2024年5月16日

仮想通貨テゾス(XTZ/tezos)とは?買い方や上場している取引所を紹介!将来性や今後の価格予想も解説! 

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
テゾス(Tezos/XTZ)ってどんな仮想通貨?
実際にテゾス(Tezos/XTZ)を購入できる取引所は?

テゾス(Tezos/XTZ)という仮想通貨について、このように感じている方も多いでしょう。

この記事では最近話題のテゾス(Tezos/XTZ)について、特徴や買い方はもちろん、将来性やおすすめの仮想通貨取引所まで幅広くご紹介していきます。

この記事のまとめ

  • テゾス(Tezos/XTZ)とは、独自のコンセンサスアルゴリズムを持つ仮想通貨
  • またテゾス(Tezos/XTZ)は、オリジナルのスマートコントラクトの採用により、高いセキュリティ性が特徴
  • フランス銀行での実験」や「NFT事業の拡大」など、実用化も期待できる
  • テゾス(Tezos/XTZ)を取り扱っているおすすめの取引所は「DMM Bitcoin
  • DMM Bitcoinは、テゾスでレバレッジ取引に対応しているため、より大きな利益を狙うことができる

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年9月1日6:59まで


この記事を最後まで読むことで、テゾス(Tezos/XTZ)の特徴や将来性、購入におすすめな仮想通貨銘柄なのかがわかります。
CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

仮想通貨(暗号資産)テゾス(Tezos/XTZ)とは?

ティッカーシンボル テゾス(Tezos/XTZ)
1XTZあたりの価格 140.36円(※2024年5月16日時点)
取り扱い開始 2017年7月1日
発行上限 100億枚

テゾス(Tezos/XTZ)とは、独自のコンセンサスアルゴリズムやスマートコントラクトが特徴の仮想通貨です。

また、ブロックチェーン技術を活用したNFT事業や実サービスへの利用にも注目です。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

テゾス(Tezos/XTZ)の特徴5選

テゾス(Tezos/XTZ)の特徴は以下の通りです。

ここからは更に具体的にテゾス(Tezos/XTZ)の特徴について説明していきます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

コンセンサスアルゴリズム「LPoS」の採用

テゾス(Tezos/XTZ)は、コンセンサスアルゴリズム「LPoS」を採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン上でブロックを増やす際のルールのことを指します。

これにはいくつかのパターンがありますが、テゾス(Tezos/XTZ)は「LPoS」を採用しています。

「LPoS(Liquid Proof of Steak)」とは、仮想通貨の保有数に比例してブロックを生成する人が決まる「PoS」というコンセンサスアルゴリズムの一種です。

「LPoS」の場合は、仮想通貨の保有数が少なくても、他の保有者に委任する形でブロックの生成に携わることができます。

保有数に関わらずブロック生成機会を得られます。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

ブロックチェーンの分岐が不要

テゾス(Tezos/XTZ)は、ブロックチェーンの分岐が不要という特徴もあります。

ブロックチェーンの仕様変更やアップデートの際に仮想通貨が分岐することがあり、これをハードフォークといいます。

ハードフォークにはいくつかのメリットもありますが、仮想通貨の価格が安定しなくなるなどのデメリットについても問題視されていました。

しかしテゾス(Tezos/XTZ)の場合は、仕様変更やアップデート前後で互換性を維持する仕組みになっているため、分岐が不要になります。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

オリジナルのスマートコントラクト

テゾス(Tezos/XTZ)は、オリジナルのスマートコントラクトを採用することで、高いセキュリティ性を保っています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンにおける契約の自動化をするための仕組みです。

第三者が契約に介入する必要がないため、迅速な手続きが可能になる反面、バグやエラーが発生したときにすぐに対処できないという欠点がありました。

しかしテゾス(Tezos/XTZ)オリジナルのスマートコントラクトは、「フォーマル・ベリフィケーション(Formal Verification)」「OCaml(オーキャムル)」という2つのシステムを導入することにより、その問題を解決しました。

「フォーマル・ベリフィケーション(Formal Verification)」は契約内容を検証し、ハッキングなどの問題が発生する確率を低く抑えられます。

また、「OCaml(オーキャムル)」はバグが発生しにくい特徴のあるプログラミング言語です。

ブロックを生成する仕組み「ベーキング」

テゾス(Tezos/XTZ)には「ベーキング」と呼ばれるブロック生成方法があります。

「マイニング」と呼ばれるブロック生成方法が一般的ですが、テゾス(Tezos/XTZ)の場合はブロックを作成・生成することを「ベーキング」、ベーキングを行う人のことを「ベイカー」と呼んでいます。

先述の通り、テゾス(Tezos/XTZ)では通貨保有数の少ないユーザーでも、ベイカーに委任することで報酬を得る機会を手に入れられるというメリットがあります。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

2020年末に国内で新規上場

またテゾス(Tezos/XTZ)は、2020年末から国内での新規上場を果たしています。

テゾス(Tezos/XTZ)が初めて国内の仮想通貨取引所に上場したのは2020年末で、その時の取引所はbitflyerGMOコインでした。

2020年 12月8日
この度、販売所で新たにテゾス(XTZ)の取扱いを開始しました。テゾス(XTZ)は国内の暗号資産交換業者において、当社が初めての取扱いとなります。

この時期のテゾス(Tezos/XTZ)は、国内での知名度向上なども一因となり、価格が上昇しました。

テゾス(Tezos/XTZ)は上がらない?価格推移をチャートで解説!

テゾス 価格推移

参照:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/tezos/

2021年4月から2022年3月に至るまでの約1年間で、4月に700円超え・10月に900円超えと、2回山ができているのが印象的です。

また、2024年1月16日時点では1XTZあたり166円前後で価格が推移しています。

今後もテゾス(Tezos/XTZ)独自のブロックチェーン技術の応用やそれによる知名度の高まりなどによっては、値上がりする可能性もあります。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

テゾス(Tezos/XTZ)の最新ニュース

ステーブルコインによる活用

2022年6月にステーブルコインの一つである「テザー」が、テゾスのブロックチェーン上に新規でUSDTを発行しました。

メジャーなステーブルコインであるテザー(USDT)は、テゾス・ブロックチェーン上に新しいテザーを展開することになった。デジタル決済および分散型金融(DeFi)分野でのその存在感をさらに拡大させることになった。

テゾスブロックチェーン上でUSDTが発行されたことで、今後テザーが決済においてより便利に使われる可能性があることが推測されます。

またテゾスの価格という側面からも、ブロックチェーンが使用されることでニーズが高まり価格上昇につながる可能性も考えられるでしょう。

テゾス(Tezos/XTZ)は上昇する?今後の将来性を予想するポイント!

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性を予想するポイントは以下の通りです。

ここからはテゾス(Tezos/XTZ)の将来性について見ていきましょう。

購入を検討している方はこれらの点をしっかり押さえておくことをおすすめします。

それではそれぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

フランスの銀行「​​Banque de France」での実験

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性を予想するポイントとして、フランスの銀行で行われた実験について押さえておきましょう。

この実験は、フランスの中央銀行「​​Banque de France」がデジタル通貨「CBDC」を開発・実現するにあたり、テゾス(Tezos/XTZ)のブロックチェーン技術を利用したというものです。

このように世界的な金融機関に技術が応用されるとあれば、テゾス(Tezos/XTZ)の認知度が上がり価格にも影響する可能性があります。

テゾスを購入できる取引所を見てみる

アップデートへの評価

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性を予想するポイントとして、アップデートの評価もあります。

テゾス(Tezos/XTZ)は、定期的にアップデートが実施されています。

例えば2020年のアップデートでは、ブロックチェーンによる分散型金融の課題であった送金手数料の問題を解決しました。

こういったアップデートへの評価が高まれば、テゾス(Tezos/XTZ)の注目度は今後も上昇していく可能性もあります。

NFT事業の拡大

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性を予想するポイントとして、NFT事業の拡大にも注目です。

NFTとは非代替性トークンを意味し、主に芸術作品などのデジタルデータにブロックチェーン技術を応用したものを指します。

現状NFTにはイーサリアムのブロックチェーン技術が用いられていることがほとんどですが、今後テゾス(Tezos/XTZ)の技術がNFT事業にも関わっていく可能性は十分にあります。

例えば、eスポーツチーム「Vitality」との連携によりNFTの電子市場の開拓も計画されています。

テゾス(Tezos/XTZ)のNFT事業への拡大が決まれば、人々の関心も集まる可能性もあります!

テゾスを購入できる取引所を見てみる

ステーキング報酬による取引量の増加

テゾス(Tezos/XTZ)の将来性を予想するポイントとして、ステーキング報酬による取引量の増加についてもおさえておきましょう。

ステーキングとは、売買などの取引を行わなくても、その仮想通貨を保有しているだけで報酬を得ることができる仕組みのことです。

既に日本国内外を問わずいくつかの取引所でテゾス(Tezos/XTZ)のステーキングサービスが実施されています。

ステーキングにより、一定の売却抑制になるだけではなく、今後のテゾス(Tezos/XTZ)の人気次第では、取り扱い取引所やステーキング利用者が増える可能性もあるでしょう。

テゾス(Tezos/XTZ)を購入できる国内取引所3選

テゾスの取り扱いがある仮想通貨取引所は以下の3つです。

  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • GMOコイン
DMM Bitcoin bitFlyer GMOコイン
取引手数料(XTZ) ・BitMatch:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
"・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド"
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数(※) 38種類 33種類 26種類
送金手数料(仮想通貨) 無料 0.1 XTZ 無料
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

(※2024年5月時点 各公式サイトに記載)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 38種類(※2024年5月時点 公式サイトに記載)
取引手数料(XTZ) ・BitMatch:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料
最低取引額 0.0001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • テゾスでレバレッジをかけて取引できるため、大きな利益を狙うことができる
  • 口座開設や入出金などの際にかかる手数料のほとんどが無料で利用できる
  • 土日祝を含み年中無休でサポート対応をしてくれる

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年9月1日6:59まで


DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、テゾスでレバレッジをかけて取引できるため、大きな利益を狙うことができるというメリットがあります。

最大2倍のレバレッジをかけてテゾスを取引できるため、現物取引よりもさらに大きな利益を狙いたい方におすすめです。

またこの取引所には、口座開設や入出金などの際にかかる手数料のほとんどが無料で利用できるというメリットもあります。

仮想通貨取引を行う上で各手続きの手数料は都度発生するため、より多くの種類の手数料が無料で利用できるのはお得です。

コストを抑えつつ万全なサポート体制で利用できるため、初心者の方にもおすすめです!

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年9月1日6:59まで


GMOコイン

GMOコイン
取り扱い銘柄数 26種類(※2024年5月時点 公式サイトに記載)
取引手数料(XTZ) ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料
最低取引額 ・取引所:0.1 XTZ/回
・販売所:-

GMOコインのメリット!

  • テゾス(Tezos/XTZ)を含む8銘柄をレバレッジ2倍で取引できる
  • テゾスのステーキング、積立投資ができる

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインには、テゾス(Tezos/XTZ)を含む8銘柄をレバレッジ2倍で取引できるというメリットがあります。

現物取引と比べてレバレッジ取引は一度で大きな利益を得られる可能性があるため、仮想通貨取引に慣れてきたテゾスを取引したい中上級者の方におすすめです。

またこの取引所には、テゾスのステーキング、積立投資に対応しています。

現物取引以外にも、さまざまな投資方法でテゾスを購入できる点がメリットといえるでしょう。

様々な銘柄で2倍のレバレッジ取引ができるので、より大きな利益を狙いたい方におすすめです!

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

bitFlyer

取り扱い銘柄数 33種類(※2024年5月時点 公式サイトに記載)
取引手数料(XTZ) ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.1XTZ
最低取引額 ・取引所:0.000001 XTZ
・販売所:0.000001 XTZ

bitFlyerのメリット!

  • テゾス(Tezos/XTZ)を少額から購入することができる
  • 7年以上ハッキング件数0を記録する強固なセキュリティである
  • ビットコインの取引量が6年連続国内No.1(※)である

※2023年1月時点 公式サイトに記載

口座開設で、2,500円分のビットコインがもらえる!(※)

※ 公式サイトに記載


bitFlyerは、株式会社 bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyerには、テゾス(Tezos/XTZ)を少ない金額から購入することができるというメリットがあります。

まとまった資金を用意しなくても、1円程度から気軽に始めることができるため、初心者の方にもおすすめです。

またこの取引所は7年以上ハッキング件数0を記録する強固なセキュリティを誇っています。

ハッキングによる被害は甚大なものになるため、セキュリティ面が優れていることは大きなメリットになります。

bitFlyerは大手メガバンクからの出資を受けているなど、安全性や信頼性において優れている取引所です!

口座開設で、2,500円分のビットコインがもらえる!(※)

※ 公式サイトに記載


テゾス(Tezos/XTZ)の具体的な買い方・購入方法

ここからはテゾス(Tezos/XTZ)の具体的な購入方法の手順について説明していきます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

テゾス(Tezos/XTZ)を買える取引所の口座開設をする

まず、国内で上場している取引所の口座を開設します。

今回紹介するDMMBitcoinでは、基本的にスマホから手続きができます。

また、口座開設の際は本人確認書類として運転免許証などが必要になりますので、事前に準備しておくと良いでしょう。

購入資金を入金する

次に、開設した口座に日本円を入金します。

入金方法は、各取引所によって「銀行振込」や「ネットバンキング振込」など複数の方法がある場合が多いです。

自分にとって便利な方法を選択し、日本円を入金しましょう。

テゾス(Tezos/XTZ)の価格変動を確認する

入金が完了したら、取引所画面で「テゾス(XTZ)」を選択し、価格の分析を行います。

口座を開設したDMMBitcoinのアプリにて、テゾス(XTZ)を指定しましょう。

下記画像のようなチャートで細かく分析が行えるため、初心者から上級者まで活用することができます。

テゾスのチャート確認画面
出典:DMM Bitcoin

テゾス(Tezos/XTZ)を購入する

最後に数量を決定してテゾス(XTZ)の購入を行います。

数量や金額に誤りがないように、買い注文を出す際は細かく確認を行うと良いでしょう。

なお、DMMBitcoinではテゾス(XTZ)はレバレッジ取引のみでの扱いとなっており、販売所での購入はできません。販売所で購入したい方は注意が必要です。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)