024年2月時点 公式サイトに記載

口座を開設する際には、マイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどの本人確認書類が必要なため、事前に準備しておくと良いでしょう。

購入資金を入金する

口座開設が完了したら、エイダコイン(ADA/Cardano)の購入に必要な日本円の入金を行いましょう。

DMMBitcoinの場合は、以下の2つの入金方法に対応しています。

  • クイック入金
  • 振込入金

クイック入金の場合は、手数料がかかりません。

アプリからも簡単に入金が可能であり、入金した金額も即時反映されるため、すぐにエイダコイン(ADA/Cardano)を購入したい方におすすめです。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格変動を確認する

続いてはエイダコイン(ADA/Cardano)の価格を確認する段階となります。

DMMBitcoinの場合は「スピード注文」、または「チャート」のタブから以下の画像のようなチャートを確認することができます。

カルダノのチャート確認画面
出典:DMM Bitcoin

価格を分析し、購入する価格帯を決めたら、次の購入する段階に移りましょう。

エイダコイン(ADA/Cardano)を購入する

DMMBitcoinではアプリからもエイダコイン(ADA/Cardano)の購入が可能です。

購入する際は任意の金額で買い注文を出しましょう。アプリ画面の「Ask/買」のボタンから購入することができます。

なお、BitMatch取引を行いたい場合は、画面下部の「BitMatch」ボタンをタップし、ONにします。

また、DMMBitcoinではエイダコイン(ADA/Cardano)の取引はレバレッジ取引となるため、現物取引を行いたい方は注意が必要です。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)の特徴

オンライン上のカジノ「Cardano」での利用

エンダコインはオンラインカジノで使用が可能

エイダコイン(ADA)は、オンラインカジノ「Cardano」で使用可能な仮想通貨です。

オンラインカジノとは、インターネット上に展開されるカジノサービスを指します。

また「Cardano(カルダノ)」は、スイスにある「カルダノ財団」が運営者のプラットフォームの名称です。

元々エイダコイン(ADA)は、そんなオンラインカジノの一つ「Cardano」で利用することを目的として生み出された仮想通貨でした。

現在はそのブロックチェーン技術を様々な分野で活用し、法定通貨に代わる通貨を目指した開発が進められています。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

合意システム「PoS」の採用

エイダコイン(ADA)は合意システム「PoS」を採用しています。

PoS(Proof of Stake)とは、コインの保有量や保有期間に応じて報酬を受け取れるアルゴリズム(仕組み)のことをいいます。

従来はPoW(Proof of Work)といって、膨大な量の計算をいち早く処理した人に報酬が与えられるアルゴリズムが主流でした。

エイダコインでは、アルゴリズムをPoW方式からPoS方式に変更することを予定しています。

膨大な仕事量が必要とされるPoW方式では、それだけ膨大な電力を消費してしまうことが問題でした。

それに対しPoS方式はコインを保有するだけでいいので、電力の消費を大幅に削減することができ、環境への負荷を軽減することができます。

また公平性に関しても、PoS方式はPoWより優れているといわれています。

チャールズ・ホプキンソン氏の参画

エイダコイン(ADA)は、天才数学者チャールズ・ホプキンソンによって開発されました。

チャールズ・ホプキンソン氏は暗号通貨の第一人者としても呼び声高く、イーサリアムの開発に携わったことでも有名な人物です。

ビル・ゲイツも認めたとされているホプキンソン氏が開発に参画していることでも、エイダコインの信頼性や注目度は上がると言えます。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

スマートコントラクトによるセキュリティ性

エイダコイン(ADA)は、スマートコントラクトによるセキュリティ性の高さも特徴の一つです。

スマートコントラクトとは、第三者を仲介することなく、ブロックチェーン上の契約を自動的に承認・実行するシステムのことです。

この技術はイーサリアムの機能として知られていますが、エイダコインでは「Plutus(プルータス)」というオリジナルの技術が取り入れられています。

実用例として、オンラインカジノ「Cardano」では「Plutus(プルータス)」を取り入れています。

従来のオンラインカジノでは運営側に有利なプログラムを設定していてもそれを見抜くことはできませんでしたが、この技術により公平にカジノを利用することが可能になりました。

エイダコイン(ADA)は、こういったスマートコントラクト技術が実装されていることでも注目を集めています。

取引の処理の効率をアップする技術

エイダコイン(ADA)では、取引の処理の効率が良くスピーディなことでも有名です。

エイダコイン(ADA)は、取引などのデータ処理を複数の階層に分けることにより処理の高速化を可能にしました。

エイダコイン(ADA)のこういった特徴は、今後も医療や金融、教育など様々な場面へと幅を広げていくことが予想されています。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

ステーキングにより、通貨を持つことで報酬を入手可能

エイダコイン(ADA)は、仮想通貨を保有するだけで報酬を得ることもできます。

ステーキングでは、ある仮想通貨を保有することで、ユーザーはその仮想通貨のブロックチェーンを維持する役割を担います。

エイダコイン(ADA)ではこのようなステーキングシステムを2020年7月のアップデートから開始しました。

国内では、CoinTradeが2022年7月からエイダコインのステーキングサービスの提供を開始しています。現時点で想定されている年間の利回りは約5%前後とされています。

エイダコイン(ADA/Cardano)の将来性は?今後・将来価格を予想するポイント

ここからはエイダコイン(ADA)の今後を予想するポイントについて説明していきます。

それでは、それぞれのポイントについて見ていきましょう。

厳重なセキュリティ機能

エイダコイン(ADA)の今後を予想するポイントの一つ目は、厳重なセキュリティ機能です。

具体的には以下の二つがあります。

エイダコインのセキュリティ機能

それぞれのセキュリティ機能について詳しく説明していきます。

量子コンピューターへの耐性

エイダコインのセキュリティ機能として、量子コンピューターへの耐性があります。

量子コンピューターとは、従来より遥かに計算能力の優れたコンピューターのことです。

将来的な実用化を目指して現在も日々研究、開発が進められています。

量子コンピューターが実現した場合、従来のブロックチェーン技術は簡単に突破されてしまうと言われています。

しかしエイダコイン(ADA)は、量子コンピューターに対抗するBLISS署名という暗号技術を取り入れているため、量子コンピューターの計算能力を持ってしてもハッキングされる心配は少ないとされています。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

専用ウォレットの利用

またエイダコイン(ADA)では専用ウォレットが利用できます。

ウォレットとは、仮想通貨を保有するための財布のような役割を果たすものです。

エイダコイン(ADA)には以下の2つのウォレットがあります。

  • ダイダロス
  • ヨロイウォレット

ダイダロスはそのセキュリティ機能の高さで有名です。

また先述した「ステーキング」というシステムを利用して、エイダコイン(ADA)を保有しているだけで報酬を得ることができます。

一方、ヨロイウォレットはエイダコイン(ADA)専用のウォレットとして開発されたもので、動作スピードの速さや様々なOSで利用できる点で高い評価を得ています。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

海外での知名度

またエイダコイン(ADA)は海外での知名度が高いとされています。

海外では多くの大手仮想通貨取引所がエイダコイン(ADA)を取り扱っています。一方で日本では取り扱いのある取引所がまだ多くないため、知名度はあまり高くない現状です。

世界的に見ると、エイダコイン(ADA)は仮想通貨の人気や信頼性を評価する様々なランキングにもランクインしており、比較的知名度の高い仮想通貨ということがわかります。

大手企業や教育機関との協力

またエイダコイン(ADA)は様々な大手企業や教育機関とも協力体制をとっています。

エイダコイン(ADA)の技術は国内外の多くの企業や大学にも認められており、続々と提携先を増やしています。

提携先の一例は以下のとおりです。

  • エチオピア政府
  • 東京理科大学
  • メタップスプラス
  • New Balance

今後もこういった提携先が増えていくことを考えると、エイダコイン(ADA)の人気が更に高まっていくことも充分に考えられます。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

新しい技術の開発と実装

また、エイダコイン(ADA)の新しい技術の開発と実装にも要注目です。

エイダコイン(ADA)が現在開発・実装を進めている技術の例として、以下が挙げられます。

エイダコイン(ADA)の新しい技術の開発と実装

それぞれの技術について、以下で詳しく見ていきます。

独自の決済方法「AdaPay」

エイダコイン(ADA)は、オンライン決済AdaPay(エイダペイ)の開発を行いました。

つまりエイダコイン(ADA)を電子マネーとして利用できるということです。

これはエイダコイン(ADA)を運営しているカルダノ財団とデジタル通貨「COTI」が連携して生まれたサービスです。

COTIPayを導入している店舗なら、エイダコイン(ADA)を利用したQRコード決済が可能になりました。

開発や実装が更に続いていけば、この「AdaPay」というサービスが世界中に浸透する日も来る可能性があります。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

真贋判定機能「NB Realchain」

またエイダコイン(ADA)は「New Balance」と協力し、独自のブロックチェーン技術を利用した「NB Realchain」というシステムを開発しました。

これは、ユーザーがNew Balanceで靴を購入した際、所有者としてのユーザー情報と靴の商品情報をブロックチェーンに記録しておくというものです。

一度ブロックチェーンに記録しておけば、その後保証書や証明書を偽造されることがあっても、ブロックチェーンに記録された内容と照合することで本物かどうか見分けることができます。

エイダコイン(ADA)のブロックチェーン技術はオンラインカジノに留まらず、様々な業界で運用されています!

エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)が心配される理由

エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)が心配される理由として考えられているのは、以下3点です。

エイダコイン(ADA/Cardano「カルダノ」)が心配される理由

エイダコイン(ADA)は公開された当初、詐欺コインではないかという疑いの目を向けられていました。

しかしこれまで説明してきたように、現在ではその疑いは晴れ、比較的知名度の高い仮想通貨となっています。

ここからはエイダコイン(ADA)がなぜ心配されていたのか、その理由について詳しく見ていきましょう。

Initial Coin Offeringでの大幅な遅延

エイダコイン(ADA)が心配された理由として、Initial Coin Offeringでの遅延があります。

Initial Coin Offering(ICO)とは、取引所を通さずに仮想通貨を発行し投資家に販売、資金を調達することです。

エイダコイン(ADA)はICOで予定されていた公開日から半年以上遅延してしまったため、調達した資金の持ち逃げを一部の投資家から疑われていました。

しかしその実情は開発に時間がかかってしまったというだけで、業界では予定より公開が遅れることも稀なケースとは言いにくいでしょう。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

プレセール時の高すぎる値段

エイダコイン(ADA)が心配された理由として、プレセール時の値段が高すぎたことも考えられます。

エイダコイン(ADA)はプレセール当時、最低単価1,000ドル、日本円にして11万円程度という比較的高額な値段設定がされていました。

プレセール時に高額な値段を設定している仮想通貨は当時売上をだまし取る「詐欺コイン」であるケースも多かったため、エイダコイン(ADA)もその疑いをかけられてしまった、というわけです。

MLMが絡むプロモーション

プロモーションにMLMが関わっていたことも、エイダコイン(ADA)が疑いの目を向けられる原因の一つでした。

MLM(マルチレベルマーケティング)とは、要するにマルチ商法のことです。

商品や商材の紹介を受けた人が実際に購入や登録をした場合に、その紹介をした人に報酬が入るという仕組みになっています。

マルチ商法自体に法的な違法性はありませんが、アフィリエイターの勧誘や宣伝活動から詐欺を連想する人が少なくなかったと考えられます。

エイダコインの価格推移

エイダコイン(ADA)のこれまでの価格推移について、いくつかの期間に分けて以下で詳しく解説します。

エイダコイン(ADA)の過去の価格推移

ローンチ直後(最安値の時期)

エイダコインのローンチ直後の価格推移
出典:CoinMarketCap

エイダコイン(ADA)は、2017年10月2日最安値である1ADAあたり2.45円でローンチしています。(参照:CoinMarketCap

ローンチから1カ月は1ADAあたり5円未満の安値で推移していましたが、11月後半から大幅な上昇を見せ、2018年1月には1ADA130円を超える高値を記録しました。

上記のようなゆるやかな値動きを見せた要因として以下のことが考えられます。

  • 詐欺コインという疑惑
  • 仮想通貨バブルの発生と崩壊

エイダコインのローンチ時は、プレセールと称して資金集めをした後にプロジェクトが頓挫するいわゆる詐欺行為のような仮想通貨が多くありました。

そのため、エイダコインもローンチ当初は誇大広告を思わせる宣伝方法の怪しさや時代背景から、詐欺コインではないかと疑われ、しばらくは安値で推移していました。

エイダコインが2018年末から上昇を見せた要因として仮想通貨バブルが挙げられます。

この時期は多くの投資家がビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨に投資対象としての価値を見出したため、市場全体が好景気を迎えました。

しかし、仮想通貨バブルは2018年1月に崩壊し、エイダコインもその影響を受けて2021年まで再び低迷期が続きました。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

最高値の時期

エイダコインの最高値の時期の価格推移
出典:CoinMarketCap

エイダコイン(ADA)は、ローンチ以降長く低迷が続いていましたが、2021年に入ってから上昇を見せ、5月には1ADAあたり237円の高値をつけています。

その4カ月後の9月には再び急騰を見せ、9月2日に過去最高値となる1ADAあたり438.23円を記録しました。

(参照:CoinMarketCap

上記のようなポジティブな値動きを見せた原因として以下のことが挙げられます。

  • 各国の大規模な金融緩和政策
  • イーサリアムブロックチェーンとの互換性発表
  • 著名人からの支持
  • スマートコントラクト機能の搭載
  • BITPointでの国内初上場

エイダコイン(ADA)が2021年以降上昇を見せた要因として、コロナ経済不安への対応策として各国が大規模な金融緩和政策をとったことが挙げられます。

これにより、仮想通貨市場にも好景気が流れ、エイダコイン以外の銘柄でも同様に高騰を見せています。

また、5月にイーサリアムブロックチェーンとの互換機能を搭載すると発表されたこともこの時期にエイダコインの高騰を後押しした要因のひとつです。

さらに、アメリカの有名ハードロックバンドKISSのメンバーがエイダコイン(ADA)を保有していると公表されたことも影響を与えました。

9月には、スマートコントラクト機能が実装され、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解消する通貨になり得るという期待感から大きく値上がりし、最高値を記録しています。

さらに同時期にBITPoint(ビットポイント)にて国内初上場したこともポジティブな影響を与えています。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

直近の価格傾向

カルダノ1か月の価格
出典:CoinMarketCap

エイダコイン(ADA)の直近1カ月の値動きは上昇傾向にあります。前月比を見ると13.57%の上昇で、現在は1ADAあたり91.00円(※)で推移しています。

(※2023年2月16日執筆時点)

国内取引所DMM Bitcoinによると、12月1日からの取り扱いのあるアルトコインの急騰率でエイダコインは2位となる上昇を見せています。

(出典:DMM Bitcoin

直近の値動きに影響を与えた要素は以下のとおりです。

  • ビットコイン現物ETF承認への期待
  • 暗号資産自動両替機BTMでのADA取り扱い開始
  • DeFi(分散型金融)分野での決済通貨としての普及

2023年12月の仮想通貨全体の上昇傾向は、ビットコイン(BTC)現物がETF(上場投資信託)の金融商品として承認されるのではないかという期待感に起因すると考えられます。

また、エイダコインの個別な動きとしては、暗号資産自動両替機BTMやウェブ両替サービスを提供する株式会社ガイアがエイダコインの取り扱いを開始したことも影響した可能性があります。

さらに、エイダコインはDeFi(分散型金融)分野において決済通貨として重宝されていることから、DeFi(分散型金融)市場全体のポジティブな動きも要因となっているでしょう。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

エイダコインの最新ニュース

CoinTrade(コイントレード)に上場

エイダコインのニュースとして、国内取引所CoinTrade(コイントレード)への上場があります。

国内暗号資産取引所CoinTrade(コイントレード)は28日、3銘柄の取り扱い予定を発表した。

対象となる銘柄は、エイダコイン(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)の3つで、「近日中に開始する」という

国内取引所での取り扱いは、BITPointに次いで2番目となります。このように新たな取引所への上場により、エイダコインの価格が一時的に上昇する可能性もあり得るでしょう。

エイダコイン(ADA/Cardano)は日本円でいくら?現在の価格



チャートからわかるように、2021年はエイダコイン(ADA)の価格の上昇率は高かったといえます。

エイダコイン(ADA)は今もなお開発が続けられている仮想通貨です。

企業等との提携やセキュリティ面の強固さからも、今後ますます人気になっていくことも考えられます。

また有名人が購入することなどで、仮想通貨の知名度や信頼性が大きく高まり、価格も上昇する可能性があります。

また、2022年7月には、カルダノブロックチェーンのハードフォークの延期が発表されました。

暗号資産(仮想通貨)エイダ(ADA)のブロックチェーンを開発するIOHKは20日、次期ハードフォーク「Vasil(バシル)」について4週間延期する旨をブログで報告した。

しかし2022年9月にハードフォークは実行され、2023年10月には値上がりを見せています。

このようなニュースによっても、エイダコインの価格に影響が出る可能性もあるでしょう。

エイダコインを購入できる取引所を見てみる

エイダコインの購入に必要なビットコインを取引できる国内取引所

コインチェック
取り扱い銘柄数 26種類(※2024年2月時点)
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0005 BTC
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00001BTC

Coincheckのメリット!

  • エイダコインの購入に必要なビットコインを取引手数料無料で取引できる
  • スマホアプリがわかりやすく、ビットコインを簡単に取引できる

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※公式サイトに記載

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckの取引所では、エイダコインの購入に必要なビットコインを取引手数料無料で購入できます

エイダコインをコインチェック経由で購入する場合、ビットコインなどの別の通貨を一度購入する必要があるため、比較的お得にエイダコインを購入しやすいと言えます。

またCoincheckは、スマホアプリがわかりやすく、ビットコインを簡単に取引できるというメリットもあります。

スマホアプリのダウンロード数は国内でも比較的多いため、初めてコインチェックを利用する方でも使いやすいでしょう。

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※公式サイトに記載

エイダコイン(ADA/Cardano)が上場している取引所

BITPOINT
取り扱い銘柄数 21種類(※2024年2月時点)
取引手数料(ADA) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料(ADA)
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC以上
・販売所:買注文が500円以上、売注文は0.000001ADA以上

BITPointのメリット!

  • 最短当日中にエイダコインを購入できる
  • 口座開設手数料、即時入金手数料、送金手数料、口座管理料などが無料で利用できる
  • PCやスマートフォンから簡単に申し込みができ、アプリも使いやすい

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

BITPointは、最短当日中にエイダコインを購入できるというメリットがあります。

口座開設は最短でその日のうちに完了するため、すぐにエイダコインの購入を考えるのであればチェックしてみましょう。

またBITPointは、口座開設手数料、即時入金手数料、送金手数料、口座管理料などの諸手数料が無料で利用できるというメリットもあります。

そのため、さまざまな手数料を抑えて取引をしたい方にもおすすめの取引所です。

エイダコイン(ADA)をすぐに購入したい方におすすめです!

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

【最新】エイダコイン(ADA)を取引できる国内仮想通貨取引所一覧

  • bitbank
  • GMOコイン
  • BitTrade
  • BITPoint
  • CoinPost
  • SBI VCトレード
  • BINANCE
  • OKCOIN JAPAN
  • CoinBest
  • CoinTrade
  • coinbook

出典:日本暗号資産取引業協会

※2024年2月21日時点

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)