2022年10月2日

仮想通貨取引所の手数料比較!ビットコイン手数料が安い国内取引所は?

仮想通貨取引所手数料
仮想通貨取引にはどんな手数料がかかるの?
手数料の安い取引所で取引がしたい!

仮想通貨取引所を選ぶ際に、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所ごとにかかる手数料を比較しながら詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料は大きく3項目に分けられる
  • 取引手数料・入出金手数料・送金手数料などが、主な手数料
  • 取引手数料は現物取引とレバレッジ取引で異なる
  • 取引所の手数料を比較する際には「提携する銀行の有無」や「取引通貨の手数料比率」、「スプレッドの広さ・狭さ」をチェックするのが良い
  • 手数料が比較的安いおすすめの取引所はCoincheck
  • Coincheckは取引所での取引手数料が無料

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

この記事を最後まで読むことで、ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引にかかる手数料や取引所ごとの手数料の違い、各取引所の特徴がわかります。

なお、おすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ15選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

【比較】国内仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所の手数料一覧

Coincheck DMM Bitcoin GMOコイン bitFlyer BITPoint bitbank HuobiJapan 楽天ウォレット LINEBITMAX Zaif
コインチェック DMM Bitcoin GMOコイン bitflyer BITPOINT bitbank 【フォビジャパン(Huobi Japan】仮想通貨取引所
取引手数料(BTC) 取引所:無料
・販売所:スプレッド
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
・取引所:約定数量×0.01~0.15%(単位:BTC)
・販売所:スプレッド
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・取引所:-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
・取引所:0.008~0.100%(Maker)、0.024~0.100%(Taker)
・販売所:スプレッド
・取引所:-
・販売所:スプレッド
・取引所:-
・販売所:無料
・取引所:0%(Maker)、0.1%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
・BTC:0.0005BTC
・ETH:0.007ETH
・XRP:0.1XRP
・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:-
・BTC:0.001BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
・BTC:0.0001~0.01BTC
・ETH:0.01~0.05ETH
・XRP:-
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円(※50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円)
・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
・クイック入金:無料
・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担) ・クイック入金:無料
・銀行振り込み/ペイジー入金/コンビニ入金:無料(※振込手数料はお客様負担)
・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担) ・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
・LINEPay入金:無料
・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
・コンビニ入金:495~805円
・ペイジー入金:495~605円
出金手数料 407円 無料 無料 ・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
330円 ・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
330円 300円 ・110円(LINEPay出金)
・400円
・385円(30,000円未満)
・770円(30,000円以上)
レバレッジ手数料 - ポジション金額の0.04%/日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生 レバレッジ手数料=買建(売建)数量×買値(売値)の終値×0.04% (建玉金額の絶対値×0.04%/日)の合計 - - 0.03%/日 無料(建玉手数料) - (利益が生じた場合)、当該利益の額に対して0.7%を乗じた金額
口座開設手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

また、上記の取引所のお得なキャンペーン情報を知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所のキャンペーンを一覧で紹介!」も参考にしてください。

比較的手数料が安い仮想通貨(暗号資産)取引所5選

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円(※50万円以上 入金金額×0.11%+495円)
出金手数料 407円
レバレッジ手数料 -
口座開設手数料 無料
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 取引手数料が無料(取引所の場合のみ)
  • 初心者でも使いやすい
  • 取り扱い通貨数が国内最多クラス

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

取引所の場合のみ、取引手数料が無料

この取引所には、取引所の場合のみ取引手数料が無料というメリットがあります。

取引所で取り扱いのある銘柄は、ビットコインを始め数種類あるため、取引手数料が無料になることによってコストの削減がしやすいでしょう。

初心者でも利用しやすい

また、初心者でも使いやすいというメリットもあります。取引画面が初心者でも簡単に理解できるデザインのため、初めて仮想通貨の取引を行う方も迷わず取引可能です。

取引所の取引手数料が無料なのは嬉しいですね!
販売所の場合、取引手数料はスプレッドが存在するため注意が必要です!

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

また、Coincheckについて詳しく知りたい方は、「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 20種類
取引手数料(BTC) ・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
・クイック入金:無料
出金手数料 無料
レバレッジ手数料 ポジション金額の0.04%/日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
口座開設手数料 無料
最低取引額 販売所:0.0001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • BitMatch取引という特殊な形式で、お得な取引ができる
  • アルトコイン証拠金取引の対応通貨が多い
  • 365日サポート対応がある・セキュリティ体制が充実

口座開設で全員が2,000円もらえる!(※)

※2023年2月1日6:59まで

DMM Bitcoinは、株式会社 DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

BitMatch取引という特殊な形式で、お得な取引ができる

この取引所には、BitMatch取引という特殊な形式で、お得な取引ができるというメリットがあります。

BitMatch取引とは取引所と販売所の良いところを組み合わせた形式であるため、手数料を抑えながら確実な取引をすることが可能です。

アルトコイン証拠金取引の対応通貨が多い

また、アルトコイン証拠金取引の対応通貨が多いというメリットもあります。さまざまな通貨でレバレッジ取引をすることも可能です。

DMM BitcoinはBitMatch形式でお得に取引をしたい方やセキュリティ対策がしっかりした取引所で運用したい方におすすめです。

口座開設で全員が2,000円もらえる!(※)

※2023年2月1日6:59まで

また、DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン
取り扱い銘柄数 20種類
取引手数料(BTC) ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
出金手数料 無料
レバレッジ手数料 レバレッジ手数料=買建(売建)数量×買値(売値)の終値×0.04%
口座開設手数料 無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00001BTC

GMOコインのメリット!

  • 口座開設や即時入金の手数料が無料
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のため信頼できる
  • オリコン顧客満足度No.1(※2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位)

口座開設で毎日10人に1,000円が当たる!

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

口座開設や即時入金の手数料が無料

この取引所には、口座開設や即時入金の手数料が無料というメリットがあります。

口座を持つ手数料が無料なだけでなく、すぐに入金することで入金手数料が無料になるため、比較的事務手数料が押さえやすい取引所と言えます。

東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社のため信頼できる

また、この取引所には、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社のため信頼できるというメリットもあります。

セキュリティ機能に力を入れており、オリコン顧客満足度も高い水準のため、利用者は安心して取引ができるでしょう。

口座開設で毎日10人に1,000円が当たる!

また、GMOコインについてさらに詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は?口コミやメリット、デメリットを解説!」や「GMOコインの口座開設方法!本人確認の手順や時間も解説!」も参考にしてください。

BITPoint

BITPOINT
取り扱い銘柄数 12種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
出金手数料 330円
レバレッジ手数料 -
口座開設手数料 無料
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円

BITPointのメリット!

  • 取引所形式の場合、取引手数料が無料
  • 最短10分で口座開設ができる

取引所形式の取引手数料が無料!

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、取引所形式の場合、取引手数料が無料というメリットがあります。そのためビットコインを始め、比較的メジャーなアルトコインを取引手数料無料で購入することが可能です。

また、この取引所には最短10分で口座開設できるというメリットもあります。平日の指定時間内に申し込みをした場合、当日から取引ができるのは嬉しい点と言えるでしょう。

取引所形式の取引手数料が無料!

また、BITPointについてさらに詳しく知りたい方は「ビットポイント(BITPoint)の評判・口コミはどう?デメリットやメリット、取り扱い通貨を解説!」も参考にしてください。

楽天ウォレット

取り扱い銘柄数 5種類
取引手数料(BTC) ・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:-
入金手数料 ・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
出金手数料 300円
レバレッジ手数料 建玉管理料無料
口座開設手数料 無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:100円

楽天ウォレットのメリット!

  • 楽天ポイントを使用できる
  • 平日以外でも入出金ができる

楽天ウォレットは、楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、楽天ポイントを使用できるというメリットがあります。

貯めてきた楽天ポイントを最低100ポイントから通貨と交換できるため、実質手数料を抑えた取引ができる可能性があります。

楽天ウォレットで無料口座開設をする

また、楽天ウォレットについてさらに詳しく知りたい方は「楽天ウォレットの評判は?手数料が高い・スプレッドが広いという意見についても解説!」も参考にしてください。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料の種類は?

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料には、以下の項目があります。

これらの項目は、仮想通貨取引所によってかかる手数料の金額は異なるため、どのような手数料項目があるかを知っておくことは重要になります。

また、手数料項目を知ることで自分に合った仮想通貨取引所を見つけることができるでしょう。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

取引手数料|購入・売却時

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料の種類の1つとして、取引手数料があります。

取引手数料は、通貨を取引した際に生じる手数料で、手数料の中では最も大切な手数料のうちの1つです。取引手数料は、以下の2種類の取引形式によって手数料形態が異なります。

それぞれの取引形式での取引手数料について詳しく見ていきましょう。

現物取引の場合

現物取引の場合、Maker手数料Taker手数料が発生します。

仮想通貨Maker Taker

Makerは新たな注文により市場を作っていく「Makeする人」という意味でMaker手数料という名前になっています。

反対に、Takerは既存の注文により取引板から「該当の価格を持っていく(取り除く)人」という意味でTaker手数料という名前になっています。

例として、GMOコインでビットコインを取引する際の取引手数料は以下の通りです(※2022年6月執筆時点)。

項目 手数料
Maker -0.01%
Taker 0.05%

現物取引を行う場合、Maker手数料とTaker手数料を確認したうえで取引を行うようにしましょう。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

レバレッジ取引の場合

レバレッジ取引の場合、レバレッジ手数料が発生します。レバレッジ手数料とは、

ポジションを持ちこす際にかかる手数料のことで、1日ごとに加算されていきます。

レバレッジ手数料

また、そのほかに発生する可能性のある手数料は以下の通りです。

レバレッジ取引にかかる手数料 内容
スプレッド 売値と買値の価格差のこと、販売所形式で発生する(※現物取引でも販売所で取引をした場合は発生)
ロスカット手数料 相場の変動等により、強制的にポジションを精算される際に発生する手数料

上表からわかる通り、レバレッジ取引をすると現物取引にはない手数料が発生します。

レバレッジ取引は、ハイリスクハイリターンなだけでなく手数料も特殊なため、各仮想通貨取引所の手数料を確認しておくのが良いでしょう。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

入出金手数料|法定通貨・日本円の入出金時

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料の種類の1つとして、入出金手数料があります。

入出金手数料とは、自身の口座に法定通貨を入金および出金する際にかかる手数料のことです。取引所の中にはDMM Bitcoinのように、入出金手数料が無料のものもあります。

ただし、入出金手数料が無料の取引所でも、振込入金をする際の各金融機関で定められている銀行手数料がお客様の負担となる場合が多いため注意が必要です。

送金手数料|仮想通貨・暗号資産の送金時

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料の種類の1つとして、送金手数料もあります。

送金手数料とは、別の取引所に仮想通貨を移管する際に取引所間で発生する手数料のことです。

仮想通貨取引所の中でも取り扱う仮想通貨によって送金手数料は異なります。送金手数料の例を下表にまとめました。

仮想通貨取引所 送金手数料
Coincheck ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
bitFlyer ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
bitbank ・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP

仮想通貨を移動させるには、送金手数料を事前に確認しておくと良いでしょう。

取引にかかる手数料はいろいろあるんですね!
手数料を比較するためにも手数料項目を把握しておくのは大切です!

比較的手数料が安い取引所を見てみる

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料を比較する際にチェックすること

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料を比較する際にチェックすることには、以下があります。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料を比較する際にチェックすること

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

取引所と提携する銀行はあるか

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料を比較する前にチェックすることとして、取引所と提携する銀行はあるかという点があります。

入出金手数料がかかる取引所でも、提携を行っている銀行では入出金手数料がお得になることがあります。

仮想通貨取引所と提携銀行の具体例を下表にまとめたので、参考にしてください。

仮想通貨取引所 提携銀行
Coincheck ・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
DMM Bitcoin ・GMOあおぞらネット銀行
BITPoint ・PayPay銀行

上記の通り、仮想通貨取引所によって入金手数料がお得になる提携銀行は異なるので、事前に各取引所の公式サイトなどで提携銀行があるかを確認しておくのも良いでしょう。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

取引する通貨の手数料は何%か

取引する通貨の手数料は何%かも確認すると良いでしょう。

取引所の取引手数料は、売買する通貨の種類によって異なる場合があります。具体例としてHuobi Japanの手数料を下表にまとめました。

取り扱い通貨 売買手数料(取引所形式)
※LV.01の場合
BTC ・Maker:0.000%
・Taker:0.000%
HT ・Maker:0.100%
・Taker:0.200%
ETH ・Maker:0.150%
・Taker:0.150%

上記はあくまで一例で、取引所によって通貨ごとの手数料は異なります。自身が取引したい通貨の手数料が安い取引所を選択すると良いでしょう。

スプレッドは狭いか

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料を比較する際にチェックすることとして、スプレッドは狭いかという点もあります。

スプレッドとは売値と買値の差であり、販売所形式の取引価格に最初から組み込まれている実質の手数料のことです。

仮想通貨スプレッド

取引所取引と比較して比較的割高な取引になりやすいことが特徴です。

比較的スプレッドの狭いと言われている取引所を以下にまとめましたので、参考にしてください。

  • bitbank
  • DMM ビットコイン
  • bitFlyer

スプレッドが広い場合、取引所に比べて手数料が割高になるため、スプレッドが狭い取引所を選ぶのも良いでしょう。

スプレッドも考慮する必要がありそうですね。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

また、スプレッドについて詳しく知りたい方は、「ビットコイン・仮想通貨取引所のスプレッドを比較!販売所のスプレッドとは何かも解説!」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)取引所の手数料に関するよくある質問

口座開設手数料はかかる?

口座開設に手数料は基本的にはかかりません。

どこの取引所で開設する場合も口座開設に費用はかからないため、気軽に口座開設を行うことが可能です。

口座開設手数料は無料ですが、利用時にこれまで説明した手数料が別途発生するため、ご注意ください。

ビットコインを取引所で現金化するには手数料がかかる?

ビットコインを取引所で現金化するには、手数料がかかります。

また、ビットコインを現金化する際にかかる手数料は販売所形式と取引所形式で異なり、取引所形式の方が割安になる傾向がありります。

比較的手数料が安い取引所を見てみる

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。