2022年8月1日

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?今後の将来性や取引所、買い方を解説!

仮想通貨クアンタム
クアンタムはどんな特徴の通貨?
クアンタムの将来性が知りたい!

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)に関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、クアンタムの特徴や将来性、購入方法を詳しく解説していきます。

この記事のまとめ

  • クアンタム(Quantum)とは、シンガポールに本社を置くオープンソースプラットフォーム
  • 仮想通貨QTUMはそのプラットフォームのトークン
  • クアンタムはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のメリットを持ち合わせている
  • クアンタムはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用している
  • イーサリアムとの互換性がクアンタムの将来性を予測するポイントになる
  • クアンタムを購入するためのおすすめの取引所はDMM Bitcoin
  • DMM Bitcoinはクアンタムでレバレッジ取引ができる!

口座開設で全員が2,000円もらえる!

この記事を最後まで読むことで、仮想通貨クアンタムの特徴と将来性がわかります。

また、おすすめの仮想通貨銘柄について詳しく知りたい方は、「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)とは?

ティッカーシンボル QTUM
1QTUMあたりの価格 385.34円(※2022年6月執筆時点)
取り扱い開始 2017年9月13日
発行上限 107,800,000枚

クアンタム(Quantum)とは、シンガポールに本社のあるQtum Chain Foundation Ltd.のオープンソースプラットフォームです。

仮想通貨QTUMはそのプラットフォームのトークンとして用いられています。

仮想通貨QTUMはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のメリットを持ち合わせた仮想通貨を目指して開発されました。

現在、クアンタム上でDApps(分散型アプリ)やDeFi(分散型金融)の開発が積極的に行われています。

クアンタムブロックチェーン上では20種類以上のトークンが作成されています。(2022年6月執筆時点)

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)の特徴

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)の特徴を以下にまとめました。

クアンタムの特徴を知ることで、取引をする際の判断の指針になるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のメリットを持ち合わせている

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)にはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のメリットを持ち合わせているという特徴があります。

それぞれのメリットについて以下にまとめました。

これらのポイントを知ることで、仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)への理解がより深まります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

UTXOを実装している

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)はUTXOを実装しているという特徴があります。

UTXOとは、ブロックチェーン技術を用いたプライバシー保護に優れた残高管理方式のことを指します。

この管理方式はビットコインのブロックチェーンで採用されています。

UTXOでは、残高管理をアカウントに紐づけてデータとして管理・記録をせずに、ブロックチェーン上の取引データに基づいて残高算出をして管理します。

そのため、取引のたびに新たな送金先のアドレスが発行され、ユーザーの特定が困難になっています。

UTXOの実装で匿名性が高くなったんですね!
クアンタムはプライバシー保護の観点でメリットがあると言えるでしょう。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

スマートコントラクトを採用している

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)はスマートコントラクトを採用しているという特徴があります。

スマートコントラクトとは、特定の条件下でブロックチェーン上の契約や取引を自動的に実行する仕組みのことを指します。

この技術はイーサリアムのブロックチェーン上に実装されています。

スマートコントラクトを採用することで、契約の締結等が自動化され、仲介コストや取引時間の削減ができます。

また、スマートコンタクトで締結された契約や取引は、すべてインターネット上のデータに記録されるため透明性が高くなり、不正や改ざんの予防が可能になります。

これらのことから、クアンタムはスマートコントラクトの導入により運用コストを抑え、スムーズな取引が可能になったといえます。

分散型のシステムにも対応している

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)は分散型のシステムにも対応しているという特徴があります。

クアンタムは上述したようにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の特徴を持ち合わせているため、ブロックチェーン上での分散型アプリ(DApps)の開発が可能です。

DApps(ダップス)とは、ブロックチェーン上にスマートコントラクトの機能を用いて作成されたアプリケーションのことを指します。

また、DeFi(ディーファイ)と呼ばれる金融機関を介さずに取引が行える仕組み(分散型金融)の開発も可能となっています。

これらのことから、クアンタムは仮想通貨の売買だけでなくビジネスの面でも注目を集める可能性があります。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を用いている

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)はPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を用いているという特徴があります。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)は、仮想通貨などのブロックチェーンで採用される、コンセンサスアルゴリズムの一つです。

コンセンサスアルゴリズムとは、わかりやすく言うと、仮想通貨の取引データなどが正しいか判断し、維持するためのルールのことです。

クアンタムが採用しているPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の特徴を以下にまとめました。

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)が採用するPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の特徴

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ステーキングが可能

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しているため、ステーキングが可能という特徴があります。

クアンタムが採用するPoS(プルーフ・オブ・ステーク)では、保有した期間と量に応じて報酬が貰える仕組みを用いています。

このことから、クアンタムでは、仮想通貨を保有するだけで報酬がもらえるステーキングが可能になっています。

仮想通貨取引初心者でもステーキングによって利益を出す可能性は十分にあるでしょう。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

環境問題への配慮

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)はPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しているため、環境問題への配慮をしているという特徴があります。

多くのブロックチェーンでは、コンセンサスアルゴリズムとしてPoW(プルーフ・オブ・ワーク)という仕組みを採用しています。

PoWは計算処理を一番早く終えたユーザーに報酬が与えられる仕組みになっています。

そのため、PoWは計算のために莫大な電力を消費し、環境に負荷がかかると問題視されています。

しかし、クアンタムが採用するPoSは、先述の通り仮想通貨を保有した期間と量に応じて報酬が貰える仕組みになっているため、電力消費を抑えることが可能です。

これらのことからクアンタムは環境問題へ配慮した仮想通貨だと言えるでしょう。

ライトウォレットを活用している

仮想通貨(暗号資産)クアンタム(QTUM/Quantum)はライトウォレットを活用しているという特徴があります。

ライトウォレットは必要なデータのみををダウンロードするため動作が軽く、使用するストレージ量の節約も可能です。

そのため、スマートフォンでもストレスなく使用することができます。

ライトウォレットの活用は、ストレージの圧迫も少なく、処理速度も早いことからビジネスシーンでの広がりも期待できるでしょう。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイント

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントを以下にまとめました。

これらのポイントを知ることで、クアンタムの取引をする際の判断指針をもつことができます。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

イーサリアムとの互換性

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントとしてイーサリアムとの互換性があります。

前述したようにクアンタムはイーサリアムと同様にスマートコントラクトを採用しています。

そのため、クアンタムのプラットフォーム上でのアプリ開発は、イーサリアムブロックチェーンと同様の環境となっており、プログラマーはすぐに適応できます。

2022年6月執筆時点で、DApps(分散型アプリケーション)の開発は、イーサリアムのシェアが高くなっています。

しかし、イーサリアムの手数料高騰などの問題から、今後イーサリアム上で開発されたDAppsのクアンタムプラットフォームへの移管が増える可能性があります。

イーサリアムの環境を活かして新規アプリ開発が進むかもしれませんね。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

新しい取引所への上場

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントとして新しい取引所への上場があります。

クアンタムはCoincheck(コインチェック)など、一部の国内取引所で上場しており、今後も上場する取引所が増えることが予想されます。

一般的に上場する取引所が増えれば通貨も高騰する傾向にあるため、今後新しい取引所への上場が発表されることで一時的な相場変動が起こる可能性があります。

また、クアンタムは国内取引所で上場していることから金融庁の認可を得ている仮想通貨です。

これらのことから、クアンタムは信頼性のある仮想通貨のため将来性が期待できると言えるでしょう。

ロードマップの進捗

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントとして、ロードマップの進捗があります。

クアンタムはTwitterで今後の開発ロードマップを公開しており、プロジェクトの進行予定を明らかにしています。

ロードマップによると、公式ウォレット「Qtum Core」のアップグレードやDAppやDeFiのシステムとの連携強化などを進めるようです。

ロードマップの進捗具合によっては仮想通貨の高騰が期待できるため、SNSをこまめにチェックすることで相場変動の予測ができるでしょう。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

ハードフォークの影響

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントとして、ハードフォークの影響があります。

ハードフォークとは、仮想通貨の仕様変更を意味し、仮想通貨のアップデートによって新たな仮想通貨が生まれる(分岐する)ことを指します。

例えば、ビットコイン(BTC)もこれまで幾度もハードフォークを行い、「ビットコインキャッシュ」「ビットコインダイヤモンド」などが誕生しています。

クアンタムは、2021年に4月30日にハードフォークを行い、その期待から価格が4倍以上に高騰した過去があります。

今後もハードフォークをはじめとした仮想通貨のアップデートで相場が変動する可能性があると言えるでしょう。

中国の動向

クアンタム(QTUM/Quantum)の今後や将来性を予想するポイントとして、中国の動向があります。

クアンタムはシンガポールに本社を置いていますが、中国のブロックチェーンエコシステムを用いて開発されています。

そのため、クアンタムの今後や将来性は中国政府に左右されることも考えられます。

中国政府は仮想通貨に対して規制を強化しており、さらなる取り締まり強化によってクアンタムの将来に影響を及ぼすおそれがあります。

中国に限らず仮想通貨への規制強化が各国で発表されているので要注意です。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所

DMM Bitcoin Coincheck GMOコイン
DMM Bitcoin コインチェック GMOコイン
クアンタムに関する特徴 クアンタムでレバレッジ取引ができる 初心者にもわかりやすいアプリでクアンタムを取引ができる クアンタムを最短即日で取引ができる
取引手数料(QTUM) ・BitMatch:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 20種類 17種類 21種類
送金手数料(仮想通貨) ・無料(QTUM) ・0.01 (QTUM) ・無料(QTUM)
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 20種類
DMM Bitcoinの特徴 クアンタムでのレバレッジ取引が可能
取引手数料(QTUM) ・BitMatch:BitMatch手数料(100QTUM /1,497円)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・無料(QTUM)
最低取引額 販売所:1000QTUM

DMM Bitcoinのメリット!

  • クアンタムでレバレッジ取引ができる
  • クアンタム以外にも全20種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができる
  • 最短当日から取引を開始できる

口座開設で全員が2,000円もらえる!

DMM Bitcoinは、株式会社 DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、クアンタムでレバレッジ取引ができるというメリットがあります。

レバレッジ取引を使うことで、少額の投資でより大きな利益が得られる可能性があります。

また、この取引所には最短当日から取引を開始できるというメリットもあります。

取引開始までの手続きが少ないため、取引のタイミングを逃しにくく、スムーズに取引を始められるでしょう。

以上のことから、DMM Bitcoinはクアンタムやアルトコインでレバレッジ取引をしたい方におすすめの取引所です。

口座開設で全員が2,000円もらえる!

また、DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
取り扱い銘柄数 17種類
Coincheckの特徴 初心者でも使いやすいアプリ設計でクアンタムを簡単に購入できる
取引手数料(QTUM) ・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・0.01 (QTUM)
最低取引額 ・取引所:500円以上
・販売所:500円以上

Coincheckのメリット!

  • クアンタムを初めて取引する人でも使いやすいアプリ設計
  • 取り扱い通貨数が国内最多クラスの17種類
  • 500円の少額から取引できる

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、クアンタムをはじめて取引する人でも使いやすいアプリ設計というメリットがあります。

直感で操作できるシンプルなデザインのため、初心者でも迷わず安心感を持って取引ができるでしょう。

また、この取引所には取扱通過数が国内最多クラスの17種類というメリットもあります。

主要な通貨だけでなく、アルトコインにも対応しているため、仮想通貨上級者の人でも満足な取引ができるでしょう。

Coincheckはクアンタムを初めて取引する方におすすめです!
多くの種類のアルトコインを購入したい方にもおすすめします。

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

また、Coincheckについて詳しく知りたい方は、「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン
取り扱い銘柄数 21種類
GMOコインの特徴 クアンタムをその日のうちに取引できる場合がある
取引手数料(QTUM) ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・無料(QTUM)
最低取引額 ・取引所:0.05 QTUM
・販売所:0.1QTUM

GMOコインのメリット!

  • クアンタムを最短当日から取引できる
  • 14種類の仮想通貨で現物・レバレッジ取引ができる
  • セキュリティ機能を追及している

口座開設で毎日10人に1,000円が当たる!

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインには、クアンタムを最短当日から取引ができるというメリットがあります。

平日の指定時間内に申し込みをした場合、当日から取引ができるため、クアンタムの相場変動に乗り遅れる可能性が低いでしょう。

また、この取引所には、14種類の仮想通貨で現物・レバレッジ取引ができるというメリットもあります。

取引する仮想通貨によって取引方法を変えることができるため、リスク分散もできると言えるでしょう。

以上のことから、GMOコインはすぐにクアンタムの取引を開始したい方におすすめの取引所です。

口座開設で毎日10人に1,000円が当たる!

また、GMOコインについてさらに詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は?口コミやメリット、デメリットを解説!」や「GMOコインの口座開設方法!本人確認の手順や時間も解説!」も参考にしてください。

クアンタム(QTUM/Quantum)の購入方法

クアンタム(QTUM/Quantum)の購入方法について解説します。

クアンタムの購入には国内取引所の開設が必要なため、Coincheck(コインチェック)での買い方を例にとって説明します。

クアンタム(QTUM/Quantum)の購入方法

  1. Coincheckで口座開設する
  2. Coincheckに日本円を入金する
  3. Coincheckでクアンタム(QTUM)を購入する

まず、Coincheckの口座を開設します。

Coincheckのアプリから開設することで、スマホで簡単に本人確認を~購入まで行うことができるため、便利です。

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Coincheckで本人確認の際には以下のいずれかの書類が必要です。

本人確認書類

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カードなど

次に、開設した口座に日本円を入金します。

Coincheckは以下の方法で入金が可能です。

入金方法

  • 銀行口座入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

いずれかの方法で入金が完了したら、クアンタム(QTUM)を購入します。

仮想通貨の購入は、販売所メニューから「クアンタム(QTUM)」を選択するだけで簡単に可能です。

クアンタム購入

出典:https://coincheck.com/ja/

購入する前に改めて値動きを確認すると良いでしょう。

口座開設の際、誤った情報を入力すると開設が遅れる可能性があるため注意しましょう。

また、クアンタム以外にも全般的な仮想通貨取引の始め方について詳しく知りたい方は、「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」や「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

クアンタム(QTUM/Quantum)についてよくある質問

クアンタム(QTUM/Quantum)の発行枚数は?

クアンタム(QTUM/Quantum)は107,822,406枚発行されています。(2022年6月執筆時点)

なお、クアンタムは、仮想通貨の保有量と保有期間に応じて報酬が貰える仕組みを用いています。

クアンタム(QTUM/Quantum)のエアドロップはいつ?

クアンタム(QTUM/Quantum)のエアドロップは不定期で行われています

エアドロップとは、企業や取引所が資金調達のために、条件を満たしたユーザーに無料で仮想通貨が配布されるイベントのことを指します。

なお、国内取引所の多くがクアンタムのエアドロップに対応していません。

クアンタム(QTUM/Quantum)を購入できる取引所を見てみる

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。