2024年7月14日

【2024年最新】仮想通貨のエアドロップとは?最新情報やデメリット、受け取り方を解説!

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
仮想通貨エアドロップはいつ開催される?
仮想通貨エアドロップの参加方法が知りたい!

仮想通貨エアドロップに関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、仮想通貨エアドロップの開催情報や参加方法、そして参加することのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨エアドロップは、企業などが条件を満たしたユーザーに無料で仮想通貨を配布するイベント
  • 無料で配布されるので、これから仮想通貨の始める方におすすめのイベント
  • 無料で配布された仮想通貨を元手にすることで、仮想通貨取引で儲かる可能性もある
  • 仮想通貨エアドロップの参加におすすめの国内取引所はCoincheck
  •  Coincheck(コインチェック)では、取り扱い銘柄数が多い傾向にあるため、さまざまなエアドロップの開催に対応しやすい
  • またアプリの利便性も高く、エアドロップで獲得した仮想通貨やNFTの取引もしやすい

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

この記事を最後まで読むことで、エアドロップの開催情報と参加方法がわかります。
CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

仮想通貨(暗号資産)エアドロップとは?

仮想通貨(暗号資産)のエアドロップとは、企業や仮想通貨プロジェクトが、設定した条件を満たしたユーザーを対象に、無料で暗号資産を配布することを指します。

エアドロップは、新規プロジェクトの発足時や新しいトークンのリリース時にプロモーション活動の一環として実施される場合が多いという特徴があります。

また、大型アップデートによって新規ブロックチェーンが立ち上がり、既存銘柄から分岐して新トークンがリリースされるハードフォークの際にもエアドロップが実施される場合があります。

例えば、2021年3月に仮想通貨ネム(XEM)のハードフォークによってシンボル(XYM)がリリースされた際にもエアドロップが実施されました。

このエアドロップには国内取引所Coincheck(コインチェック)も参加しています。

エアドロップが実施されたトークンは、認知度や需要が高まるため、価格上昇を見せる傾向にあります。

エアドロップは、無料でトークンが得られるイベントのため、少ないリスクで利益を生み出せる可能性のある取引方法だと言えるでしょう。

ただし、エアドロップで個人情報を得て悪用するような詐欺もSNS上で横行しているため、参加する際には注意が必要です。

以下では、エアドロップに参加する条件の例を紹介します。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

エアドロップに参加する条件の例

仮想通貨(暗号資産)のエアドロップに参加する条件の主な例として以下が挙げられます。

エアドロップに参加する条件

  • スナップショット期間中に条件の仮想通貨を一定量保有する
  • 指定の内容をSNSで投稿する
  • 指定のアプリやサービスを使用する

スナップショットとは、ブロックチェーン上で記録されている全てのアドレス情報や取引、手数料など、関連データを含めたデータベース全体を記録する作業のことを指します。

スナップショットではユーザーの仮想通貨保有状況も記録されるため、スナップショットが実施された時点の仮想通貨の保有を証明することができます。

国内取引所が参加するエアドロップの多くは、スナップショット時の一定量の保有を条件としています。

例えば、国内取引所Coincheck(コインチェック)は、2020年12月12日のスナップショット時点でXRP(リップル)を一定量保有しているユーザーにFLR(フレア)を配布するエアドロップに参加しています。

Coincheckからの配布自体は2023年1月19日に実施されましたが、配布対象となるのは2020年12月12日時点でCoincheckのウォレットにXRP(リップル)を保有していたユーザーです。
エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

【過去事例】開催された仮想通貨(暗号資産)エアドロップの一例

以下では、過去に開催された仮想通貨(暗号資産)エアドロップ情報を紹介します。

過去の仮想通貨(暗号資産)エアドロップ一例

M2(MMX)

M2は、2022年にアラブ首長国連で設立された仮想通貨(暗号資産)取引所です。

M2はネイティブトークンであるMMXを一定量保有するユーザーにUSDTを配布するエアドロップを実施しています。(2024年3月執筆時点)

実施元 M2
保有銘柄 MMX
配布銘柄 USDT
参加条件 スナップショット時点でM2の取引所口座で200MMX以上を保有
配布量 300,000 USDT

M2は、6回実施予定のスナップショット時点でM2の取引口座に200MMX以上を保有するユーザーにUSDTを配布するエアドロップを行うことを発表しています。

スナップショットの時期とそれぞれの配布量は以下のとおりです。

スナップショット実施日 配布量
2024年3月15日 20,000USDT
2024年3月22日 30,000USDT
2024年3月29日 40,000USDT
2024年4月5日 50,000USDT
2024年4月12日 60,000USDT
2024年4月19日 100,000USDT

このエアドロップでは、スナップショットの24時間後に抽選が行われ、各回1ユーザーのみが配布量の10%相当を獲得できる可能性があります。

また、エアドロップで配布されるUSDTはMMXの保有量に基づいて付与されるため、より多くのMMXを保有しているユーザーは多くの配当が得られます。

MMXは、M2上にてビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、USDTなどの主要銘柄とスワップして売買することが可能です。

ただし、M2は金融庁の認可を得ていない暗号資産取引所のため、安全性の観点から当サイトでは利用を推奨していません。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

KiloEx($KILO)

KiloExは、BNB(バイナンス)チェーンを基盤に開発されたDEX(分散型取引所)です。KiloExは、ネイティブトークンとして$KILOを発行しています。

KiloExは、プラットフォーム上での取引に対してポイントを付与し、ポイントに応じてKILOを配布するエアドロップを実施しています。(2024年3月執筆時点)

実施元 KiloEx
保有銘柄 -
配布銘柄 $KILO
参加条件 KiloExプラットフォーム上での仮想通貨取引
配布量 -

KiloExでは、主に以下の方法でポイントを獲得することが可能です。

  • 取引:KiloExプラットフォーム上での仮想通貨取引
  • ステーキング:KiloExの流動性プールへの仮想通貨のステーキング
  • チェックイン:プラットフォームへのログイン
  • 紹介:招待コードを用いた新規ウォレット接続
  • チェックイン:プラットフォームへのログイン
  • OAT:プラットフォームで開催されるアクティビティへの参加

KiloExのエアドロップによって配布される仮想通貨KILOは、エアドロップやプラットフォーム内での報酬通貨として用いられています。

今後、KiloExのエコシステムが拡大することで$KILOの用途も広がる可能性があると言えるでしょう。

KiloExの利用にはUSDT(テザー)が必要ですが、現在のところUSDTを取り扱う国内取引所はありません。(2024年3月執筆時点)

そのため、海外取引所やDEX(分散型取引所)を利用する必要がありますが、これらの取引所は金融庁の認可を得ていないため、当サイトでは利用を推奨していません。

Renzo Restaked ETH (EZETH)

Renzo Restaked ETH は、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンを基盤に開発されたリステーキングプロトコルです。

リステーキングとは、既にステーキングされている仮想通貨を利用して再びステーキングすることを指します。

通常はステーキングされた仮想通貨は流動性を失いますが、リステーキングプロトコルを利用することで、ステーキング中の通貨を分散型サービスで再びステーキングし追加報酬が受けられます。

Renzo Restaked ETHは、ETHをリステーキングした報酬としてRenzoポイントを付与しています。

現在のところRenzo Restaked ETHのネイティブトークンはありませんが、今後ローンチした場合にRenzoポイントに基づいてエアドロップが実施される可能性が高いと予想されています(2024年3月執筆時点)

実施元 Renzo Restaked ETH
保有銘柄 ETH(イーサリアム)
配布銘柄 未定
参加条件 RenzoでETH(イーサリアム)をステーキング
配布量 未定

ユーザーは、Renzo Restaked ETHにETH(イーサリアム)をステーキングすることで、リキッドリステーキングトークン(LRT)であるezETHとRenzoポイントが付与されます。

Renzoポイントは、ユーザー報酬を用途として配布されていますが、現在のところ報酬内容は明かされていません。(2024年3月執筆時点)

そのため、今後Renzo Restaked ETHのネイティブトークンがリリースされた際に、Renzoポイントの保有量に応じたエアドロップが実施されると予想されています。

また、海外取引所Binance(バイナンス)のベンチャーキャピタル部門であるBinance LabsはRenzoに出資したことを発表しており、注目度の高いプロジェクトだと言えるでしょう。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)エアドロップのやり方は?受け取り方を解説!

仮想通貨(暗号資産)エアドロップに参加し、仮想通貨を受け取る手順を紹介します。

エアドロップのやり方を知ることで、次回のエアドロップ開催時にタイミングを逃すことなく参加できるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

エアドロップ開催情報を入手する

まず、エアドロップに参加するためには開催情報を入手しましょう。

エアドロップの開催情報が得られる情報源を以下にまとめました。

エアドロップ開催情報の入手元

  • 国内取引所の公式サイト・SNS
  • プロジェクトの公式サイト・SNS
  • 企業が運営する仮想通貨サイト
  • 個人が運営する仮想通貨サイト
  • SNS(Twitter、Instagram、YouTubeなど)
  • チャットサービス(Telegram、Discordなど)

国内取引所のお知らせやプロジェクトの公式Twitter、企業が運営する仮想通貨サイトでは、情報が精査されているため、より正確な情報が入手できるでしょう。

TelegramやDiscordなどのチャットサービス上には、エアドロップの情報を交換するコミュニティやエアドロップの運営側が作成したコミュニティがいくつか存在します。

タイムリーに情報交換がされているためいち早く情報を得ることができますが、英語での情報となるためはじめは使いづらく感じるかもしれません。

英語でエアドロップ情報を得て、日本語で記載された個人ブログ等で詳細を把握するなど複数のメディアを活用して情報集めをすると良いでしょう。

国内で取り扱いのない仮想通貨エアドロップに参加する際には、詐欺の可能性も念頭に置いて念入りに情報集めをするようにしましょう。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

エアドロップに必要なものを準備する

次にエアドロップに参加するためには必要なものを準備しましょう。

エアドロップに参加するために主に必要なものは以下の通りです。

後述しますがエアドロップの参加にはさまざまな条件があり、条件によって必要なものも異なります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

国内取引所の口座

エアドロップに必要なものとして、国内取引所の口座が挙げられます。

以下では、DMM Bitcoinでの口座開設方法を例として解説します。

DMM Bitcoinでは、スマホで本人確認などの口座開設手続きを行った場合に、最短30分(※1)で口座申込およびに取引開始が可能です。

具体的な手順は以下のとおりです。

国内取引所の口座開設から取引開始までの流れ

  1. メールアドレスを登録する
  2. 基本情報を入力する
  3. 本人確認を行う
  4. マイナンバー確認書類を提出する
  5. 口座開設審査を行う(取引所側)
  6. SMS認証を行う
  7. 日本円を入金する
  8. 任意の仮想通貨を購入する

DMM Bitcoinでは、以下の書類にて本人確認手続きが可能です。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

「スマホでスピード本人確認」を利用した場合は上記のいずれか1種類の書類が必要で、その他の本人確認方法を利用した場合は2種類の提出が必要です。

口座開設審査は取引所側で実施され、「スマホでスピード本人確認」をした場合は最短30分(※2)でメールにて審査結果が送付されます。

その他の本人確認方法を利用した場合は、郵送での審査結果報告となるため、取引開始までに比較的時間がかかることに留意しておきましょう。

口座開設が完了した後は取引口座に日本円を入金しましょう。DMM Bitcoinでは、以下の方法で入金が可能です。

  • クイック入金
  • 銀行振込

日本円の入金後は販売所にてエアドロップの参加に必要な任意の仮想通貨を購入しましょう。

(※1,2:2024年6月執筆時点 公式サイトに記載 『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合。)

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

SNSアカウント

エアドロップの参加には、SNSアカウントが必要となる場合があります。

エアドロップの配布条件に、SNSでの特定の内容の投稿やシェアを指定するプロジェクトも少なくありません。

そのため、必要なSNSアカウントを確認し、適宜アカウントを作成しましょう。

エアドロップに用いられる主なSNSは以下のとおりです。

エアドロップで用いられるSNS

  • X(旧Twitter)
  • Telegram(テレグラム)
  • Discord(ディスコード)

SNSのアカウント作成に必要なものとして以下のことが挙げられます。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 任意のユーザーID
  • 任意のパスワード

SNSアカウントの新規作成にはメールアドレスが必要です。

前述したとおり、SNS上にはエアドロップと称した詐欺が横行しています。SNSアカウントを悪用される恐れもあるため、登録に用いるメールアドレスは、普段使用しているものと別にすることをおすすめします。

X(旧Twitter)の場合は、同一のメールアドレスおよび電話番号で複数のアカウントを作成することができないため注意しましょう。
エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

仮想通貨ウォレット

エアドロップの参加に必要なものとして仮想通貨ウォレットがあります。

取引所を経由せずにエアドロップに参加する場合は、配布通貨の獲得のために仮想通貨ウォレットが必要になります。

ここではMetamask(Metamask)の方法を紹介します。

MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨を管理し、DeFi(分散型金融)などのアプリと連携できる仮想通貨ウォレットです。

今回はGoogle Chromeでのインストール方法を説明します。

まずはChromeウェブストアでMetaMaskを入力し、「Choromeに追加」をクリックしてダウンロードをします。

その後に「拡張機能に追加」をクリックしてChromeにインストールしましょう。

次に「ウォレットの作成」をクリックしてパスワード設定とリカバリーフレーズの設定を行い、アカウント登録をします。

設定したパスワードとフレーズは忘れないようにどこかに書き留めておくようにしましょう。その際にリカバリーフレーズは順番通りに書き留めるようにしましょう。

Metamaskのウォレットアドレスはアカウント名をクリックすることで自動的にコピーされます。

間違えないためにも、ウォレットアドレスを入力する際は、手入力するのではなくコピーしたアドレスを使用するようにしましょう。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

エアドロップの配布条件を満たす

最後に、エアドロップで仮想通貨を入手するために、配布条件を満たすようにしましょう。

以下では、エアドロップの主な配布条件別に仮想通貨を受け取る手順を解説します。

エアドロップの配布条件別の手順

  • スナップショットで入手する場合
  • SNSを利用して入手する場合
  • サービス利用で入手する場合

スナップショットで入手する場合

エアドロップの配布条件として、スナップショットが設定されている場合は、条件の仮想通貨を保有するようにしましょう。

前述したとおり、スナップショットとは、ブロックチェーン上で記録されているデータベース全体を記録する作業のことを指します。

スナップショットを撮ることで、ユーザーがその期間に仮想通貨を保有することを証明することができます。

スナップショットを条件としている場合、保有する必要のある銘柄や量、保管する口座およびウォレットが指定されるため、それらの条件を満たすようにしましょう。

例えば、NEM(ネム)保有者にXYM(シンボル)を配布するエアドロップでは、2021年3月12日のスナップショット時にNEM(ネム)を保有していることが条件となりました。

このエアドロップでは、保有量や口座およびウォレットは指定されておらず、エアドロップに参加した取引所でNEM(ネム)を保有していたユーザーには同量のXYM(シンボル)が配布されました。

2022年3月には国内取引所Coincheck(コインチェック)がエアドロップに参加し、スナップショット時に保有していたユーザーに配布されました。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

SNSを利用して入手する場合

エアドロップの配布条件が、SNS投稿の場合は、SNSアカウント作成の上、指定の内容を投稿しましょう。

SNSを用いたエアドロップの多くは、公式SNSのフォローや指定の内容の投稿、リツイートなどが条件となります。

例えば、以下は海外取引所BybitがSNSを用いたエアドロップを実施した際の投稿です。

上記のエアドロップでは、指定のSNSアカウントのフォローとリツイート、ユーザーのタグ付けが条件となっています。

条件を満たしたユーザーの中から抽選で1,000ユーザーに合計2,000,000RACAが分配されました。

SNSを用いたエアドロップの中には、詐欺プロジェクトも多くあるため、公式マークがついているなど、信頼性のある発信元のエアドロップにのみ参加するようにしましょう。

サービス利用で入手する場合

エアドロップの中には、特定のサービスを利用することで条件達成となる場合があります。

新しいプロジェクトがローンチした際など、プロジェクトに仮想通貨ウォレットを接続するのみでエアドロップを受け取る権利が得られる場合があります。

他にも特定の取引所での取引が条件となる場合もあります。

例えば、Solonaブロックチェーン上に開発されたオラクルプロジェクトPyth Networkは2023年11月にエコシステム上に200以上あるDApps(分散型アプリ)のいずれかを利用したことのあるユーザーを対象にエアドロップを実施しました。

このエアドロップでは、90,000以上のユーザーにネイティブトークンであるPYTHトークンが配布されています。

このような条件のエアドロップでは、海外取引所やDEX(分散型取引所)の利用が必要となるケースが多いですが、これらは金融庁の認可を得ていない取引所のため、当サイトでは利用を推奨していません。

仮想通貨(暗号資産)エアドロップに参加するなら取引所を検討しよう

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数(※) 30種類
Coincheckで過去に実施されたエアドロップ XEM(ネム)の保有でXYM(シンボル)を配布
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:変動手数料制
・ETH:変動手数料制
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

(※2024年6月時点 公式サイトに記載)

Coincheckのメリット!

  • 初めてエアドロップに参加する人にも使いやすいアプリ設計
  • 取引所形式での取引は手数料が無料
  • 親会社は安心感のある東証プライム上場企業マネックスグループ

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには初めてエアドロップに参加する人でも使いやすいアプリ設計をしているというメリットがあります。

初めての方でも直感で操作しやすいシンプルなインターフェースとなっているため、はじめてエアドロップに参加し、実際に取引する際でも迷わず安心感を持って取引ができるでしょう。

また、取引所形式の場合のみ、取引手数料が無料という特徴があります。

取引するたびにかかる手数料が0円のため、気軽に取引を行うことができるでしょう。

Coincheckははじめてエアドロップに参加する人におすすめの取引所だと言えます。

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

BITPoint

BITPOINT
取り扱い銘柄数(※) 24種類
BITPointで過去に実施されたエアドロップ TRX(トロン)の保有でNFTを配布
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC以上
・販売所:500円以上(買い注文)、0.00000001BTC以上(売り注文)

(※2024年6月時点 公式サイトに記載)

BITPointのメリット!

  • 過去にエアドロップが実施されたTRX(トロン)などの珍しい通貨の取り扱い
  • 500円以下の少額から取引可能
  • 最短当日(※)で取引の開始が可能

(※2024年6月時点 公式サイトに記載)

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

BITPoint(ビットポイント)は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

BITPointには、過去にエアドロップが実施されたTRX(トロン)などの珍しい通貨の取り扱いがあるというメリットがあります。

TRXの他にも国内でまだ取り扱いの少ないADA(エイダコイン)やJMY(ジャスミー)も取り扱っています。

また、この取引所には、500円以下の少額から取引が可能というメリットもあります。そのため、仮想通貨の取引をしたことがない方でも、比較的簡単に始めやすいと言えるでしょう。

TRX(トロン)など国内での取り扱いが少ない仮想通貨で取引したい方におすすめです。

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数(※) 38種類
DMM Bitcoinで過去に実施されたエアドロップ TRX(トロン)の保有でNFTを配布
取引手数料(BTC) ・BitMatch:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 0.0001BTC

(※2024年6月時点 公式サイトに記載)

DMM Bitcoinのメリット!

  • アルトコインの種類が豊富でエアドロップの機会が多い
  • 多くのアルトコインでレバレッジ取引が可能
  • 365日サポート対応がある・セキュリティ体制が充実

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年9月1日6:59まで


DMM Bitcoinは、株式会社 DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、アルトコインの種類が豊富でエアドロップに参加できる機会が多いというメリットがあります。

38種類(※)と比較的多くの銘柄を取り扱っており、今後も増える可能性があるため、比較的エアドロップに参加できる可能性が高い取引所と言えます。

(※2024年6月時点 公式サイトに記載)

また、この取引所には、多くの銘柄でレバレッジ取引が可能というメリットもあります。

多くの銘柄でレバレッジ取引ができるため、仮想通貨取引に慣れてきた方でも利用しやすい取引所でしょう。

さまざまなアルトコインで安心感を持って取引したい方にぴったりですね。

今なら口座開設で、1,000円がもらえる!(※)

※2024年9月1日6:59まで


2024年に開催されるエアドロップの最新情報を入手する方法

エアドロップに関する最新情報を入手する情報源として以下の媒体が挙げられます。

  • 公式サイト
  • 公式SNS
  • 仮想通貨まとめサイト

エアドロップの開催情報は、まずはじめに実施元の公式サイトや公式SNSにて発信されます。

そのため、取り扱っている銘柄や投資を検討している銘柄の公式サイトのニュースレターを購読し、公式サイトをフォローしておくと良いでしょう。

取引所から発信されるニュースもこまめにチェックすることをおすすめします。

また、注目されているエアドロップの情報は仮想通貨まとめサイトでも情報発信されます。

日本語で確認できる仮想通貨のニュースサイトとして以下のメディアが挙げられます。

  • CoinPost
  • CoinDesk JAPAN
  • コインテレグラフ ジャパン
  • あたらしい経済
  • CRYPTO TIMES

ニュースサイトの中には、アラート機能を搭載しているサービスもあるため、適宜利用すると良いでしょう。

過去に開催された仮想通貨(暗号資産)エアドロップまとめ

過去に開催された仮想通貨(暗号資産)エアドロップを以下にまとめました。

過去に開催された仮想通貨(暗号資産)エアドロップ

過去にはいくつかの国内取引所が仮想通貨エアドロップに対応しています。

今後、同じ条件でエアドロップが実施される可能性もあるので、チェックしておくと良いでしょう。

NEM(XEM)

2021年3月にNEM(ネム)は、仮想通貨XEM(ゼム)の保有者にXYM(シンボル)を配布するエアドロップを実施しました。

実施元 NEM
保有銘柄 XEM(ゼム)
配布銘柄 XTM(シンボル)
参加条件 2021年3月12日のスナップショット時にXEMを保有
獲得量 スナップショット時のXEMと同量

NEM(ネム)は、国や政府による管理ではない新しい経済の枠組みを確立を目標に開発されたブロックチェーン技術を使った決済・送金プラットフォームです。

XEM(ゼム)はNEM上で使用する仮想通貨として発行されています。

2021年3月にNEMをアップデートしたブロックチェーンプロジェクトとしてSymbolが開発され、ネイティブトークンXYM(シンボル)が発行されました。

Symbolのリリースに合わせて、2021年3月12日にXEMを保有していたユーザーに同量のXYMが配布されるエアドロップが実施されました。

仮想通貨XEMやXYMは、いくつかの国内取引所で取り扱われています。

2022年3月にはCoincheck(コインチェック)がこのエアドロップの参加を発表し、対応しました。

今後も既存の仮想通貨がアップデートされた際にエアドロップが実施されるかもしれませんね。

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

OMG Network(OMG)

2021年11月にOMG Networkは、仮想通貨OMGの保有者にBOBA(ボバ)を配布するエアドロップを実施しました。

実施元 OMG Network
保有銘柄 OMG(オーエムジー)
配布銘柄 BOBA(ボバ)
参加条件 2021年11月12日のスナップショット時にOMGを保有
獲得量 スナップショット時のOMGと同量

OMG Networkは暗号資産やブロックチェーン技術を用いたオンライン決済のプラットフォームとしてリリースされました。

仮想通貨OMGはOMG Networkで使用する仮想通貨として発行されましたが、現在はBOBA Networkにサービスを変更して供給が停止されたため、保有以外の用途で利用できなくなっています。

BOBA Networkは2021年にリリースされ、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解消する仮想通貨としてBOBA(ボバ)を発行しています。

仮想通貨BOBAはBOBA Netoworkのステーキングに参加することで報酬として得ることができます。

OMG Networkは2021年11月のスナップショット時点でOMGを保有しているユーザーに対して、同量のBOBAを配布するエアドロップを実施しました。

国内取引所ではbitbankがこのエアドロップに参加しました。

リップル(XRP)

2021年12月にリップルは、仮想通貨XRP(リップル)の保有者にSOLO(ソロ)を配布するエアドロップを実施しました。

実施元 リップル(XRP)
保有銘柄 XRP(リップル)
配布銘柄 SOLO(ソロ)
参加条件 2021年12月25日のスナップショット時に10XRP以上を保有

リップル(XRP)は国内取引所の多くでも取り扱われている仮想通貨です。

リップル(XRP)は他の仮想通貨とは異なり、ブロックチェーン上での分散処理ではなくリップル社が管理主体となって取引の処理を行なっている特徴があります。

仮想通貨SOLO(ソロ)はSologenicが発行するガバナンストークンで、従来の伝統的な金融市場と仮想通貨の融合を目指すプロジェクトとして、リップル(XRP)の基盤を利用してリリースされました。

リップル(XRP)は2021年12月のスナップショット時点で10XRP以上を保有しているユーザーにSOLOを配布するエアドロップを実施しました。

このエアドロップには国内取引所ではHuobi(フォビ)が参加しました。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

IOST(IOST)

2021年2月と9月にIOSTは、仮想通貨IOSTを保有しているユーザーに(DON)を配布するエアドロップを実施しました。

実施元 IOST
保有銘柄 IOST
配布銘柄 DON
参加条件 2021年2月25日または2021年9月30日のスナップショット時にIOSTを保有
配布量 総供給量の10%

IOSTは、オリジナルのコンセンサスアルゴリズムを採用し、さまざまなブロックチェーン技術を利用したサービスを提供するプラットフォームとして開発されました。

仮想通貨DONは韓国を拠点にするDonnie Financeのガバナンストークンとして発行されています。

そして、Donnie FinanceはIOSTのブロックチェーン上にあるDeFi(分散型金融)プロジェクトです。

IOSTは2021年に2回エアドロップを実施しており、2月・9月のスナップショット時にIOSTを保有しているユーザーにDONを配布しました。

Coincheck(コインチェック)はIOSTを取り扱っていますが、DONが金融庁に認可された仮想通貨ではないため、エアドロップには参加しないことを表明しました。

今後、仮想通貨DONの認知度が上がることで国内取引所に新規上場する可能性もあります。

Binance(GMT)

2022年3月にBinanceは、参加条件を達成したユーザーにGMTを配布するエアドロップを実施しました。

実施元 Binance
配布銘柄 GMT
参加条件 ・Binanceで500GMT以上入金または1000GMT以上の取引後にクイズに回答
・クイズへの参加後にポスターをSNSに投稿
配布量 総供給量の4%

Binance(バイナンス)は最大級の海外仮想通貨取引所で、ガバナンストークンとしてBNB(バイナンスコイン)を発行しています。

このエアドロップで配布された仮想通貨GMTは人気を集めているゲームアプリSTEPN(ステップン)のアプリ内通貨です。

STEPNはウォーキングなどでトークンを稼得するNFTゲームです。STEPNでは、GSTとGMTの2種類のトークンを利用、発行しています。

このエアドロップでBinanceは、Binanceの口座を持っているユーザーに対して総額75,000ドルのGMTを配布しました。

参加条件は、Binanceのアカウントを作成し、口座に500GMT以上入金または1,000GMT以上の取引をした上で、GMTに関するクイズに参加することでした。

クイズの全問正解者には賞金として60,000ドルのGMTが分配されました。

さらにクイズの回答後に表示されるプロモーションポスターをSNSに投稿することで、参加者全員に合計15,000ドル相当のGMTが均等に配布されました。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)エアドロップに参加するメリットとデメリット

仮想通貨(暗号資産)エアドロップは、無料で仮想通貨を得られることから、一見メリットだけがあるように感じられます。

しかしエアドロップに参加することには、いくつかのデメリットもあります。

仮想通貨(暗号資産)エアドロップへの参加

エアドロップのメリットだけでなくデメリットも知ることでよりリスクを抑えて参加することができるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

メリット

仮想通貨(暗号資産)エアドロップに参加するメリットとして以下のことがあります。

仮想通貨を無料で受け取れることだけがエアドロップのメリットではありません。メリットを知ることでエアドロップに参加する意義を見出せるでしょう。

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

無料配布された仮想通貨を受け取れる

エアドロップに参加することには、無料配布された仮想通貨を受け取れるというメリットがあります。

エアドロップでは、条件にある仮想通貨の保有やSNSに決められた文言を投稿するだけで無料で仮想通貨が得られます。

また、エアドロップではこれまで取引したことのない仮想通貨を得られる可能性があります。保有する仮想通貨の種類が増えるため、取引の幅が広がる可能性もあります。

エアドロップで得られる仮想通貨の配布量は、条件の仮想通貨の保有量によって決まることが多いため、仮想通貨を多く保有している人は、参加することでより大きな利益が得られるかもしれません。

エアドロップに初めて参加する方は、国内取引所が対応しているものに参加すると良いでしょう。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

エアドロップを開催した仮想通貨は価格が上昇傾向にある

エアドロップに参加することには、エアドロップを開催した仮想通貨は価格が上昇傾向にあるというメリットがあります

エアドロップに参加するために、多くのユーザーが対象となった仮想通貨を購入するため、仮想通貨の知名度や価値は上がることになります。

また、知名度が上がることでのちに大手取引所に上場し、価格が高騰する可能性もあります。

エアドロップで配布される仮想通貨は、配布時にはまだ価値が高くない知名度の低いものが多いでしょう。しかし、わずかな配布量でも、将来的には数十倍の価値を持つ可能性もあります。

国内で取り扱いのない仮想通貨でも、エアドロップが実施されたことで国内取引所に上場する可能性が生まれます。

そのため、エアドロップに参加しなくてもどのような通貨でエアドロップが開催されるか知っておくことで、取引のタイミングを判断するために役立つと言えます。

デメリット

仮想通貨(暗号資産)エアドロップに参加するデメリットには、以下があります。

エアドロップのデメリットも知ることで、参加するにあたって気をつけるべきことがわかるでしょう。

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

詐欺の可能性がある

エアドロップには、詐欺の可能性があるというデメリットがあります。

エアドロップの実施を偽る詐欺もあれば、なかにはプロジェクト自体が偽りのものも存在します。

また、プロジェクトや仮想通貨の認知度を上げるために、エアドロップの実施を発表して結局配布しないものや、個人情報やウォレット情報の悪用を目的としているものまであります。

さらに、プロジェクトの運営者を偽ってウォレットなどのパスワードを聴取し、不正利用しようとするケースも考えられます。

見分ける方法としては、ウォレットパスワードなどの入力が考えられます。運営者がパスワードを聞くようなことはまずありません。そのため、パスワードを聞かれた際には詐欺の可能性を疑うようにしましょう。

また、国内取引所が参加しているエアドロップは、信頼性の高い仮想通貨と言えるため、詐欺の可能性は低いと考えられます。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

個人情報を悪用される危険性がある

エアドロップに参加することには、個人情報を悪用される危険性があるというデメリットがあります。

上述したようにエアドロップと偽った詐欺が存在します。

そのため、エアドロップの参加条件として入力した個人情報が不正利用され、さまざまな被害に遭う可能性もあります。

また携帯電話番号や住所は簡単には代替えの効かない大事な個人情報となるため、教えないようにしましょう。

SNS開設の際にもなるべく個人情報を登録しないようにしましょう!

配布された仮想通貨の売却時に税金がかかる可能性がある

エアドロップの参加には、配布された仮想通貨の売却時に税金がかかる可能性があるというデメリットがあります。

仮想通貨では20万円以上の利益が発生した場合、課税対象となります。そのため、エアドロップで手に入れた暗号資産も他と同様に税金が発生する可能性があります。

課税対象になるのか判断に迷う場合や不安な際には、税理士などの専門家に相談すると良いでしょう。

【2024年】仮想通貨のエアドロップに関する最新ニュースを紹介

海外仮想通貨(暗号資産)取引所KuCoin(クーコイン)は、2023年3月27日に、1,000万ドル相当のビットコイン(BTC)とネイティブトークンであるKuCoinトークン(KCS)をエアドロップで配布することを発表しました。

今回のエアドロップの条件や対象ユーザーなど、詳細情報については後日公式サイトにて改めて告知されます。

2023年3月26日KuCoinの創設者2名は、マネーロンダリング防止法に抵触した可能性があるとして米司法省(DOJ)によって告発されました。

他にも告訴が相次いだことから、KuCoinに不安感を抱いた多くのユーザーが出金手続きを行ったために、一部出金処理の遅延などの問題が発生しました。

今回のエアドロップは、既存ユーザーの理解と支援への感謝の意を込めて実施されるようです。

エアドロップにおすすめの取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)エアドロップについてよくある質問

エアドロップで獲得した仮想通貨は確定申告が必要?

エアドロップで獲得した仮想通貨は確定申告が必要な場合があります。

上述したように仮想通貨の場合は20万円以上の利益が出た場合に課税対象になります。

しかし、エアドロップにおける確定申告や納税の必要性については明確な指針が出ているわけではありません。

そのため、課税される可能性を念頭に置いて取引をすることでもしもの場合に対処できます。

エアドロップで配布された仮想通貨も売却時や他の仮想通貨への交換の時の利益が確定したタイミングで、一定金額を超えた場合には課税対象になると考えると良いでしょう。

エアドロップで獲得した仮想通貨量がわずかだったとしても、のちに大きな利益を生む可能性も否定できません。

不安な場合は、税理士などの専門家に相談して対策を取るようにしましょう。

【最新情報】開催予定の仮想通貨(暗号資産)エアドロップ一覧

以下では、最新のエアドロップの予定をまとめていきます。

エアドロップ名 参加条件 配布料
BYDFi | 4th Anniversary 取引コンテストへの参加後、取引を完了させる 4BTC賞金プール
Bybit | Derivatives Welcome Gift ポイント獲得 100USDT
Binance | Golden Egg Giveaway 50ドル以上の取引 200,000 ドル

参照:beincrypto

(※2024年7月4日更新)

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)