2024年5月12日

Genopets(ジェノペッツ)とは?始め方や稼ぎ方、プレイに必要な仮想通貨が購入できる取引所を解説!

本ページは広告が含まれており、本サイトは広告収入により運営がされています。なお、報酬の多寡により、ランキングや評価に影響を及ぼすことはありません。
Genopets(ジェノペッツ)はどんな特徴のNFTプロジェクト?
Genopetsの始め方や稼ぎ方が知りたい!

Genopets(ジェノペッツ)に関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、Genopets(ジェノペッツ)の特徴や始め方、将来性を詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • Genopets(ジェノペッツ)は、Move to EarnとPlay to Earnの特徴を併せ持つNFTゲーム
  • 3種類のNFTアイテムを使用してプレイ
  • 初期費用が無料でプレイ可能
  • Genopets(ジェノペッツ)のプレイを始めるには、仮想通貨の「ソラナ(SOL)」が必要
  • ソラナ(SOL)の取引におすすめの仮想通貨取引所GMOコイン
  • GMOコインでは、ソラナの購入に必要な口座を最短10分(※)で開設できる
  • アプリのUIが良く、仮想通貨初心者の方でも取引をしやすい

(※執筆時点 公式サイトに記載)

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

※公式サイトに記載

この記事を最後まで読むことで、Genopets(ジェノペッツ)の将来性や始め方、稼ぎ方がわかります!
CryptoGames株式会社がクリプトコラムの製作・運営元となっています。クリプトコラム各記事では、金融庁暗号資産交換業者として登録された業者を紹介しています。
各取引所・販売所の掲載順位を、収益・広告費の大小から決定することはありません。記事作成・広告掲載の方針に関してはコンテンツ制作ポリシー広告掲載ポリシーを参照ください。

Genopets(ジェノペッツ)とは?基本情報を紹介!

名称 Genopets(ジェノペッツ)
ジャンル Move to Earn × Play tp Earn
日本語対応 ✖️
リリースされた日 2023年(予定)
対応可能なデバイス ・ iPhone
・ Android

Genopets(ジェノペッツ)は、Move to EarnとPlay to Earnの特徴を併せ持つNFTゲームです。

ジェノペットというゲーム内のNFTキャラクターを歩く・走るなどの移動によって育成し、バトルやNFT売買で仮想通貨が得られます。

公式サイトで公開されているロードマップによると2023年の正式リリースを予定していましたが、2024年1月時点でまだ正式にリリースはされていないようです。

Genopetsは、初期費用が無料でプレイできるため、正式リリースされた際にはNFTゲーム初心者でも気軽に始めることができるでしょう。

Genopets(ジェノペッツ)で稼ぐ手順

  1. 歩いてGenopet(ジェノペット)を育成する
  2. NFTアイテムHabitat(ハビタット)を保有して移動する
  3. NFTアイテムを売買する
  4. ステーキングする
  5. バトルに勝利する
  6. スカラーシップ制度に参加する

Genopets(ジェノペッツ)の5つの特徴

Genopets(ジェノペッツ)の5つの特徴を以下にまとめました。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

Move to EarnとPlay to Earnの特徴を併せ持つNFTゲーム

Genopets(ジェノペッツ)は、Move to EarnとPlay to Earnの特徴を併せ持つNFTゲームです。

Move to Earnとは、歩く・走るなどの移動によって仮想通貨が得られる仕組みです。

一方、Play to Earnは、ブロックチェーン上に開発されたゲームをプレイすることで仮想通貨が得られる仕組みです。

Genopetsは、歩くことでNFTキャラクターのジェノペットの経験値が溜まり、ジェノペットのバトルに勝利することで仮想通貨を獲得することができます。

また特定のNFTアイテムを保持した状態で歩くことで仮想通貨が得られるため、Move to Earnの要素も持っていると言えるでしょう。

保有しているジェノペットは、NFTマーケットプレイスで売買することが可能です。

「GENE」と「KI」の2種類のトークンを発行

Genopets(ジェノペッツ)は、「GENE」と「KI」の2種類のトークンを発行しています。

それぞれの通貨の特徴を以下にまとめました。

GENE ・ガバナンストークン
・ステーキングが可能
・取引所で購入が可能
KI ・ゲーム内トークン
・換金不可
・ジェノペットの育成に使用
・GENEへの交換が可能
・NFTアイテムHabitを保持して歩くことで獲得
・NFTアイテムの作成に使用

GENEトークンは、いくつかの海外取引所に上場しています。

ガバナンストークンであるため、保有することでGenopetsの運営に関する投票権を持つことができます。

一方、KIトークンはゲーム内通貨のため、上場しておらず換金することはできません。

ただし、KIトークンをGENEトークンに交換することが可能なため、GENEトークンから現金交換することは可能です。

複数種類のNFT要素を使用

Genopets(ジェノペッツ)は、3種類のNFT要素を使用してプレイします。

NFT要素について以下の表にまとめました。

Genopet
(ジェノペット)
・Genopets内で使用するキャラクター
・スタート時に1体無料配布される
・育成によってレベルアップが可能で4段階に進化する
・他ユーザとのバトルが可能
・NFTマーケットプレイスで売買可能
Habitat
(ハビタット)
・ジェノペットを保管する土地
・クリスタルとKIトークンで作成が可能
・保有したまま歩くことでKIトークンを獲得
・クリスタルの作成が可能
・他ユーザーへのレンタルが可能
・NFTマーケットプレイスでの売買が可能
Crystal
(クリスタル)
・モンスターの育成に使用
・ハビタットを使用して作成が可能
・他ユーザーへのレンタルが可能
・NFTマーケットプレイスでの売買が可能

Genopetsで使用する3種類のNFTアイテムはすべてNFTマーケットプレイスで売買することが可能です。

ゲーム開始時に無料で一体のジュノペットが配布されますが、ハビタットやクリスタルは購入するかレンタルして用意する必要があります。

ジェノペットを効率よく育成するためには、ハビタットとクリスタルがあると良いでしょう。

ハビタットとクリスタルはレンタルが可能なため、初期投資はかかりますが長期的な目で見れば利益が出る可能性もあるでしょう。

初期費用が無料でプレイ可能

Genopets(ジェノペッツ)は初期費用が無料でプレイができるNFTゲームです。

Genopetsは、スタート時に無料でゲーム内モンスターのジェノペットが配布されるため、初期費用なしでプレイすることができます。

ジェノペットは、歩く・走るなどの移動によって育成することができ、他ユーザーとバトルすることも可能です。

バトルに勝利すれば仮想通貨を獲得することができます。

ただし、現在はNFTアイテム「Genesis Genopets」を保有しているユーザーのみが対象となっています。

「Genesis Genopets」はNFTマーケットプレイスで購入する必要があります。

公式リリースされていない現在は初期費用は無料でないと言えます。

Solanaブロックチェーン上に開発

Genopets(ジェノペッツ)は、Solanaブロックチェーン上に開発されています。

Solanaブロックチェーンは、取引承認速度が早く、手数料が比較的安いことが特徴のブロックチェーンです。

Move to Earnを台頭しているSTEPN(ステップン)もSolanaブロックチェーン上に開発されています。

Genopetsは、Solanaブロックチェーン上を使用しているため、ジェノペットなどのアイテムを購入するためには仮想通貨SOL(ソラナ)を用意する必要があります。

SOL(ソラナ)は取り扱っている国内取引所が少なく、取引量も限られているため、比較的スムーズに購入するには海外取引所の口座開設が必要になるでしょう。

海外取引所は金融庁の認可を得ていないため、安全面の観点から当サイトでは利用を推奨しておりません。

Genopets(ジェノペッツ)の始め方・買い方を解説!

Genopets(ジェノペッツ)の始め方・買い方を解説します。

Genopets(ジェノペッツ)を始めるためには、仮想通貨SOL(ソラナ)を購入する必要があります。

しかし、SOL(ソラナ)は現在のところ主要な国内取引所での取り扱いが少ないため、海外取引所の口座開設をする方法があります。

海外取引所は金融庁の認可を得ていないため、当サイトでは推奨しておりません。

それでは、各手順について詳しく見ていきましょう。

手順1.国内取引所の口座開設をする

まずは、国内取引所の口座開設をしましょう。

国内取引所の口座開設には本人確認書類が必要です。以下のいずれかを準備するようにしましょう。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

口座開設が完了したら、口座に日本円を入金しましょう。

入金手数料は取引所や利用銀行によって異なるため、事前に確認してから口座開設する取引所を選ぶと良いでしょう。

手順2.取引用通貨を購入する

次に、取引用通貨を購入しましょう。

購入する通貨は任意のもので問題ありません。

ただし、SOL(ソル)を取り扱う海外取引所で利用できる仮想通貨を選ぶようにしてください。

送金手数料の安い仮想通貨や普段取引に使っている仮想通貨を利用すると良いでしょう。

迷う場合はビットコイン(BTC)を購入すると良いでしょう。

手順3.海外取引所の口座開設をする

次に、海外取引所の口座開設をします。

SOL(ソル)の取り扱いがある取引所であればどこでも問題ありません。

迷った場合は日本語に対応している取引所を選ぶと良いかもしれません。

ただし、海外取引所は金融庁の認可を得ていないため、安全性の観点から当サイトでは利用を推奨しません。

手順4.海外取引所に取引用通貨を送金する

次に、海外取引所に取引用通貨を送金します。

手順2で購入した仮想通貨を国内取引所から送金しましょう。

送金先の宛名アドレスは入力間違いがないように注意してください。

1文字でも入力間違いがあった場合には、正しく送金されず手元に届かない場合があります。

その場合は、自己責任となり多くの場合返ってきませんので、送金前によく確認が必要です。

アドレス入力時は、手入力ではなくコピー&ペーストで対応すると良いでしょう。

手順5.SOL(ソラナ)を購入する

次に、SOL(ソラナ)を購入します。

送金した取引用通貨をSOL(ソラナ)に交換します。

取引状況によっては交換に時間がかかる場合もあり、その間に価格が変動することもあるため注意しましょう。

手順6.Phantom wallet(ファントムウォレット)を登録する

次に、Phantom wallet(ファントムウォレット)を登録します。

Phantom walletは、仮想通貨の管理と取引が行える仮想通貨ウォレットです。

Solana(ソラナ)チェーンに対応した仮想通貨ウォレットであれば任意のものでも問題ありません。

Phantom walletは、日本語に対応しているため比較的使いやすいウォレットだと言えます。

ウォレット登録後に設定するリカバリーフレーズは、バックアップの際に必要になるため、忘れないようにメモしましょう。

手順7.Phantom walletにSOL(ソラナ)を送金する

次に、Phantom walletにSOL(ソラナ)を送金します。

Phantom walletの宛名アドレスはアカウント情報で確認できます。

アドレスをコピーし、開設した海外取引所口座からSOL(ソラナ)を送金しましょう。

手順8.Discord(ディスコード)アプリをダウンロードする

次に、Discord(ディスコード)アプリをダウンロードしましょう。

Genopets(ジェノペッツ)は公式Discordサーバーを立ち上げています。

Discordは、世界中で利用されているチャットツールです。LINEのように、メッセージの送信や通話が可能です。

Discordは、ひとつのサーバーにコミュニティを立ち上げる仕組みになっており、サーバーの招待リンクを経由してコミュニティに参加します。

コミュニティ内では複数のチャンネルと呼ばれるチャットルームを作成することが可能で、用途でルームを使い分けることができます。

上記のような実用性の高さから、ゲームコミュニティなどで広く利用されています。

手順9.公式サイトでβ(ベータ)版とPhantom wallet・Discordを接続する

次に、公式サイトでβ(ベータ)版とPhantom wallet・Discordを接続します。

まずは、Genopets(ジェノペッツ)の公式サイトでアカウントを作成しましょう。

アカウントのメール認証が完了したら、公式サイトとPhantom wallet(ファントムウォレット)を接続します。

次に、公式サイトからGenopetsの公式Discord(ディスコード)に参加しましょう。公式サイトに表示されるURLに接続することで参加可能です。

Discordへの参加まで完了するとβ(ベータ)版への参加手続きは完了します。

あとは、公式から送付される招待メールを待ちましょう。

手順10.NFTマーケットプレイスでGenopet(ジェノペット)を購入する

最後に、NFTマーケットプレイスでGenopet(ジェノペット)を購入します。

現在、Genopets(ジェノペッツ)β(ベータ)版は、NFTアイテム「Genesis Genopets」を保有しているユーザーのみがプレイできるようになっています。(2024年1月執筆時点)

そのため、NFTマーケットプレイスで「Genesis Genopets」を購入する必要があります。

NFTマーケットプレイスとPhantom wallet(ファントムウォレット)を接続することで、SOL(ソル)を用いて購入することが可能です。

Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方・遊び方

Genopets(ジェノペッツ)の稼ぎ方・遊び方を以下にまとめました。

上記の方法を知っておくことで、効率よく仮想通貨を得ることができるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

1.歩いてGenopet(ジェノペット)を育成する

Genopets(ジェノペッツ)は、歩いてGenopet(ジェノペット)を育成します。

初回プレイ時にGenopet(ジェノペット)と呼ばれるNFTキャラクターが無料で配布されます。

ジェノペットは成長させることが可能で、4段階の進化系統を持ちます。

ジェノペットは、歩く・走るなどの移動によって経験値が溜まり、経験値やアイテムの利用で育成することができます。

2.Habitat(ハビタット)を保有する

Genopets(ジェノペッツ)は、Habitat(ハビタット)を保有することで効率よく仮想通貨を得ることができます。

Habitat(ハビタット)は、Genopets内で使われるNFTアイテムで、ジェノペットを保管する土地のような機能を持ちます。

また、Habitatを保有した状態で歩くことで、KIトークンを獲得することができます。

KIトークンは、ゲーム内NFTアイテムの購入やジェノペットの育成に使用することができます。

KIトークンはGENEトークンに交換することで現金化することもできます。

3.NFTアイテムを売買する

Genopets(ジェノペッツ)は、NFTアイテムを売買することで仮想通貨を得ることができます。

Genopet(ジェノペット)やHabitat(ハビタット)などのGenopets内で使用するNFTアイテムは、NFTマーケットプレイスにて売買することが可能です。

育成して強化されたジェノペットは、その育成度合いが高ければ高いほどNFTアイテムとしての価値も上がり、高額で売買することができるでしょう。

4.ステーキングする

Genopets(ジェノペッツ)は、ステーキングによってGENEトークンを得ることが可能です。

ステーキングは、特定の仮想通貨を一定期間保有することで報酬として仮想通貨が得られる仕組みです。

GENEトークンを使う予定のない方は、ステーキングをしておけば報酬によってGENEトークンの量を増やすことが可能です。

ステーキング中はその仮想通貨は使用できず、期間中に対象の仮想通貨の価格が下落した場合には結果として損失が生まれる可能性があるため注意が必要です。

5.バトルを行う

Genopets(ジェノペッツ)は、バトルに勝利することで仮想通貨を得ることができます。

現在、正式リリースされておらず、β(ベータ)版ではバトル機能はまだ搭載されておりません。

そのため、どのようなバトル形式になるのか詳細は発表されていません。

所有しているGenopet(ジェノペット)同士を対戦させるバトルになると予想されています。

6.スカラーシップ制度に参加する

Genopets(ジェノペッツ)は、スカラーシップ制度に参加して仮想通貨を得ることが可能です。

Genopetsのスカラーシップ制度とは、Habitat(ハビタット)とCrystal(クリスタル)を貸借できる機能のことを指します。

貸し出し側は、レンタル費として仮想通貨を得ることができます。

また、借りたNFTアイテムを利用すれば効率よくKIトークンを獲得したり、Genopet(ジェノペット)を育成することが可能になるでしょう。

Genopets(ジェノペッツ)に関するよくある質問

いつから公式リリースされる?

Genopets(ジェノペッツ)の公式サイトで公開されているロードマップによると2023年の正式リリースを予定しています。

しかし2024年1月時点で、まだ正式なリリースはなされていません。

現在は公式が招待したユーザー限定でプレイできるゲームが配信されています。

今後は公式リリースに先駆けて参加ユーザー数を拡大したパブリック版がリリースされると予想されます。

開発進捗やリリース情報は公式サイトやSNSで確認できるため、随時チェックしておくと良いでしょう。

招待コードが来ない場合はどうすれば良い?

現在は、「Genesis Genopets」を保有しているユーザーのみが参加できる仕組みになっています。(2024年1月執筆時点)

そのため、初期費用をかけずにプレイしたい方は今後のパブリック版か正式版のリリースを待つ必要があるでしょう。

早く始めたいという方は、NFTマーケットプレイスで「Genesis Genopets」を購入すると良いでしょう。

ただし、どのような選考基準でユーザー承認が行われているか明らかにされていないため、NFTを保有していても承認に時間がかかる場合や承認されない恐れがあることを念頭に置いておきましょう。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)