2024年6月11日

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)の買い方・購入できる取引所!今後の価格・将来性・マイニング半減期について解説

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
ライトコインはどんな特徴の仮想通貨?
ライトコインの半減期はいつ?

ライトコイン(LTC)を含めた仮想通貨の買い方仮想通貨の始め方に関して、上記のような疑問や関心を持っている方は多いでしょう。

この記事では、ライトコイン(LTC)の特徴購入できる取引所、将来性を踏まえてライトコイン(LTC)が仮想通貨のおすすめ銘柄なのかどうかなどを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨ライトコイン(LTC)はGoogleの元エンジニアが開発した仮想通貨
  • 発行上限枚数がビットコイン(BTC)の約4倍
  • スケーラビリティ問題に対応しており、処理速度の高速化も実現
  • ライトコイン(LTC)が購入できる国内でおすすめの取引所Coincheck
  • Coincheckでは500円の少額からライトコインへの投資ができる

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

目次

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)とは?

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)とは

上記の画像は、仮想通貨の銘柄であるライトコイン(LTC)についてまとめたものです。

ライトコイン(LTC)は、2011年にチャーリー・リー氏(Googleの元エンジニア)がビットコイン(BTC)の技術を元にして開発した仮想通貨です。

ライトコインは、主要な決済手段として用いられることを目的に設計されているため、決済処理の速さと手数料の安さが特徴です。

実用性の高さからビジネスシーンでも注目を集めている仮想通貨です。

多くの仮想通貨取引所に上場しており、国内取引所での購入も可能です。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトコイン(LTC)の買い方・購入方法

ライトコインの購入手順

ライトコイン(LTC)の買い方・購入方法を解説します。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

ライトコイン(LTC)を買える取引所の口座開設をする

まずはじめにライトコイン(LTC)の購入が可能な仮想通貨取引所で、口座開設を行います。

ライトコイン(LTC)も取り扱っているDMMBitcoinの場合は、スマホで本人確認書類の写真を撮影するのみで、本人確認が可能です。

口座開設時間も最短1時間(※)とスピーディーに行えることから、素早くライトコイン(LTC)の購入を行いたい方におすすめと言えます。

口座開設を行う際は、運転免許証やマイナンバーカードなど、必要な書類を事前に用意しておくと良いでしょう。

購入資金を入金する

口座開設が完了したらライトコイン(LTC)を購入するための日本円の入金を行います。

日本円の場合は、振込入金とクイック入金のふたつの入金方法から選択が可能です。

DMMBitcoinでは、クイック入金を使うと、手数料無料かつ、口座に即時反映されるため、すぐにライトコイン(LTC)を購入したい方におすすめと言えます。

ライトコイン(LTC)の価格変動を確認する

次に以下のような画面でライトコイン(LTC)の価格分析を行います。

ライトコインのチャート確認画面
出典:DMM Bitcoin

DMMBitcoinでは上記の画面で最新の価格以外にも、ライトコイン(LTC)の概要やニュースをチェックすることが可能です。

さまざまな観点からライトコイン(LTC)の情報収集ができるため、購入を考えている場合は目を通しておくことをおすすめします。

ライトコイン(LTC)を購入する

ここまでの段階が完了したら、ライトコイン(LTC)の購入を行います。

購入する際は希望の価格を間違って入力しないよう、入念にチェックした上で購入すると良いでしょう。

DMMBitcoinでは以下の画像のように、シンプルな操作のみで購入が可能です。

ライトコインの購入画面
出典:DMM Bitcoin

購入した後は、ウォレットのライトコイン(LTC)の残高が増えているか確認し、正常に購入が行えたかチェックすることをおすすめします。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の価格を現役トレーダーが予想

現役トレーダーのコメント

haku

Hakuさん
22歳/仮想通貨トレーダー×NFTクリエイター
Xで1.3万フォロワーを獲得している

ライトコイン(LTC)の価格は、下落すると予想します。

ライトコイン(LTC)の価格予想の理由

ライトコイン(LTC)の価格は、ビットコイン(BTC)の影響を大きく受けるため、直近は下落傾向になると予測します。

2024年1月現在では、EFTが承認されたことに起因して事実売りが始まっています。

その点から、ビットコイン(BTC)の価格は一時的に下落すると考えています。

ライトコイン(LTC)の価格予想のチェックポイント

ライトコイン(LTC)は、多くの人々が支払い方法としてコミットして価格が上昇した場合、早期採用者に報酬をもたらす可能性があります。

この通貨は、2011年に開始されたビットコインの最初の代替物の一つです。

ビットコイン(BTC)と同様に、ライトコインも安全な支払い方法として考案されましたが、投資としての価値を感じるユーザーも一定数います。

ライトコインを買える取引所を見てみる

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)が購入できるおすすめの取引所

ここでは、ライトコイン(LTC)が購入できるおすすめの国内取引所として、以下を紹介していきます。

  • Coincheck
  • GMOコイン
  • BITPoint

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数 26種類(※2024年1月時点)
取引手数料(LTC) 販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.001(LTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 仮想通貨初心者でも直感的に操作できるシンプルなアプリ設計
  • 国内最多級の取り扱い銘柄数

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckは、アプリダウンロード数が国内No.1(※)というメリットがあります。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak、2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、コインチェック株式会社調べ

仮想通貨初心者でも直感的に操作できるシンプルなアプリ設計のため、初めての取引も迷うことなく進めることができるでしょう。

また、この事務所には取り扱い銘柄数が国内最多級というメリットもあります。

26種類(※)の仮想通貨を取り扱っており、SANDなどの珍しいアルトコインの取引も可能です。

(※2024年2月現在 公式サイトに記載)

そのため、Coincheckは、初めてライトコイン取引を行う仮想通貨初心者の方におすすめの取引所です。

アプリダウンロード数No.1!初心者におすすめ(※)

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月~2023年12月 データ協力:App Tweak

BITPoint

BITPOINT
取り扱い銘柄数 21種類(※2024年1月時点)
取引手数料(LTC) 現物取引:無料
送金手数料 無料
最低取引額 ・BITPOINT:0.00000001LTC
・BITPOINT PRO:0.01LTC

BITPointのメリット!

  • ライトコイン(LTC)のレンディング取引に対応している
  • ライトコイン (LTC)以外にマイナーなアルトコインの購入もできる

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

BITPointは、SBIファイナンシャルサポート株式会社が主要株主となっている、国内の仮想通貨取引所です。

BITPointでは、ライトコイン(LTC)の取引方法が豊富で、現物取引以外にも「レバレッジ取引」や「レンディング取引」などにも対応しています。

ライトコインをレンディングできる取引所は少ない傾向にあるため、ライトコインを長期間取引を行う予定がなくなった場合でも利益を出しやすいと言えます。

また、ライトコイン 以外にも「トンコイン(TON)」や「ツバサガバナンストークン(TSUGT)」のような他取引所にはないような、マイナーな通貨も取引が可能です。

1,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント中!

GMOコイン

GMOコイン
取り扱い銘柄数 26種類(※2024年1月時点)
取引手数料(LTC) -0.01%(Maker)・0.05%(Taker)
送金手数料 無料
最低取引額 0.005LTC

GMOコインのメリット!

  • 最短10分(※)で口座開設して、ライトコイン(LTC)を購入できる
  • ライトコイン(LTC)のレバレッジ取引にも対応している

(※2024年2月現在 公式サイトに記載)

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所で、有名人のCM起用も行っている知名度が高い取引所です。

口座開設を即時でできる点が特徴で、ライトコインを即日取引開始したい場合に利用しやすいです。

また、ライトコインをレバレッジ取引でも購入できます。ライトコインをまとめて購入して運用したいと考えているような方にも、おすすめの取引所です。

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)の特徴

仮想通貨(暗号資産)ライトコイン(LTC)の特徴を以下にまとめました。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

発行上限枚数がビットコイン(BTC)の約4倍

ライトコイン(LTC)は、発行上限枚数がビットコイン(BTC)の約4倍という特徴を持ちます。

ビットコインの発行上限枚数が2,100万枚に対して、ライトコインは8,400万枚に設定されています。

全世界で日常的な決済手段として用いられることを目的に設計されているため、発行上限枚数が多く設定されています。

2024年1月時点では、上限発行枚数の約90%である74,094,188枚の通貨が既に発行されています。

ライトコインを買える取引所を見てみる

スケーラビリティ問題に対応

ライトコイン(LTC)は、スケーラビリティ問題に対応した仮想通貨として開発されました。

ビットコイン(BTC)は、取引量の増加から取引データの処理が追いつかず取引の遅延や手数料の高騰といったスケーラビリティ問題を抱えています。

ライトコインは、この問題を解決するためにSegwitシステムを導入しています。

Segwitは、ブロックに記録される取引データの一部を別の領域に記録し、取引データを圧縮することでブロックの使用容量を節約するシステムです。

ビットコインは、約10分毎にブロックを生成して取引データを書き込むため、取引量が増えた場合に書き込みが追いつかず取引の遅延が発生していました。

ライトコインはSegwitの導入でブロックに書き込む取引データを圧縮したことでスムーズな取引と安価な手数料を実現しています。

現在はビットコインもスケーラビリティ問題の解消のためにSegwitを導入しています。

処理速度の高速化を実現

ライトコイン(LTC)は処理速度の高速化を実現した仮想通貨です。

前述したように、ビットコイン(BTC)は約10分毎にブロックを生成して取引の承認を行っています。

一方、ライトコインは日常的な決済手段として利用されることを想定して開発されたため、取引の承認にかかる時間も大幅に短縮されています。

ライトコインはブロックの生成時間が約2分半毎に短縮されているため、ビットコインと比較すると約4倍の速度で取引の承認が行えます。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトニングネットワークの利用

ライトコイン(LTC)の特徴としてライトニングネットワークの利用も挙げられます。

ライトニングネットワークとは、取引をオフチェーンで実行し、取引データの一部をブロックチェーンに記録する仕組みです。

ライトコインは、ライトニングネットワークを利用することで、安価な取引手数料と取引の高速化を実現しています。

ライトニングネットワークは、ブロックチェーン以外に取引処理を分散させることで、取引の承認にかかる負荷を削減し、結果として高速化と手数料の低コスト化につながりました。

ライトコインはライトニングネットワークの導入で1円以下の少額取引の実現を目指しています。

開発進捗に注目することでライトコインの価格動向を予想するヒントになるかもしれません。

ライトコイン(LTC)の現在までの価格推移をチャートで紹介!


ライトコイン(LTC)は、2021年5月に4万円を超える高値をつけてからは、仮想通貨全体の下落の影響を受け、2024年1月時点では10,300円程度に落ち着いています。

今後、ライトコインが決済・送金手段として浸透することによって値上がりする可能性があると言えるでしょう。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトコイン(LTC)のマイニング半減期はいつ?概要を解説!

ライトコイン(LTC)のマイニング半減期は、2023年の8月ごろに迎えました。

マイニングとは、ブロックの生成時に必要な複雑な計算処理に自らのリソースを提供して協力することで成功報酬として仮想通貨が得られる仕組みのことを指します。

そして、マイニング半減期とは、マイニングで得られる報酬が半減される時期のことです。

ライトコインは、ビットコイン(BTC)と同様に4年毎にマイニング半減期を迎えています。

そのため、前回のマイニング半減期が2019年8月であったことから、4年後の2023年の8月に実施されています。

マイニング半減期は、仮想通貨の供給量を減らし、インフレを抑制する目的で実施されます。

なぜならマイニングの報酬が半減することで、マイニングを行うマイナー数が減り、結果として市場に出回る通貨数が減少するからです。

マイニング半減期を迎えた仮想通貨は、供給量が減るため希少性が高まり価格が高騰する傾向にあります。実際ライトコイン(LTC)も半減期直後は価格が上昇しました。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトコイン(LTC)の今後の見通し・将来性を予想するポイント

ライトコイン(LTC)の今後の見通し・将来性を予想するポイントを以下にまとめました。

上記のポイントを押さえることで、価格動向が予想しやすくなるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

決済・送金サービスとしての浸透

ライトコイン(LTC)の将来性を予想するポイントとして、決済・送金サービスとしての浸透が挙げられます。

前述したように、ライトコインは世界中で決済手段として利用されることを想定して開発されています。

実際にいくつかの企業と提携しており、決済・送金サービスとして利用されています。

例えば、世界中で決済ツールとして利用されているPaypal(ペイパル)や送金サービスを提供するMoneyGram(マネーグラム)がライトコイン決済を導入しています。

アメリカやイギリスなどを中心に仮想通貨の取引が行える専用ATMの設置が進んでいます。
そのなかでも取引通貨としてライトコインが注目を集めています。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ビットコイン(BTC)からの影響

ライトコイン(LTC)の将来性を予想するポイントとして、ビットコイン(BTC)からの影響が挙げられます。

ライトコインの価格動向は、ビットコインの値動きに影響を受けていると言えます。

ライトコインに限った話ではなく、仮想通貨のなかで主要通貨であるビットコインが高騰傾向にあれば仮想通貨全体の取引も活発化し値動きが多くなると考えられます

ビットコインはライトコインと同様に4年毎にマイニング半減期を迎えており、次回の半減期は2027年ごろだと考えられています。

また、ビットコインの値動きはスケーラビリティ問題への対応状況の影響も受けると考えられます。

そのため、ライトコインの将来性は、ビットコインのアップデート進捗や今後のマイニング半減期のタイミングで重要な局面を迎える可能性があると言えるでしょう。

Mimble Wimble(ミンブルウィンブル)の評価

ライトコイン(LTC)の将来性を予想するポイントとして、Mimble Wimble(ミンブルウィンブル)の評価が挙げられます。

Mimble Wimbleは、ハリーポッターで登場する呪文にちなんで名付けられたシステムで、取引の匿名性を高め、より高速な処理が実現できるプロトコルです。

ライトコインがより決済手段として機能するように2022年2月にMimble Wimbleは導入されました。

これまで仮想通貨の取引履歴はブロックチェーンに記録されており、誰もが閲覧でき改ざんが難しいという透明性を持っている反面、匿名性は保たれていませんでした。

そのため、ライトコインはMimble Wimbleの導入によってユーザーのプライバシーが守られる仕組みを作り、決済通貨として浸透することを狙っています。

しかし、Mimble Wimbleの導入を発表したことにより、プライバシーが強化されたとしてライトコインの上場を廃止する取引所が出てきている現状もあります。

まだ導入されて間もないため、今後の取引所やユーザーのMimble Wimbleに対する評価がライトコインの今後を左右するポイントとなるかもしれません。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトコイン(LTC)は10万まで上がらない?10年後は?AIによる価格予想を紹介!

AIによるライトコイン(LTC)の価格予想を以下にまとめました。

サイト名 DigitalCoinPrice Coin Price forecas Wallet Investor
2023年 160.92ドル 76.35ドル 78.310ドル
2024年 219.62ドル 88.21ドル 70.357ドル
2025年 285.62ドル 98.51ドル 67.106ドル
2026年 285.62ドル 120.55ドル 62.990ドル
2027年 342.33ドル 142.15ドル 59.045ドル

出典:DigitalCoinPriceCoin Price forecasWallet Investor

2024年1月執筆時点のライトコインの価格は71.29ドルであるため、3社は全て2025年時点まで価格は上昇すると予想しています。

2028年の予想を見ると、DigitalCoinPriceは342.33ドル(約45,000円)、Coin Price forecasは142.15ドル(約18,700円)と、価格は大幅に上昇していくと予想しています。

一方でWallet Investorは、59.045ドル(約7,700円)と2026年以降ゆるやかに下落すると予想しています。

ライトコインは、ビットコインの価格動向の影響も受けると考えられるため、ビットコインの価格動向も追っておくと良いでしょう。

ライトコインを買える取引所を見てみる

ライトコイン(LTC)についてよくある質問

ライトコインはいくらまで上がる?

仮想通貨分析サイトのDigitalCoinPriceによると、ライトコイン(LTC)は2028年に342.33ドル(約45,000円)まで上がると予想されています。

一方で、ライトコインの価格は下落していくと予想しているAIもあります。

ライトコインの値動きは、ビットコインや仮想通貨全体の影響を受けると考えられるため、仮想通貨ニュースなどをこまめに確認すると良いでしょう。

ライトコインのデメリットは?

ライトコインのデメリットとして以下のことが考えられます。

ライトコインのデメリット

  • ビットコイン(BTC)の値動きに左右されやすい
  • 決済手段として浸透できていない

ライトコインは、ビットコインの技術を基盤として開発された仮想通貨です。

そのため、ビットコインを補うコインとしてのポジションから抜け出せておらず、他のコインよりもビットコインの値動きに左右されやすいと言えるでしょう。

また、決済手段として広く利用されることを想定して設計されていますが、まだ一部の企業にしか導入されておらず決済通貨としては浸透できていない現状です。

一方で、PayPal(ペイパル)などの大手企業がライトコインを導入しており、手数料の安さや処理速度の速さなど、実用性が高いことから、今後導入する企業が増えると予想されます。

ライトコインを買える取引所を見てみる

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)