2022年5月17日

ビットコイン・仮想通貨は儲かる?儲け方・稼ぎ方や仕組みを解説!

仮想通貨儲かる
仮想通貨取引はどのような仕組みで儲かるのですか?
仮想通貨で稼ぐ可能性を上げるポイントがあれば知りたいですよね!

この記事では、仮想通貨で稼ぐ仕組みや仮想通貨で稼ぐ可能性を上げるポイントを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨で稼ぐ方法は、主に8種類
  • 具体的には「実際の取引で稼ぐ方法」や「レンディング」、「ステーキング報酬」などが挙げられる
  • 仮想通貨取引で稼ぐためには、最新情報の知ること詐欺に注意することなどが大切
  • 仮想通貨で稼ぐなら、まずは取引所で口座開設をする必要がある
  • 取引を始めるのにおすすめの取引所は「Coincheck
  • Coincheckは、取り扱い銘柄が比較的多く、初心者でも利用しやすいアプリが特徴

国内最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、仮想通貨で稼ぐ方法や注意点がわかります。

また、上記以外にもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ11選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)は今からでも儲かる?仕組み・稼ぎ方を解説!

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かる仕組み・稼ぎ方には、以下の通りです。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

実際の取引で稼ぐ

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かるための仕組みとして、実際の取引で稼ぐ方法があります。

仮想通貨の取引形式は、主に以下の2種類です。

取引形式 特徴
現物取引 保有している分の仮想通貨(暗号資産)を売買する
レバレッジ取引 自分の持っている資金を担保にして、その金額よりも多い金額で取引する

現物取引は、ご自身が保有するだけの仮想通貨を取引する比較的オーソドックスな手法です。保有する通貨の値上がりで利益を得られるケースが多いです。

一方でレバレッジ取引は、ご自身の保有する資金を担保に、元手よりも大きな金額での取引をします。

また、「空売り」が行えるため、値下がり時にも利益を狙うことも可能です。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

レンディングをする

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かるための仕組みとして、レンディングがあります。

レンディングとは、自分が保有しているビットコイン・仮想通貨を貸し出して、その期間や額に応じて金利(利子)を得る方法です。

なお、取引所によって、貸し出しの期間や利率、対応通貨が異なるのが特徴です。

例えば、Coincheck(コインチェック)は、豊富な仮想通貨のレンディングに対応しています。

具体的には、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)など、全18銘柄で最大年率5%のレンディングを利用することが可能です。

保有している仮想通貨を貸し出して、稼ぐ方法があるんですね!

また、レンディングについて詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨/lending)の意味は?レンディングができる取引所も比較!」も参考にしてください。

国内最多級の取り扱い通貨数!

取引所のキャンペーンを利用する

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)は、取引所のキャンペーンを利用して儲ける方法があります。

例えば、Coincheck(コインチェック)では、「Coincheckガス」の特典として、ビットコインでガス料金を支払うことで、料金の3%分のビットコインが付与されるプラン(もしくは3%割引されるプラン)を実施しています。

ほかにも、新規口座開設で特定の仮想通貨が付与される取引所などもありますので、実際に口座開設をする際に参考にすると良いでしょう。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

マイニングをする

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かるための仕組みとして、マイニングもあります。

マイニングとは、ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)の取引を承認する作業のことで、報酬を受け取れる仕組みです。

マイニングは自分で購入せずに、新たに発行される仮想通貨を入手できる方法になります。

ただしマイニングには、資本力のある大手企業も参画しており、膨大な計算が必要になるため、個人で利益を出すのは難しいという特徴があります。

さらに、ハイスペック機器を用意するための初期費用がかかったり、電気代などの運転資金がかかるので注意しましょう。

マイニングは、初心者にとって比較的難易度の高い稼ぎ方と言えます。

裁定取引(アービトラージ)で儲ける

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)では、裁定取引(アービトラージ)で稼ぐ方法もあります。

裁定取引(アービトラージ)とは、仮想通貨の取引所ごとにある通貨の価格差を発見し、それを利用して稼ぐ方法です。

仮想通貨は、取引所ごとに取引量が異なるため、同じ仮想通貨でも取引所によって価格が異なるケースがあります。

例えば、取引所Aが1BTCを100万円で取引されていて、取引所Bが1BTC=105万円で取引されている場合を考えてみましょう。(※わかりやすくするために、買い価格と売り価格の差分は考慮しないとします。)

この場合、取引所Aで先にビットコインを購入し、取引所Bに送金して売却することで、5万円の利益が出せる計算になります。

裁定取引(アービトラージ)をするためには、複数の仮想通貨取引所に登録する必要があります。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

ステーキング報酬を受け取る

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かるための仕組みとして、ステーキング報酬もあります。

ステーキング報酬とは、取引所で対象となっている仮想通貨を購入して保有することで、報酬を受け取れる方法です。

該当のコインを所有しているだけで報酬がもらえる仕組みで、ステーキング対象のコインは、一定の期間売買ができないため、比較的長期目線での投資を考えている方は選択肢の1つにしてみるのも良いでしょう。

ただし、ステーキングしている通貨の価値が下がった場合、損をする可能性もあるため、取引の際には注意が必要です。

エアドロップに参加する

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲かるための仕組みとして、エアドロップに参加する方法もあります。

エアドロップとは、無料で配られる仮想通貨(暗号資産)をもらう方法です。

エアドロップの目的は、通貨の存在を広く知ってもらうために、報酬を配るというケースが多く、SNSなどで宣伝に協力することで、エアドロップを受け取れるケースもあります。

また、スナップショットが実施される指定期間に、該当の仮想通貨(暗号資産)を保有していると、後日報酬を受け取ることも可能です。

エアドロップに参加すると無料で仮想通貨を獲得できるんですね!

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

ポイントサイトを利用する

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)では、ポイントサイトの利用で儲かる方法もあります。

この方法では、ポイントサイトに登録し、簡単な作業や買い物をすることで報酬としてコインがもらえる仕組みです。

例えば、モッピーというポイントサイトでは、クレジットカードの新規発行やサイト内のゲームやアンケート回答などでポイントを受け取ることが可能です。

この貯めたポイントを、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの仮想通貨と交換できます。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ可能性を上げるためのポイント

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ可能性を上げるためのポイントとして、以下があります。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ可能性を上げるためのポイント

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ可能性を上げるためのポイントをおさえることにより、ご自身が納得した形で取引を始めやすくなります。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

余剰資金で購入する

余剰資金で購入することは、稼ぐために大切なポイントです。

ここで注意すべき点は、余剰資金で購入すれば、稼ぐ可能性が上がるというわけではありません。

一方で、仮に生活に余裕がない状態で取引を始めてしまった場合、冷静な判断がしにくくなることが考えられます。

こうなると、闇雲に取引を続けてしまい、損切りなどができず損失を広げてしまうような事態も起こりうるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)取引は、毎日価格が変化するため、価格が上がることもあれば、下がることもあります。

仮想通貨取引で一喜一憂しないためにも、生活に影響が出ない範囲で取引を進めることは大切です。

精神的にも金銭的にも余裕を持った取引を行うことが重要です。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

最新情報を確認する

最新情報を確認することによって、稼ぐ可能性を上げられる場合もあります。

確認すべき最新情報とは、具体的には以下のようなものです。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

新規上場

新規上場の最新情報を確認することは、稼ぐ可能性を上げるためのポイントの1つです。

上場とは、新しい仮想通貨(暗号資産)が国内外の取引所で取引できるようになることを指します。

新規上場した際に、その通貨の認知度の拡大や将来への期待によって、価格が上昇する傾向があります。

新規に上場する通貨の情報は、各取引所のニュースなどで取得することも可能です。

上場の情報は早めに押さえておきたいですね!

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

新たな製品・サービスとの連携

新たな製品・サービスとの連携などの最新情報を確認することも取得しておきたい情報の1つです。

仮想通貨のブロックチェーン機能により、新しい製品やサービスとの連携が始まることもあります。

また、大手企業との提携などでも、該当の通貨の将来に対する期待が高まり、価値が上がる可能性もあるでしょう。

値動き

値動きも、情報の取得の際にはチェックしておきたいポイントです。

仮想通貨によっては、過去の価格変動を分析することによって、通貨ごとに特徴があるケースもあります。チャートベースでの分析をすることで、取引を始めて間もない方でも、値動きの予想をすることも可能です。

ただし、値動きのパターンはいくつもあり、すべてを覚えるのには時間や労力が必要になる点にご注意ください。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

比較的安全な国内の取引所を分けて利用する

比較的安全な国内の取引所を分けて利用することでも、ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ可能性を上げられる場合もあります。

仮想通貨取引所の中には、ハッキング被害などにより預けている資産がなくなってしまう可能性も考えられます。

一方で、金融庁などが安全であると判断した取引所を利用すると比較的安全に利用できる可能性があります。

例えば、Coincheck(コインチェック)は、2019年1月に金融庁から「仮想通貨交換業者」として登録されています。

また、万が一のためにも特定の取引所だけではなく、仮想通貨を分散して複数の取引所で購入することでもリスクをヘッジすることも可能です。

比較的安全な国内の取引所を分散して仮想通貨取引を始める方法もあります。

また、仮想通貨の買い方や始め方について詳しく知りたい方は「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」、「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

詐欺に注意する

詐欺に注意することも、稼ぐ可能性を上げるのに重要なポイントです。

仮想通貨業界では、誇大表現により詐欺を企んでいるケースも考えられます。例えば、「この仮想通貨は必ず値上がりします」などの断定的な意見は信用してはいけません。

「絶対に儲かる」や「失敗しない」といった勧誘が行われた場合には、疑う必要があります。

新規に上場する仮想通貨のニュースなどがあった場合にも、上場する取引所は金融庁に認可済の信頼できる取引所かなども確認すると良いでしょう。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)で儲けたい人は取引所で口座開設をしよう

Coincheck DMM Bitcoin
取引所の特徴 取り扱い通貨数が国内最多クラス 多くの通貨でレバレッジ取引ができる
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・取引所:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 17種類 14種類
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC) 無料
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印

Coincheck

取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料制(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 取り扱い通貨数が国内最多クラス
  • 初心者でも使いやすい
  • 東証一部上場企業マネックスグループが親会社のため、安心できる

国内最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、取り扱い通貨数が国内最多クラスというメリットがあります。

全17種類もの仮想通貨を取り扱っているため、多くの銘柄に分散投資をして稼ぐことを狙いたい方におすすめです。(※2022年3月時点)

またこの取引所には、初心者でも使いやすいというメリットもあります。

Coincheckのサイトやアプリは使いやすいことが特徴なため、初心者でも比較的簡単に取引を始められます。

多くの種類の中から稼ぐ銘柄を決めたい方にもおすすめです。

国内最多級の取り扱い通貨数!

DMM Bitcoin

取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料(BTC) ・取引所:BitMatch手数料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.0001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • 多くの銘柄でレバレッジ取引ができる
  • アプリの機能性が優れている
  • 365日サポート対応がある・セキュリティ体制が充実

多くのアルトコインのレバレッジ取引に対応!

DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、多くの銘柄でレバレッジ取引ができるというメリットがあります。

ビットコインはもちろんイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など全14種類でレバレッジ取引ができるため、レバレッジをかけて稼いでみたい方も始めやすいでしょう。

また、この取引所には、アプリの機能性が優れているというメリットもあります。

初心者の方から上級者の方にも対応するために取引スタイルによって2つのモードが用意されているため、チャートを見ながら本格的な取引も可能です。

ビットコイン・アルトコインのレバレッジ取引で稼ぎを狙いたい方におすすめです。

多くのアルトコインのレバレッジ取引に対応!

また、DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)取引で儲けたい人のよくある質問

儲からないと感じたらどうする?

儲からないと感じた場合、損切りも選択肢になります。

損切りとは、購入した時よりも価格が下がってしまった場合に、見切りをつけて(損をすることを許容して)売却することです。

ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)の取引は、全ての人が利益を出しているわけではありません。価格は日々変化するため、利益が出る場合もあれば、損をする場合もあります。

損切りをせずに無理に取引を続けると、損失を拡大させてしまう可能性もあります。

実際に仮想通貨取引を始められる取引所を見てみる

「仮想通貨はやめとけ」という意見はどう?

「仮想通貨取引はやめとけ」という意見もあるでしょう。

一方で仮想通貨取引は、記事で紹介した注意点などを守ることで稼げる場合もあります。

そのため、仮想通貨取引を始めるかは本人次第です。また、実際に取引を始める場合、初心者の方は仮想通貨取引での注意点やデメリットについてよく理解することが重要です。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
趣味で取得した資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。
保有資格:しかくのいろは応用情報技術者・情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級 など

保有資格

監修者の身元

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。