2022年6月9日

PLT(パレットトークン)とは?購入方法・買い方や取引所、今後の将来性予想をわかりやすく解説!

パレットトークン
パレットトークンってどんな仮想通貨ですか?
パレットトークンにはどんな特徴があるのか、今後どうなるのか詳しく知りたい人も多いでしょう。

この記事では、パレットトークンの特徴や今後について紹介しています。

まだパレットトークンについてよく知らない方も、記事を最後まで読むことで特徴や将来性について理解を深めることができます。

この記事のまとめ

  • パレットトークンは、PaletteというNFT取引のプラットフォームで使用される基軸通貨
  • イーサリアム(ETH)とのインターオペラビリティが特徴
  • パレットトークンは日本初のIEO銘柄で、比較的NFTと関わりの深い通貨である
  • パレットトークン購入におすすめの取引所は「Coincheck
  • Coincheck国内で唯一パレットトークンを購入可能(※2022年3月執筆時点)

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、パレットトークンの特徴がわかります。

また、パレットトークン以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄6選!これから伸びる可能性のあるコインは?」も参考にしてください。

パレットトークン(PLT)とは?現在の値段などを解説!

ティッカーシンボル PLT
1PLTあたりの価格 約27円(※2022年3月執筆時点)
取り扱い開始 2021年7月
発行上限 10億枚

パレットトークンは、Paletteというプラットフォームの基軸通貨として利用されています。

Paletteは、NFTの取引にフォーカスした、新鋭の取引プラットフォームです。このPaletteの動向は、パレットトークンの価格にも大きな影響を持っていると言えます。

それでは、ここからはパレットトークンの特徴について詳しく見ていきましょう。

パレットトークンを購入できる取引所を見てみる

パレットトークン(PLT)の特徴5選

パレットトークン(PLT)の特徴には、以下のような点があります。

各特徴を把握することで、パレットトークンに関する理解をより深めることができます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

Paletteで使える基軸通貨

パレットトークンは、Paletteで利用することができる基軸通貨です。

Paletteは先述の通りNFTの取引に用いられるプラットフォームの一種で、いくつかの特徴を備えています。

例えば、Paletteはイーサリアムなど複数のブロックチェーンと相互運用をすることができます。

また、手数料(ガス代)も比較的安く利用できるなどユーザーにとってのメリットもあるため、今後プラットフォームPaletteの利用者数も増える可能性もあります。

パレットトークンを購入できる取引所を見てみる

手数料の安定性・安さ

手数料の安定性・安さもパレットトークンの特徴です。

パレットトークンは手数料が安定的で、かつ安い水準を保っているため、今後の利用者獲得が期待されています。

また、パレットトークンはNFT分野に主眼を置いたプラットフォームの基軸通貨です。

NFTなどのエンターテインメントに関わるプラットフォームでは、手数料が高騰するとクリエイターの獲得に影響が出てしまう可能性があります。

手数料はNFTプラットフォームの利用者にとって、関心事の1つです。この点に強みを持っているのは、パレットトークンの明確な特徴と言えるでしょう。

NFTの今後にも注目ということですね!
NFTの注目により、プラットフォームPaletteの利用者が増えると、パレットトークンの価値も上がる可能性がありますね!

イーサリアム(ETH)とのインターオペラビリティ

イーサリアム(ETH)とのインターオペラビリティがあることもパレットトークンの特徴です。

インターオペラビリティとは、日本語で相互運用性のことです。通常、仮想通貨のブロックチェーンはそれぞれに独立しているため、相互運用性はないケースが多いです。

しかし、パレットトークンはクロスチェーン技術によってこの点を克服し、主要な仮想通貨の1つであるイーサリアムとの相互運用を実現しています。

相互運用が可能になれば、それだけ利用者にとっても便利な通貨になる可能性もあるでしょう。

優れた相互運用性がさらに高まることで、より幅広く利用されるプラットフォームとなることが期待されています。

パレットトークンを購入できる取引所を見てみる

日本初のIEO銘柄

パレットトークンは、日本初のIEO銘柄です。この点もパレットトークンの特徴と言えるでしょう。

IEO(Initial Exchange Offering)とは、簡単に言うと仮想通貨を用いた資金調達の方法のことです。

日本では前例がありませんでしたが、2021年にCoincheckによりIEOが行われ、こちらが日本初のIEOが行われた事例となりました。

Coincheckは、2021年7月にCoincheck IEOを提供し、パレットトークンのIEOを実施しました。

結果として多額の資金調達を達成し、この試みは成功を収めたと言ってよいでしょう。

パレットトークンはこの際、IEOを行う銘柄の1つに選ばれていました。

今後国内のIEOの普及によっては、関心をさらに集める可能性もあるでしょう。

これから広がっていくと良いですね!

IOSTとの連携

IOSTとの連携もパレットトークンの特徴の1つです。

IOSTは同じく仮想通貨の一種で、非中央集権的な独自アルゴリズムなどの特徴を持っています。

そして2021年9月、PaletteとこちらのIOSTの連携が発表され、話題となりました。この連携は開発や運営などに関わるもので、今後のプロジェクトの進展が期待されています。

また、こちらの連携も先述したクロスチェーン技術を用いた施策の一環です。

今後このようにして、新たな仮想通貨との相互運用が増加していくことが予想されています。

今後も新たにこういった連携の発表などがあった場合、価格に影響がある可能性もありますので、動向を見逃さないよう、細かくチェックしておくと良いでしょう。

パレットトークンを購入できる取引所を見てみる

パレットトークン(PLT)の今後は?将来性を予想

パレットトークン(PLT)の今後を予想するポイントには、以下のような点があります。

各ポイントを理解することで、今後の予想がより立てやすくなるでしょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

NFTに対する期待

パレットトークン(PLT)の今後を予想するポイントとして、NFTに対する期待度があります。

そもそも、PaletteはNFTの取引のためのプラットフォームです。

そのため、NFTそのものの注目度はPaletteの注目度、ひいてはパレットトークンの注目度に繋がりやすいと言えます。

NFTは新規性が高く、注目が高まっている分野です。確実にとは言えませんが、今後の動向に期待ができる可能性があると言えます。

2022年5月執筆時点のニュースでは、日本のプロ野球チームで初めて提供されるNFTコンテンツのチェーンとして、パレットチェーンが採用されるというものもありました。

株式会社HashPaletteは、阪神タイガースのNFT(非代替性トークン)サービス「Tigers Gallery」の基盤ブロックチェーンとして、「Palette(パレット)」が採用されたことを発表した。

パレットトークンを購入できる取引所を見てみる

Palette利用者の増減

Palette利用者の増減も、パレットトークン(PLT)の今後を予想する重要なポイントです。

パレットトークンはPaletteの基軸通貨のため、Paletteの利用者の増減はパレットトークン利用者の総数に影響を及ぼすことが予想できます。

クロスチェーン技術などを用いたPaletteの利用者が増加すれば、パレットトークンの利用者も増加するでしょう。

まとめると、Palette利用者数は、パレットトークンの価格に関わる可能性が比較的高いため、注目が必要な内容であると言えるでしょう。

Paletteの動向には今後も注目ですね。

新規上場による知名度の上昇

他にもパレットトークン(PLT)の今後を予想するポイントとして、新規上場による知名度の上昇が考えられます。

パレットトークンが新たに国内の取引所に上場することができれば、今よりさらに知名度を獲得することができます。

パレットトークンの知名度が上がれば、利用者の増加や価値が向上が起こる可能性もあるでしょう。

パレットトークンは現在、国内ではIEOが行われたCoincheckのみで扱われています。現状、知名度が高いとは言い難いですが、まだまだ伸びしろがあるとも考えられます。

今後の動向を予想する上でも、上場に関する情報はくまなく確認しておきましょう。

国内最多級の取り扱い通貨数!

IEOによる資金調達の達成

IEOによる資金調達の達成も、パレットトークン(PLT)の今後を予想するポイントとなり得ます。

先述の通り、IEO(Initial Exchange Offering)とは、仮想通貨を利用した資金を調達するための方法のことを表します。

そしてこちらも先述した通り、2021年にCoincheckにより行われた日本初のIEOにパレットトークンは含まれていました。

現状、IEOは国内ではまだまだ主流とは言えません。しかし、このCoincheckでの成功例を皮切りとして、今後国内でIEOが盛んになっていく可能性もあります。

そのようにしてIEOに注目が集まっていけば、その影響でパレットトークンにも注目が集まる可能性はあるでしょう。

パレットトークン(PLT)を購入できる取引所

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(PLT) ・取引所:無料
送金手数料(仮想通貨) 72.0 PLT
最低取引額 ・取引所:500円

Coincheckのメリット!

  • 国内で唯一パレットトークンを購入できる取引所(※2022年3月執筆時点)
  • ダウンロード数国内最多級の初心者でも使いやすいアプリで取引が行える
  • 17種類と比較的多くの銘柄を取り扱っている

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

この取引所には、国内で唯一パレットトークンを購入できる取引所であるというメリットがあります。

海外取引所での取引は金融庁の認可がなく、セキュリティ面のリスクが高いため、国内で購入可能なのは嬉しいポイントです。

また、この取引所には、ダウンロード数国内最多級の初心者でも使いやすいアプリで取引が行えるというメリットもあります。

初心者でも使いやすいアプリと評価も比較的高いため、パレットトークンの取引を始めやすいでしょう。

アプリで手軽に取引できるのは嬉しいですね!
海外での取引は安全性の観点などから、推奨していません。

国内最多級の取り扱い通貨数!

パレットトークン(PLT)の具体的な購入方法・買い方の手順

それでは、Coincheckでのパレットトークン購入の手順について解説していきます。

手順を実行していくにあたり、本人確認書類として次のようなものが必要になります。可能であれば事前に準備しておきましょう。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート

実際の手順は以下の通りです。

パレットトークン(PLT)購入の手順

  1. Coincheckの取引口座を開設する
  2. 開設した口座に日本円を入金する
  3. パレットトークンを実際に購入する

国内最多級の取り扱い通貨数!

注意点として、入金の際には入出金手数料が発生する場合もあります。手数料は入金方法ごとに異なりますので、事前に確認しておきましょう。

また、パレットトークンの買い方や始め方についてさらに詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。