2022年7月7日

ビットコイン ・仮想通貨取引所の口座開設方法を解説!

仮想通貨 口座開設
仮想通貨投資をしたいけど口座開設の方法がわからない
仮想通貨取引所の口座開設方法を知りたい!

仮想通貨取引所の口座開設に関する悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、口座開設の流れやスムーズに行うポイントを紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨の口座開設はスマホで簡単に完結できる
  • 口座を開設する際は、本人確認が必要
  • 本人確認書類は運転免許証やパスポートなど数種類から選べる
  • また仮想通貨取引所の口座開設には、年齢などのいくつかの条件がある
  • 口座開設が比較的スムーズな取引所は、Coincheck
  • Coincheckでは、スマホから簡単に仮想通貨口座を開設することができる

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

この記事を最後まで読むことで、口座開設の手順がわかります。

また上記以外にもおすすめの取引所について詳しく知りたい方は、「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ15選|日本の取引所を比較」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所の口座開設方法

仮想通貨取引所の口座開設の際は、一般的に登録情報の入力や本人確認などがあります。

口座開設は大きく分けて以下の6つのステップに分けられます。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

手順①口座開設の年齢制限などを確認する

まず、利用したい仮想通貨取引所の年齢制限など、開設条件を自身が満たしているかを確認することが必要です。

口座開設条件には、以下のようなものが例としてあります。

  • 日本国内に居住している
  • 18歳以上かつ74歳以下である
  • 自身のメールアドレス、電話番号を持っている
  • 自身で判断し、責任を持って取引ができる

上記から分かる通り、国内に居住し、成人している方は条件を満たしている可能性は高いと言えるでしょう。

口座開設が比較的スムーズな取引所を見てみる

手順②必要な本人確認書類を準備する

口座開設条件を確認したら、本人確認に必要な書類を用意する必要があります。

本人確認書類に使用できる書類の例を以下にまとめたので、参考にしてください。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード

運転免許証を持っていない方や、個人番号カードを発行していない方でも住民基本台帳カードであれば日本に居住している方は誰でも取得が可能です。

以下の画像はコインチェックの場合に適用できる本人確認書類です。

コインチェック口座開設①

参照:https://coincheck.com/ja/

上記からもわかる通り、必要書類の準備は普段携帯しているもので十分なため、口座開設をする際はあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

本人確認書類は数種類あるんですね。

口座開設が比較的スムーズな取引所を見てみる

手順③メールアドレスを登録し、必要な情報を入力する

次に、登録したい仮想通貨取引所の公式サイトで開設の申込みをします。

ビットフライヤー口座開設手順1

参照:https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100nrf100m78r

上記はbitFlyerの例になります。画像の赤枠にメールアドレスを入力することで、手順を進められます。

メールアドレスを登録すると、本登録用URLが送られてくるので、クリックして手続きを進めましょう。

URLの遷移先で氏名や連絡先など必要事項の入力を済ませたら次に進みます。

入力項目に不備がないように注意しましょう!

手順④本人確認を完了させる

仮想通貨取引所の口座開設では、必要事項の入力の他に、本人確認も必要です。

スマホで本人確認書類とご自身の顔の写真を撮影することで本人確認を済ませる方法や、郵送で本人確認を済ませる方法などがあります。

スマホで完結できる手続きは簡単かつスピーディに済ませることができる傾向があります。

GMOコイン_かんたん本人確認

参照:https://coin.z.com/jp/

例えば、GMOコインの場合「かんたん本人確認」を利用することで、最短10分(※)でビットコインを購入できます。(※公式サイトに記載)

手順⑤セキュリティ対策を設定する

続いて、二段階認証を設定してセキュリティを強固にします。

二段階認証とは、メールアドレスやID、パスワードに加えて電話番号などを用いて認証コードを入力することでセキュリティ強度を上げる仕組みのことです。

二段階認証を設定することで、セキュリティレベルを上げ、不正に情報を抜き取られるなどの脆弱性を減らすための対策です。

口座開設が比較的スムーズな取引所を見てみる

手順⑥口座開設コードを入力する

必要情報の入力や本人確認など口座開設の手続きが完了すると、仮想通貨取引所で審査が行われます。

審査に通過すると取引所側から口座開設コードが送られてきます。

最後に、送られてきたコードを入力すると口座開設が完了です。

また、仮想通貨の始め方・買い方をさらに詳しく知りたい方は、「ビットコイン・仮想通貨の始め方|初心者向けにやさしいやり方を解説!」や「ビットコイン、仮想通貨の買い方・購入方法を解説!」も参考にしてください。

口座開設が比較的スムーズな取引所3選

Coincheck

コインチェック
取り扱い銘柄数 17種類
口座開設のポイント かんたん本人確認で手続きがスムーズに済む
取引手数料(BTC) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 変動手数料性(BTC)
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)

Coincheckのメリット!

  • 「かんたん本人確認」で本人確認がスムーズに進む
  • セキュリティ対策が強固である
  • 取引所形式での取引テス料が無料である

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

Conicheckは、Coincheck株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckには、「かんたん本人確認」で本人確認がスムーズに進むというメリットがあります。

かんたん本人確認を利用することで、郵送による本人確認より早く本人確認手続きを済ませることが可能です。

そのため、少しでも早く口座開設を進めたい方にはおすすめの取引所となっています。

また、Coincheckには、セキュリティ対策が強固であるというメリットもあります。

SSL暗号化通信やコールドウォレットなど多くのセキュリティ対策を講じているため、セキュリティ体制の整った環境で取引したい方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

Coincheckは本人確認手続きをスムーズに行いたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

Coincheckではスマホで簡単に登録することができます!

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

また、コインチェックについて詳しく知りたい方は、「コインチェックの評判はどう?口コミ、評価やメリット・デメリットを紹介!」も参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 20種類
口座開設のポイント スマホでの登録で最短1時間で取引が始められる
取引手数料(BTC) ・取引所:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 無料(BTC)
最低取引額 販売所:0.0001BTC

DMM Bitcoinのメリット!

  • スマホで登録することで最短1時間で取引を始められる
  • 取引可能通貨が20種類と豊富である
  • レバレッジ取引が可能である

口座開設で全員が2,000円もらえる!

DMM Bitcoinは、株式会社DM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinには、スマホで登録することで最短1時間で取引を始められるというメリットがあります。

そのため、すぐにでも仮想通貨取引を始めたいという方には嬉しいポイントとなっています。

また、DMM Bitcoinには取引可能通貨が20種類と豊富であるというメリットもあります。

そのため、新たに投資した通貨が出てきた場合でもDMM Bitcoinでは取り扱っていないという可能性が低いと言えるでしょう。

DMM Bitcoinはすぐに取引を始められる、多くの通貨を取り扱う取引所を利用したい方におすすめです。

口座開設で全員が2,000円もらえる!

また、DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は、「DMMビットコインの評判は?取り扱い通貨や安全性、メリットも解説!」や「DMMビットコインの手数料は高い?出金・出庫・送金などの手数料を解説!」も参考にしてください。

bitFlyer

bitflyer
取り扱い銘柄数 15種類
口座開設のポイント クイック本人確認でスマホ上で本人確認が完結する
取引手数料(BTC) ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
送金手数料(仮想通貨) 0.0004BTC
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC

bitFlyerのメリット!

  • 「クイック本人確認」で本人確認をスマホ上で完結できる
  • レバレッジ取引ができる
  • 指定の銀行口座利用で入金手数料が無料になる

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyerには、「クイック本人確認」で本人確認をスマホ上で完結できるというメリットがあります。

スマホのみで口座開設を完結できるため、手軽に仮想通貨取引を始めたいという方にはおすすめの取引所です。

また、bitFlyerには、レバレッジ取引ができるというメリットもあります。

レバレッジ取引では自身の元手以上の掛け金で取引ができるため、大きな利益を狙いたいという方には嬉しいポイントとなっています。

ただし、失敗すると大きな負債を負ってしまう可能性があるため、レバレッジ取引は慎重に行うと良いでしょう。

bitFlyerはスマホ上で口座開設を完結させることができる取引所を利用したい方におすすめです。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

またbitFlyerについて詳しく知りたい方は「bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミは?メリット・デメリットも紹介!」や「ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設手順|新規登録方法や申し込み時の本人確認書類も解説」を参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所で口座開設をする際の注意点

仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所で口座開設をする際の注意点には、以下があります。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所で口座開設をする際の注意点

上記のポイントを知ることで、スムーズに口座開設を進めることが可能です。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

口座開設に必要な物は揃っているか

仮想通貨取引所で口座開設する際の注意点には、口座開設に必要な物は揃っているかということがあります。

仮想通貨取引所の口座開設には、登録用のメールアドレスや本人確認書類が必要です。

運転免許証など、取得に条件がある書類を持っていない方は住民基本台帳カードも利用できる場合もあります。

口座開設が比較的スムーズな取引所を見てみる

各種制限は問題ないか

仮想通貨取引所で口座開設する際の注意点には、各種制限は問題ないかということがあります。

仮想通貨取引所では、口座開設に開設条件があります。

年齢や居住地、自身の連絡先を持っているかなど条件はさまざまです。

・居住国が日本
・20歳以上74歳以下

基本的に国内に居住している成人であれば条件を満たせる可能性は高いでしょう。

しかし、満たせていない可能性もあるので事前の確認を忘れないようにしましょう。

条件を満たさないと開設できないので、しっかりと確認しておきましょう。

本人確認の方法はスムーズか

仮想通貨取引所で口座開設する際の注意点には、本人確認の方法はスムーズかということもあります。

仮想通貨取引所の本人確認方法は、取引所によっては数種類の方法を選ぶ事が可能です。

Coincheckでは、本人の顔写真と本人確認書類の撮影で完了する「かんたん本人確認」と本人確認書類を2枚アップロードする本人確認方法があります。

かんたん本人確認の場合、郵送での本人確認よりも早く口座開設を済ませることができるでしょう。

口座開設&入金で、1,500円相当のビットコインがもらえる!

なお、本記事で紹介した取引所のお得なキャンペーン情報を知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所のキャンペーンを一覧で紹介!」も参考にしてください。

この記事の監修者

佐野 孝矩

佐野 孝矩

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

一部上場企業およびそのグループ会社にて経理および社内SEの経験あり。
情報処理安全確保支援士日商簿記2級FP2級応用情報技術者
などの資格の知識をもとに、本業の傍ら資産運用をしたり、セキュリティのコンサルティングをしたりしています。
仮想通貨・プログラミング・教育などに関する記事の執筆・監修実績多数。
資格を学習できるサイト、「しかくのいろは」を運営中。

保有資格

応用情報技術者,情報処理安全確保支援士,日商簿記2級,FP2級

監修者の身元

https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/

専門ジャンル

仮想通貨,プログラミング,資産運用

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。